漫画ネタバレ

【11年後、私たちは】17話ネタバレ!映画デート

【11年後、私たちは】千鶴には11年付き合っているカレシがいて、長く居すぎて気持ちがスレ違って結婚が遠のいている予感…忙しいと会えないカレシが、若い女性と会っていたことが分かって、千鶴の決断は!?

優に咄嗟に荻野が彼氏だと嘘をついた千鶴・・・

会いたくないと思っていたのにそれと同じぐらい会いたかったんだと

感じた千鶴は・・・・?

【11年後、私たちは】17話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイトへ

11年後、私たちは【17話】ネタバレ!

「私・・・買って欲しくて言ったんじゃないのに。

ただ友美が羨ましかっただけで・・・。」

結衣が不機嫌になったので優は慌てて、

「わ・・・分かってる」

と返しました。すると、

「だったら何!?さっきの言い方・・・

もっとあるでしょ!他にも言い方が!

嘘でも今度もっと良いの買ってあげるよとか!!」

と結衣が泣き始めるので、優はごめんと謝り

「俺が悪かった。そんなに苦労してるって思わなくてさ・・・

今度新しいの買ってあげるから。

・・・それで機嫌直してよ な?」

となだめました。すると、結衣の怒りは収まって

「これからは気をつけてね?」

と言いました。

ーーー出会った時、結衣若くてその上可愛くて

優の大したことない話も目を輝かせて聞く感じに惹かれました。

そんな感じに扱ってくれるので何だか自分が立派な大人になったみたいに

感じていましたが、けど実際はしょうもない自分で

”立派な大人”を演じるのが徐々にきつくなってきていました。

ーーー千鶴と映画デートを約束してから

荻野はどんな服を着て行こうか悩んでいました。

友達にどんな服がいいか?と聞いたり、ネットで調べたりして

当日着て行く服もバッチリ買い揃えました。

映画デートに行くならどんな内容のものがいいんだろう?と

調べると「ホラー映画」が吊り橋効果でよい!と出てきたので、

大丈夫か?と思いながらも踊らされ、予約してしまいました。

その頃千鶴も荻野との映画に何着て行こうかな?と考えていましたが、

デートじゃないんだし何だっていいんだし、勘違いしちゃだめだ!と自分に言い聞かせていました。

ーーー映画当日

待ち合わせ場所に先に千鶴が着いて辺りをキョロキョロ見ていると、

「待ったか?」

と言って荻野が現れ、カジュアルなその姿にドキッとしました。

でも、見たい映画がホラー映画だと知って千鶴は固まりました。

「もしかしてホラー系は苦手・・・だったか?」

と聞かれた千鶴でしたが、そんなわけじゃ・・・と答えました。

しかし、千鶴にとって最も嫌いな映画がホラー映画だったのです!

映画が始まると、千鶴の青ざめた様子に荻野は気付き

「怖いなら出るか?」

と言うと、千鶴は見たいって言ってた映画なのに

出たいなんて言えないと思い

「い・・・いえ大丈夫です。」

と無理をして答えました。すると、耳にイヤホンを当てられ音楽が流れました。

荻野の方を見ると、

「これで怖くないだろ?ほら もう片方も。」

と言ってつけてくれたのです。

千鶴は荻野の穏やかな音楽のお陰か、あんなに怖かったのに平気でいられ

心が温まる思いをしました。

 

11年後、私たちは【17話】感想

優は最初年下で自分を慕ってくれる感じの結衣に惚れたのですが、

蓋を開けると年上の彼氏だから自分を可愛がってくれて、

甘やかせてくれるし何でも我儘聞いてくれて買ってくれるいい男!と

しか結衣は思って無さそうですね~。

優も出来ないくせにお金を使って(カード上限まで使うぐらい)、

カッコいい大人を演じてたようですがそれも限界に達しそうです。

馬鹿だな~男って。目先の事しか見えないから当たり前の大事さに気付かないんだよな・・・

11年で築き上げてたものがどれだけ大事だったのか、

今更身に染みて感じているようですね~。

まとめ

【11年後、私たちは】17話のネタバレを紹介しました!

吊り橋効果でホラー映画を選んで失敗したかと思いましたが、

なんだかいい雰囲気ですね♡このままうまくいけばいいな~。

次回の話の続きが気になります!