ファンタジー

31番目のお妃様【ネタバレ19話後編】流行病を終息させよ!

【31番目のお妃様】 召し上げられたは、「貧乏くじ」のお妃様!?思惑はびこる後宮で、規格外のお妃様が大奮闘する!

流行病「ピタス病」が発生し、国は混乱に陥る。

感染を防ぐためにタロの生薬が必要だが、今は時期ではなく入手困難で・・・?

 

『31番目のお妃様』19話後編のネタバレを紹介します!

『31番目のお妃様』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

31番目のお妃様【19話後編】ネタバレ

終息してはまた発生するこの流行病に国は頭を抱えていました。

何年か前にもダナン国境近くの村で発生しましたが、

他国に比べて広がることなく終息し、その時の治療記録に

タロ芋の生薬が効くと記されてありました。

今は白布を巻く以外対処はなく何か手はないか・・・と考えていた頃、

フェリアの下にビンズが只ならぬ面持ちでやってきて、

城下町で駅病患者が出たため邸から出ずに身を守るようにと指示されました。

その病の事を聞いたフェリアは、「私がどこの出身であるかお忘れかしら?

疫病の病名を言いなさい。」と言いました。

すると後ろから兄のガロンが現れて、それはピタス病だと聞かされました。

生薬はなくてもタロ芋はどこかに貯蓄されているかもしれないから、

自国のいつもの芋煮会をするんだ!とガロンは言ってきたので、

フェリアはタロ芋ならここに沢山あるわ!と自分の畑を指差しました。

おまけに今日の夕食はタロ芋の芋煮で、

干し肉を入れたら予防鍋が完成すると言われたガロンは

タイミングの良さと驚きのあまりポカンとしてしまいました。

前に起きたダナンのピタス病が広がらなかったのは両親が研究をし、

その予防に一角魔獣の肉とタロ芋の鍋が有効だと分かって対処したからなんだ

ビンズにフェリアは話し、ここの土壌のお陰で時期ではないのに

タロ芋が育ってよかったと喜びました。

「でかしたフェリア!」とガロンは大喜びをし、

フェリアは自分は芋煮を担当するからガロンは患者の対応に、

ビンズはマクロンに報告に行ってもらい、

ケイトには芋煮の手伝いをしてもらうことにしました。

するとネルが自分からガロンの補助をすると申し出てきたので、

危険な所だけど大丈夫か?とフェリアは聞きました。

芯を変え真の強さに変わった寝るの目は真っすぐで、

フェリアは任せることにしたのでした。

 

31番目のお妃様【19話後編】感想

フェリア最強!!大事な時にいつもフェリアが関わってきますね。

かなりの運を持ってるからこそ、国に欠かせない存在になっていくでしょう。

しかしここの土壌は時期ハズレでも何でも作れるので、

本当にすごいですね。この端っこのおんぼろ邸に案内されたのは、

フェリアにとって偶然ではなく必然だったのかもしれません。

まとめ

『31番目のお妃様』19話後編のネタバレを紹介しました!

流行病を終息させよ!!仲間と手分けして国の一大事を救う!

次回の話の続きが気になります。

『31番目のお妃様』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/