TLマンガ

30kg分の愛、うけとってください!【ネタバレ3話】最強モテ生物!

『30kg分の愛、うけとってください!』間宮は趣味が食べ歩きの30歳女子。彼女の唯一の楽しみは友人の癒し系マシュマロボディ男子である勅使原(てしはら)との食べ歩きでした。そんな勅使原(てしはら)が転勤してしまい、婚活もうまくいかぬまま1年が経ってしまいます。転勤から戻ってくる勅使原(てしはら)との再会を心待ちにしていた間宮ですが、果たしてどんな再会を果たすのでしょうか、、、。

3話では、勅使原の家にお酒を飲みに行った間宮はそのまま一夜を共にします。

そしてこのままでは心臓が持たないので、勅使原を太らせようしますが、、、?

『30kg分の愛、うけとってください!』3話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『30kg分の愛、うけとってください!』3話 ネタバレ!

二人は服を脱いでベッドに横になります。

勅使原が間宮に優しくキスをします。

勅使原の鍛えられた男らしい身体を見た間宮は、

さらにドキドキしてしまいます。

そして勅使原は間宮の胸を吸い始め、

手がお尻へと伸びます。

その時、間宮の下腹部あたりに、

硬く当たるものを感じました。

必死に頑張る勅使原を可愛いと感じながらも、

気持ちよくて身体が熱くなります。

すると勅使原は間宮のパンツを指でするりと脱がし、

あそこに指を入れます。

身体が勝手に反応し、声も漏れてしまいます。

そして熱い息遣いと嫌らしい音で、

間宮は大胆になります。

勅使原の上に乗り、キスをします。

そして硬く大きくなった勅使原のアレを

服の上からさすります。

すると、勅使原は「俺はいいですから、

間宮さんの感じてるカオを見てるだけでいい」

そう言って間宮の足を開き、

太ももを持ち上げるとアソコを舐め始めました。

物凄い気持ち良さで間宮はトんでしまいそうです!

イってしまった間宮はしばらく寝てしまっていたようで、

目が覚めると自分の服が綺麗に畳んで枕元に置いてあるのでした。

昨夜のことをよみがえった間宮は赤面します。

せめてシャワーをしたいと思い、

勅使原を探すと別の部屋から勅使原が現れました。

「おはよう」と挨拶を交わし、タオルを貸してもらうのですが、

間宮はずっと顔を隠したままです。

勅使原は昨夜のことで怒っているのかと心配しますが、

間宮はメイクを落としてない寝起きのひどい顔を

見られたくなかったのでした。

すると勅使原はキラキラの笑顔で、

「寝顔、素敵でしたよ」

と言いました。

そして「一緒に入っていいですか?」

間宮は慌ててダメだと言うと、

その様子を見て笑い、

間宮のほっぺに指をツンっと突きながら、

「じゃあ、次の機会に」

と間宮をからかいました。

日を追うごとにキラキラしている勅使原に、

間宮は完全にキャパオーバーです。

ベッドの中での勅使原を思い出し、

あんな一面もあるのだと思うと、

身が持たないと思うのでした。

ふと携帯電話の待受画面に映る、

マシュマロボディの勅使原を見て閃きます。

そして間宮は大きな紙袋を持って出社します。

勅使原は今日もモテモテで、

女の子とたちに囲まれていました。

キラキラしていられるのも今のうちだけよと思いながら、

勅使原を眺めてほくそ笑みます。

ナイスタイミングで給湯室で勅使原と会いました。

勅使原はお弁当を持って来ていて、

冷蔵庫に入れてあるのでした。

間宮は勅使原に食べてもらおうと思って、

買ってきてしまったお弁当をあることを伝えると、

勅使原は「それじゃお弁当を交換しませんか?」

そう言って二人は交換することになりました。

せっかくなら一緒に食べれれば良かったのですが、

勅使原はあっという間に女子社員に

連れて行かれてしまったのでした。

元々性格の良かった勅使原に、

見た目の良さが追いついて、

最強モテ生物になってしまったようです。

間宮は勅使原のお弁当を開けてみると、

綺麗に並べられたゆで卵に、ブロッコリーにもち麦、

栄養バランスの考えられたメニューでした。

間宮が渡したお弁当は、

特製ローストビーフ丼でした。

勅使原には悪いけれど、

このままでは身が持たないと思った間宮は、

少しだけリバウンドしてもらおうという計画を立てたのでした。

しかし、ローストビーフは赤身肉で、

低カロリー、高タンパク質、

ダイエットには最高の食材だと気づきます。

間宮はこれでへこたれることなく、

夜ご飯を誘ってみます。

退勤後に待ち合わせをしますが、

勅使原はまた女子社員に囲まれていました。

最強モテ生物、、、

ぼーっとしてたら横取りされちゃうよ、、、

と言っていた友人の言葉が頭をよぎり、

ハンドバックを持つ手にぎゅっと力が入るのでした。

間宮に気づいた勅使原は、

女子社員たちをかわして、

まっすぐ間宮の元へと来ると、

手を繋いで「行きましょう」と言うのでした。

間宮は嬉しさと安心感で笑顔がこぼれます。

手を繋いだまま歩きます。

断るのに困っていたという勅使原に、

モテるようになったよねと言うと、

一時の好奇心だと思うと答えます。

でも「すっごくかっこよくなったもん」と言うと、

手をぎゅっと握り返してきて、

照れています。

そんな様子を見て、

間宮は勅使原が可愛くて仕方がありません。

そして、心の中で人を変えようとするんじゃなくて、

自分が変わって行かなくちゃね。

今の勅使原ともっと向き合って行こうと心に決めるのでした。

すると突然、

勅使原の名前を呼ぶ女性が現れます。

すごくグラマーな物凄い美人です。

勅使原は

「絢さん!」

そう呼ぶと、繋いでいた手をパッと離し、

その女性の元へと行ってしまうのでした。

一体誰なのだろう胸がざわつきますが、、、

『30kg分の愛、うけとってください!』3話 感想

最強モテ生物になってしまった勅使原くんですが、

彼女としては嬉しい反面、気が気じゃないですね!

シャワーの前に「一緒に入っていいですか?」とからかうシーンが

ドキッとして良かったです!

*まとめ*

『30kg分の愛、うけとってください!』3話のネタバレを紹介しました!

突然現れたすごい美人の絢と勅使原はどういう関係なんでしょうか?

ライバルだとしたら強力な存在ですね。気になります!

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー