ファンタジー

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ【ネタバレ3話】転生時の記憶

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』優秀な兄姉の影で「はずれ姫」と称される第4王女のリデル。ずっと好きだったオスカーと結婚することになったのだか、その幸福な時間は長く続かなかった・・・

産後の体調が優れず、別荘で休養することになったリデル。

娘とオスカーと最後の別れをし、向かう途中に盗賊に襲われて

リデルは騎士の妻として立派に自分で命を絶つことにする…

 

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』3話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』3話 ネタバレ!

エフィランテ王国の郊外にジュリエットという名の16歳の女の子が住んでいました。

大好きな両親の元で子爵令嬢としてのびのびと行き、

いつしか愛する人を迎い入れ、ともに家を受け継ぎ

大きな不自由なく人生を送る・・・そう思っていましたが、

2日前に本当の自分を思い出したのです。

そう、馬車で出かけた場所でアッシェン・オスカーの城を目にするまでは・・・

ジュリエットは瞬く間にかつて「はずれ姫」のリデルと呼ばれていたことを

思い出したのです。

それからというもの、どんどん自分がどうしてこの体になったのか

リデルは思い出しました。

リデルとしての人生を終えた時、薄れゆく意識の中で見えたのは

今にも命の灯が消えそうな4歳の少女と、

彼女の名前を必死に呼び続ける両親の姿でした。

消えゆく純粋な魂を可愛そうに思った女神スピウスは、リデルの魂を彼女の中に移し、

その少女を・・・ジュリエットを死の淵から呼び戻したのでした。

目覚めた時にはリデルだった時の記憶をなくし、

12年間ジュリエットとして生きてきました。

そしてリデルであったことを思い出してから2日日後、

窓に移った自分の姿をまるで他人を見てるみたいに見てしまっている自分に

気付きました。

【いいえ もう「はずれ姫」ではない。私はジュリエットよ。】

大好きな両親の娘のジュリエットとして、新しい人生を生きるんだからと

心に決めていたとき、祖母から手紙が届きました。

その内容とはお世話になった人のパートナーとしてお城の夜会に出席して

欲しいと言った内容でした。

ジュリエットはそんな重要な事を勝手に決めた祖母に怒り心頭で、

急いで祖母の屋敷に向かいました。

しかも、よりによって夜会が行われるお城が・・・

なんとアッシェン城なのです!

聞けばうっかり転んで怪我をした所、助けてくれた今どき珍しいほどの

好青年で名前はアダムというジュリエットと同じ16歳の青年と

孫娘とや会に出席しないか?と約束してしまったというのです。

「困ります!お祖母様!」

でも、彼の約束を果たすだけだからフォーリンゲン子爵令嬢ではなく、

別人として出席するだけでいいからと無茶なことを言って祖母は引いてくれません。

新しい人生を歩むと決めたリデルは、もうあの城には行きたくないだけなのです。

「ああ言い忘れていた。その夜会にはアッシュイン伯のお嬢様の

12歳のお誕生日パーティーだとか。

と言われ、赤ん坊だったエミリアがもう12歳になったんだと知り、

自分がいなくなった後、我が子がどんな風に育ったのかと気になりました。

「ジュリエット よろしく頼みましたよ。」

祖母の押しに敵うはずもなく、リデルは夜会に出席することになってしまったのです!

 

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』3話 感想

ええ!転生して新しい人生をってなると思ってたけど、生きていた子の命が消える前に

その子の命を繋ぎ止めるためにリデルの魂が使われたようですね。

とても健康そうな体で以前のリデルとは全然違う感じです。

そして生まれた娘のエミリアはなんと12歳!

あれから会えてない娘にさぞかしリデルは会いたいでしょうね。

でも、記憶があるとはいえ別人のジュリエットとして夜会に参加するのですから、

下手な行動は出来ないので、遠くから見ているのが精一杯かもしれませんね。

行きたくないけど、エミリアには会いたい・・・

沢山の葛藤があったと思いますが、これは運命だと思います。

*まとめ*

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』3話のネタバレを紹介しました!

アッシェン城に向かったリデル。懐かしいその場所で

大きく育ったエミリアに会ったリデルは?次回の話の続きが気になります!

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへアイキャッチ画像
拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ【無料】で一気に読む方法!拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ【無料】で一気に読む方法!病弱で引っ込み思案な王女リデルは、憧れていた騎士オスカーの元へ嫁いだものの、気持ちを通じ合わせることが叶わないうちに命を落す。しかし時は流れ、リデルはジュリエットへ転生し…...