ファンタジー

31番目のお妃様【ネタバレ1巻】3話◇出会い

【31番目のお妃様】 召し上げられたは、「貧乏くじ」のお妃様!?思惑はびこる後宮で、規格外のお妃様が大奮闘する!

周りから「早く正妃を」と急かされ心身共に疲れ果てている王様・マクロン。

親友ビンズの言葉にハッとさせられ、きちんと妃候補たちと向き合うことに決めて数日、

やっと31日になって・・・・?

『31番目のお妃様』1巻3話のネタバレを紹介します!

『31番目のお妃様』
今すぐ無料で試し読み!!

31番目のお妃様【1巻◇3話】ネタバレ!

マクロンに女官長は「急いで目を通していただきたいことがあります」と

嘘を言い、フェリアへの嫌がらせで朝の交流は流されたのでありました。

ーーーその後、フェリアが「な~んだ」と気を緩めていると、

ビンズが急いでやって来て「お着替えを急いでください。王様がお越しになります。」

と言いに来ました。その時フェリアはパンを焼いていて

顔はすすだらけになっていましたが、

このままでいいわ。これが私だもの。

と笑いました。マクロンが車でに何とかフェリアをドレスに着替えさせねばと

ビンズがあたふたしていると、マクロンがやってきてしまいました。ビンズは「もうダメだ・・・」

そう思いながらフェリア邸に案内しました。「妃はいるか?」と言うと、

「こちらにございます」普段着のままのフェリア本人が邸内に案内しました。

マクロンはフェリアを見て「この侍女はなぜ頬がすすけているんだ?」

と侍女と勘違いし、不思議に思いました。

甘い匂いがする邸の中に入ると、妃らしいものはおらず

食事が並んでいました。一時の時間しかないが・・・

とマクロンが言うので、フェリアは

「御遠慮なさらずにお召し上がりください」と言いました。

先ほどの甘い匂いはパンのものだと分かったマクロンは、

その食事に口をつけました。

どれも素朴だけれど懐かしく優しい味で、肉の包み煮は昔母親がいた時に

よく食べた味に似ていました。

「お好きなだけおくつろぎを。

では 失礼します。」

フェリアはそう言うと、カップに注いだ薬草茶をマクロンに差し出し邸を出ました。

ホッとする味のそのお茶を飲みながら、マクロンは妃候補に会えずに終わることに

なりそうだなと思いながらも、そのおもてなしが心地よくて眠くなってしまいました。

ーーーその後、邸からフェリアが1人出てきたので

どうしたのかとビンズが驚きながら聞くと、可笑しくてフェリアは笑ってしまいました。

多分自分を侍女だと思ってるから夕食を勧めてお茶を出したわと言いました。

マクロンの疲労は酷く、疲労回復の薬草茶を出したからきっと今は眠っているだろうと

フェリアが言ってきたので、

自覚がないのかマクロンがこのまま目覚めなかったら事実がどうであろうと

夜のお通りになってしまうのだが・・・とビンズを始め兵士たちは困惑しました。

であれば、王様は眠っているであろうこの邸をしっかり警護しないといけないと

思ったマクロンは兵士たちに命令して邸を囲みました。

ビンズはフェリアに邸に戻るように言いましたが、

フェリアは「それはいいわ」と断りました。

王様は自分を侍女だと思ってるから自分はその程度だけど、

それは自分のだからいいのいいのとフェリアは言いました。

明日マクロンが起きたら朝食を出したいとフェリアはこれが最後になるものと

少し寂しそうにそう言いました・・・

ーーー翌朝

マクロンが起きて邸から出てきたので、フェリアは庭に朝食を用意し

席に案内しました。

「・・・妃は?」そう聞かれたフェリアは、

気になさらずどうぞお召し上がりくださいと笑いました。

「頭がスッキリと冴える薬草茶でございます。」

フェリアが目覚めの一杯を差し出すと、「いい香りだ」

とマクロンはフェリアの顔を見て言いました。すると・・・

「我が名はマクロン。フェリア嬢 そなたの気遣いに感謝する。

マクロンは自分の身体を気遣って名乗りもせず、ずっとそばに居てくれたフェリアに

ここの邸の主なんだと気付き感謝の言葉を述べたのでした。

ーーーこうしてフェリアとマクロンは初めての出会いを果たしたのでした。

31番目のお妃様【1巻◇3話】感想

さっすが王様!!!フェリアの心遣いにこの人が妃候補なんだと

気付いてフェリアの名前を呼んだの最高にキュンとしました♡

そうなんだよな~ビンズたちも身分ではなくフェリアのこういう中身を

マクロンに見て欲しかったんだもんね~。

それが伝わったようで本当にホッとしました。

フェリアはありのままが一番美しいですからね♪(内面から出る美)

まとめ

【31番目のお妃様】1巻3話のネタバレを紹介しました!

きっと王様は自分の事を侍女と思ってる・・・最初で最後だから奉仕しよう・・・

そう思っていたのに、フェリアのその気遣いにここの邸の主だと気付いたマクロンは

フェリアの正体を暴く!驚いたフェリアは・・・?次回の話の続きが気になります!

『31番目のお妃様』
今すぐ無料で試し読み!!