漫画ネタバレ

きみは面倒な婚約者【ネタバレ2話】当て馬

『きみは面倒な婚約者』ヒロインは明るくて健気でまっすぐで。ヒーローハイスペックなイケメンと決まっているのです。そして一見邪魔者に見える婚約者・・・この物語の主人公は私じゃない!?

漫画に登場する悪役婚約者は私!?毎晩楽しみにしてる漫画を見て、

今自分に置かれてる状況が酷似してると思ってしまった紫乃は・・・?!

 

『きみは面倒な婚約者』2話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『きみは面倒な婚約者』2話 ネタバレ!

優衣が入社して2週間が経ち、紫乃と橘はお互い忙しくて

ゆっくり会うのは久しぶりでした。

マメにメールはしてくれていたものの、今日初めて優衣と2人で地方出張に

行ったと聞いた紫乃は心穏やかではありません。

父親の決めた事とはいえ、婚約して3年も経つのに夜10時にはカラらず

家に送られる自分と、たった2週間で一緒に一緒に旅行(出張)に行けちゃう優衣に

嫉妬します。今日も食事が終わって10時になったので家の前まで送られ、

「じゃあ紫乃さん おやすみなさい」

いつもならお休みのキスをしてくれるのに、今日はそのまま帰りそうになるので

「・・・橘さん キスしてください。」

はしたないと思いながら勇気を出してそう言うと、

「・・・珍しいですね紫乃さんからそういうーーー・・・」

と言って橘は婚約者のお願いを断れないであろうからキスをしてくれました。

「ご希望に添えましたか?もう少し口を開けて・・・」

と言って舌を入れてきました。

始めての”大人のキス”に、紫乃はこの3年で一番大きな進展だと思いましたが、

満たされるどころか不安は増々大きくなるばかりでした・・・

ーーーあの日から1週間、紫乃は「婚約者」を笠に着てキスを強要してしまったと

自己嫌悪でモヤモヤしていました。

橘と6月の大きな仕事が一緒に出来ると決まった時はものすごく嬉しかったはずなのに、

今は営業部に行くのに足取りが重く感じます。

営業部に着くと、デスク横並びに橘と優衣が仲良さそうに話しているのが聞こえました。

優衣が橘の肩に手を置いたり、楽しそうにするので

紫乃は「出直します」と言ってその場を去りました。

泣きそうになった紫乃は涙をこらえて会議室に逃げ込みました。

入ってすぐに大粒の涙が溢れ出て、こんなにも自分が嫉妬でぐちゃぐちゃに

なるなんて思わなかったと泣き崩れました。

ーーー紫乃が橘を好きになったのは、入社したばかりの頃

陰口から逃れるために逃げ込んだ資料室に

そこで仮眠していた橘に出会ったことがきっかけでした。

それから資料室に通うようになって、なんてことない会話をするのが幸せな時間でした。

父親の前で婚約者として引き合わされるまではよかったのに、

いざ婚約者として紹介された橘は、一瞬居心地の悪そうな顔をして

割り切ったようにきれいに笑って「よろしくお願いします」と言ったのでした。

その日を境に彼は非の打ちどころのない”婚約者”になりました。

婚約とほぼ同時に資料室は壁をぶち抜かれて、この会議室の一部になり、

2人でこっそり会う場所も理由もなくなりました。

もしもあの時婚約をしないで、あのまま2人の時間が続いていたら

今とは違う展開があったのだろうかと紫乃は未だに後悔していました。

紫乃が昔のことを思い出しながらボーっとしていると、

「相変わらずここが逃げ場所なんですね。」

と言って橘が現れたので、紫乃は驚いて顔を隠そうとしましたが時すでに遅し・・・

橘は紫乃の泣いてる顔を見て驚き、隣に座りました。

「っ 来ないでくださいっ。」

紫乃がそう言うと、お構いなしに橘はこう話し始めました。

「・・・ちょうどこの辺りですよね。資料室の閲覧スペース。

こっそり泣くことももう無くなったんだと思ってた。

今泣いてる理由は何・・・?

そう聞かれた紫乃は、こんな幼稚な事で泣いてるなんて知られたら

嫌われちゃうと思いながらも、自分より優衣と仲いいのか?と思わず聞いてしまいました。

「女の子のトレーナーになる事は先に話して欲しかったし、

花澤さんと2人で出張なんか行かないで欲しかった。」

これじゃああの漫画の婚約者と同じじゃない・・・誰か口を縫い止めて欲しいと

思いながらも不満が止まりません。

「他には?俺に思ってる事ないんですか?」

そう聞かれた志乃はキョトンとしながら橘の部屋に行った事がないし、

もっと気安く話して欲しいと言い、

「あなたのことが もっと知りた・・・」

まで言うと、その口はキスで塞がれました。

会社でしてしまった・・・・と橘は冗談を言いながら、

「・・・・そんなに不安にさせてますか?」

と聞いてきたので、

「だって橘さん 私の事抱かないじゃないですか!!」

と紫乃は本音駄々洩れで言ってしまいました。

慌てて「ごめんなさい 忘れて下さい!」と言ったものの、

「・・・分かりました。抱きます。」------

という言葉が返って来て、仕事が終わり気付けば橘の部屋に連れて行かれ

ベッドの上で踏み敷かれました。

「ほ ほんとうにするんですか?!」

紫乃がドキドキしていると、

「何を今さら。抱かれたかったんでしょう?

紫乃さんてほんと俺のこと好きなんですね・・・。」

と言われたので、「今更!?」と紫乃が返すと、

「ねぇ紫乃さん  俺たちもっと仲良くなれると思いませんか?

俺紫乃さんのこともっと知りたい。

だって部屋に紫乃さんがいるのって興奮する・・・。」

と言って愛撫してきて、挿れていいか?と聞いてきました。

「泣きそうな顔になってる。昼間も思ってたんですけど紫乃さん

泣くと結構ブサイクですね。

という台詞を言い捨ててナカに入ってきました。

「・・・ひどい」

紫乃が苦しそうな顔をしていると、わりと平気そうなので動きますねと

言って橘は腰をうずめます。

「今までずっといい子ぶった顔ばっか見てたからかな。

乱れてる顔結構クるなって思って。」

そう言われた志乃は、いつもの涼しい顔から想像できない感じている橘の顔を見て

興奮しました。

「イイです 紫乃さん・・・困ったことにすごくイイ・・・」

困ると言われた志乃は、自分が「ただの」婚約者だから困るんだろうと思いながら

橘と一緒に果てました。

ーーー記念すべき日なのに、紫乃はいつものルーティーンで漫画をベッドの中で読んでしまっていました。

悪者婚約者が今回も登場していて、これは未来の自分かもしれないから

他人事とは思えませんでした。

橘が自分の身体に欲情してくれる事は分かったし、

きっと好きになろうと努力してくれてるから今は大丈夫だけど、

人を好きになる気持ちは誰にもコントロールなんて出来ないから・・・

そう思いながら読み進めていると、

「それ面白い?」

と言われ、橘に漫画を見てる事に気付かれ紫乃は動揺しました。

「・・・絶対抱かないつもりだったのになぁ。」

と言いながら橘が抱きしめてくるので、

紫乃は「あ そうですよね」と思いました。

3年間橘が守って来た”愛があるからした訳じゃない婚約者”というこの距離を、

無理やり詰めてしまったのは自分だから、

あなたは何も悪くないんです・・・と思いながら、少し悲しくなり朝を迎えました。

しかし、翌日一緒に会社に出勤しようと部屋を出ると

なんと!まさかの優衣の部屋が隣だったらしく、2人で橘の部屋を出てくる所を見られてしまいました。

優衣は2人見るなり驚いた顔をして、

「すっ すみません!!」

と走って去って行ったので、橘は慌てて

「すみません紫乃さん また会社で。」

と言って優衣を追いかけて行きました。

その背中を目で追いながら、志乃は

【行っちゃうの?私を置いて】

とショックを受けましたが、「行かないで!」とは言えませんでした。

ーーー見え始めたこの恋の結末・・・

私はヒロインの恋を盛り上げるためのただの婚約者。

またの名を「当て馬」と言います。

 

『きみは面倒な婚約者』2話 感想

紫乃は自分の事を漫画の悪者婚約者だと思ってるけど、

そうじゃないんじゃないかな?とってもいい子だし、

橘も紫乃に惚れてる気がするんだが・・・

ただ「抱かないつもりだったのにな」のセリフは引っかかる・・・

なんで抱かないつもりだったんだろう?結婚するまではしないって勝手に決めてたのかな?

だとすると、それだけ大事にしてるって事だと思うけど・・・

早く橘が考えてる事が知りたいですね~。

*まとめ*

『きみは面倒な婚約者』2話のネタバレを紹介しました!

2人でいる所を優衣に見られてしまい、それを追いかけて行った橘。

果たしてその真意は・・・?次回の話の続きが気になります!

きみは面倒な婚約者【無料】最新刊まで今すぐ読む方法!きみは面倒な婚約者【無料全巻】最新刊まで今すぐ読む方法!親が決めた婚約者とは言え、お互い本当に想い合っているのに中々進展のない二人。彼の気持ちに全く自信がない紫乃の健気で切なく、ちょっともどかしい恋の話。...