漫画ネタバレ

婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!【ネタバレ2話】いちゃいちゃデート決行日

『婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!』公爵家の娘・ディアナは国の第一王子・ロバートの婚約者。しかし、昔から誰にでも惚れっぽいロバートのために努力して来たのに、また好きな人が出来たと連れて来られてキレたディアナは・・・?!

今回の婚約破棄したい理由が、今好きな人と一緒に居ると「ほっとする」からだと

言われたディアナ。自分といるとホッとしないってこと!?

切れたディアナは初めて婚約破棄を受け入れて・・・・?

 

『婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!』2話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!』2話 ネタバレ!

ある日、ロバートの妹・リジ―が話しかけてきて

兄との婚約は破棄になったのよね?と聞いてきました。

そんなリジ―にディアナは罰の悪そうな顔をして、婚約破棄はなくなったと説明すると

リジ―は大層驚きました。

これまでのことは謝ってもらったから許すことにしたの

とディアナは嬉しそうに答えました。

その後、ディアナと別れたリジ―はボソッと

「・・・やっと別れさせられたのに・・・」

と独り言を吐き捨てたのです・・・

今日ディアナが王宮に来たのは理由がありました。

そう、卒業パーティーの日に約束したいちゃいちゃ決行日なのです!

街に出て有名な店に向かい、2人はランチを楽しみました。

よくこんな可愛い店を知ってたのねとディアナが言うと、

実はカサンドラ嬢に教えてもらったんだ

とロバートが女の名前を出してきたのでディアナは「ん?」と思いました。

ランチを終え、劇場に行くもここの他の嬢に教えてもらったや、

タルトの美味しい店も他の嬢に教えてもらったなどロバートが言うので、

ディアナはイラっとしました。

夕方になり、ロバートはディアナの屋敷にディアナを送り届け

無神経なことを言って来たので、ディアナは「乙女心が分からない奴!」と

カチーンと来て今度はロバートに満足してもらえるいちゃいちゃプランを用意してやる!

と言ってその日は別れました。

そんなディアナを見かねたセルジオは、あんなんでもディアナを楽しませようと

たくさんリサーチしたんだよと慰めました。

ディアナもそれは分かっているけど、だけどデート中に

他の女性の名前を出すのは嫌だとムスっとしました。

仕事も勉強も完璧なのになんで女心だけは分からないんだろうねと

言いながらセルジオは笑いました。

弱音でも愚痴でもなんででも聞くから、これからもロバートのことを

支えてやってよと言われたディアナはセルジオにお礼を言いました。

ーーーその頃、王宮リジ―の部屋では

ディアナのことについて調べた近況報告がされていました。

実はディアナは国中の女の子の憧れで、またリジ―もその中の1人でした。

昔からずっと憧れていた自分の理想の女性に幸せになってほしいリジ―は、

実の兄との結婚を反対していたのです。

ディアナにはもっと他に素敵な人がいるはず・・・

それは誰?・・・そうだ!!セルジオ様だわ!

まさかのひらめきに、傍で聞いていた付き人も驚きました。

そう、セルジオはリジ―の婚約者!

付き人はそれはダメだと説得しますが、リジ―の妄想は止まることを知らないでした・・・。

 

 

『婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!』2話 感想

悦ばせようと必死で嬢に聞いたのは分かるけど、

ディアナの前で何人もの女性の名前を言っちゃうのはデリカシーに欠けるな(汗)。

それを全然わかってないロバートが、子供っぽくて可愛いのだけど・・・

実の妹リジ―に、大好きなディアナと兄の結婚反対される意味も分かる・・・

だって兄といたらディアナが傷つかない時がないと考えたら反対しちゃうよね~。

でも、リジ―はブラコンなのかと思ってたから

逆ね!って思ってちょっと笑けました。

*まとめ*

『婚約破棄を持ちかけられて十数年、そこまで言うなら破棄しましょう!』2話のネタバレを紹介しました!

セルジオは自分の婚約者なのに大好きなディアナとくっつけようとするリジ―。

一体どうなる?次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読みたい!
愛でられる罪~純情未通女~【無料】最新刊まで今すぐ読む方法!愛でられる罪~純情未通女~【無料全巻】最新刊まで今すぐ読む方法!財閥解体により銀行は経営難、箱入り娘として育てられた私は幼い頃より恋い慕う男の子の家に嫁ぐことになったのだが…。そこで待っていたのは、「あの方」ではなくて…。...