ファンタジー

31番目のお妃様【ネタバレ3巻13話】秘密裏の王妃教育

『31番目のお妃様』召し上げられたは、「貧乏くじ」のお妃様!?思惑はびこる後宮で、規格外のお妃様が大奮闘する!

サブリナ嬢や女官長が悪だくみを考えてる間、フェリアはペレからダンスのレッスンを受け

必死で練習に明け暮れる。しかし慣れないヒールで踵は限界に達しようとしていて・・・?

『31番目のお妃様』3巻13話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

31番目のお妃様【3巻13話】ネタバレ

今日はキュリーが他の姫たちを呼んでお茶会をしてくれているので、

秘密裏に王妃教育をしようと思うとペレが言いました。

先の荒事のように敵に対峙した時の訓練を行うが、もちろん王妃は常に

ヒールを履いているのでそのままレッスンすると言われたフェリアは、

ようやくヒールを脱げると思っていたのに!と肩を落としました。

ヒールごときで崩れる程度の意気込みだったのか?とニコッとしながら聞かれたフェリアは、

ダンスの特訓で十分に体力は戻ったので、敵と対峙して見せるわ!とニコッと笑い返しました。

するとペレは紙の棒を剣として今回は使うと私、立ち位置は王の左側にするようにと

言いました。なぜなら王は剣を右手に持つので、その前に立ちはだかってはいけないからです。

閨の時も王は必ず右側に剣を偲ばせているので、右手を塞いではいけないと

笑いながら言われたフェリアは顔を真っ赤にしました。

習うより慣れろだ!そう思ったフェリアがさっと動くと、ペレに

王の件を邪魔する場所に立つな!と怒ってきました。

王妃は王を守る立場にいないので、視覚を担うために特に背後を気にしてくださいと言われました。

色んなパターンで敵撃退の方法を習い、ペレがある切りのいいところで辛いか?と

聞いてきましたが、魔獣相手に比べたら全く苦ではないとフェリアは普通の顔をして答えました。

そのことを聞いたペレは驚きながら、なんと規格外のお妃様なんだと笑いました。

次回からは武器も併用しましょうと言われたので、これで敵が討てるわ!と

フェリアが嬉しそうにすると、率先して敵を討つ妃がどこの国にいる!と怒られてしまいました。

でも、フェリアは敵を討つ妃がいてもいいと思ってるし、

マクロンの後ろに控える妃じゃなくて対等に横に立つ妃になりたいんだと話しました。

ーーーマクロンに今のフェリアの状況をゾッドとペレが報告に向かいました。

なんの武器が欲しいのか?と聞いていたので、文には鞭がいいと書かれていました。

2人で1つではなく2人で2人分の力でやっていきたいと願うフェリアの考えを聞いたマクロンは、

自分もその考えでいたと同じ考えだったのが嬉しくなりました。

今のダナン国は王妃の手を借りずとも十分なほどに回っているので、

だから生涯の伴侶を王妃としてマクロンは望んでいました。

マクロンの唯一の弱みがフェリアになると以前キュリーに言われていたマクロンは

その通りだなと思いました。

だからこそフェリアにはマクロンが守らなくても生きる術がいるのです。

場合によって王としてフェリアを見捨てる覚悟もいるので、

だからこそ同じ力を望んでおり、それがフェリアの王妃教育でありました。

女官長の動きはキュリーから聞かされており、サブリナとキュリーに報告するためにも

フェリアにつかせる侍女が必要だから、フェリアにどうにか自分が選んだ侍女を

つかせたいと言って来たのであろうとマクロンは思いました。

あの一件以来、女官長としての責を全うする姿勢をみせようとしているのもあるが、

その他にも真っ黒い考えがあるのだろうとマクロンは分かっていながら、

女官長が推し侍女をあえて31番邸に潜ませることにしました。

31番目のお妃様【3巻13話】感想

フェリアは実家にいたとき活発な少女だったので、

戦えるとかそういう動きが出来るのが楽しいんでしょうね~。

どちらかというと、ダンスやらなんやらが苦手なので王妃教育は

フェリアにとってここぞとばかりに力が発揮できる場面だと思います。

サブリナに加えて、女官長もまた動きだしたし

本当に権力に目がくらんだ女たちはがめついなと思いました。(苦笑)

まとめ

『31番目のお妃様』3巻13話のネタバレを紹介しました!

女官長が推す侍女をあえてフェリアの元へ潜らせることにしたマクロン。

そのことは吉と出るのか?凶と出るのか?!次回の話の続きが気になります!

31番目のお妃様アイキャッチ画像
31番目のお妃様【無料】最新刊まで今すぐ読む方法!『31番目のお妃様』無料で読む方法!主人公のフェリアは、31番目のお妃として王様のところに嫁ぐことに!とっても前向きで明るくて他のお妃様に屈することがない気持ちいいお妃様です。そんなフェリアの元に、ようやく王様と会える日がやってきて…?!...