ファンタジー

4000年ぶりに帰還した大魔導士【ネタバレ87話】リキからの提案

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』

最強の大魔導師だったルーカス・トロウマンはデミゴッドと呼ばれる強大な存在に負けて奈落の底へと封印されてしまう。

4000年が経ち、親から捨てられ、周りの人間にも見下され人生に絶望した落ちこぼれの魔導師のフレイ・ブレイクが命を断った瞬間にその体にルーカスの魂が蘇り…!?

86話では…

ノーズドックが残した魔法陣から現れたボーンドラゴンを無事に倒すことに成功したフレイたち。

壊された街を再建させ、スノー女王から感謝され、さらにその正体について尋ねると、リキのアポストルであることを告白しました。

スノー女王の母であるフルヒラルが信じたフレイたちにお礼として、フルヒラルの本体からマナを倍増させる果実をお礼として渡したのでした。

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』87話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

スポンサーリンク

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』87話 ネタバレ!

街ではボーンドラゴンからの危機を救ってくれた英雄として、フレイへのお礼の席が設けられていました。

街の女性達から勇者様と呼ばれ感謝されていたが、フレイにとっては慣れない席でした。

そこへカミルが現れ、それを機にフレイはお礼の席から抜け出すことに成功します。

疲れ果ててフラフラな状態で部屋に戻ると、部屋ではスノー女王とシアクスが話をしていました。

フレイが戻ってきたため、シアクスは帰って行ったが、スノー女王にとってシアクスはアイス・エルフと知っていても分け隔てなく対応してくれたためかけがえのない存在でした。

スノー女王から、フレイにリキのところに一緒に行くように伝えます。

リキから相談があり、呼び出されたようです。

リキはまたされるのが嫌いらしく先を急ごうとしていたが歩いてリキのところに向かおうとしたときフレイがワープの魔法を使い、あっという間にリキのところに到着します。

通常、ワープの先にも魔法陣を書いておかなければならないが、フレイは座標だけで安定したワープをしてみせました。

到着後、リキと面会したがフレイには確かめたいことがある、といいます。

フレイはリキにオイディンがノーズドックのアポストルではなかったことを告げると、机に足を乗せさらに続けます。

俺たち3人が死ぬところだったと。

リキはフレイに対し、望みは謝罪か?と聞くと、フレイはそれが道理だと答えました。

スノー女王は、リキはデミゴッドの中でも5本の指に入る実力があることを知っていることから、このやりとりに対して気が気では無い様子。

スノー女王の心配を他所に、リキはフレイなの対してしっかり謝罪をし、これから情報は正確にとることを約束するのです。

フレイは本当にリキがデミゴッドを裏切っているのかを確かめるためにわざと謝罪を要求したのでした。

その後リキから渡したいものがあるといって、先日倒したインドラから抽出した結晶を手渡します。

直接デミゴッドから抽出した結晶を飲めば一気に八成まで到達でき、さらにインドラの神力まで手に入れられるという強力なものでしたが、神力を手に入れると魔道士ではいられなるといいます。

フレイはリキに何を企んでいるのかを問いかけます。

するとリキから3ヶ月後に開かれるデミゴッドの会議に一緒に出席してほしいと依頼してきました。

デミゴッドの会議には、デミゴッドとアポストルしか参加できないが、リキはフレイに対して、私のアポストルになって欲しいと頼みました。

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』87話 感想

リキがデミゴッドをほんとに裏切っているのかを確かめる方法が謝罪させることというのが、思いもつかなかったけど、更にはフレイがアポストルになれというのにはもっと驚かされましたね。

4000年も待ったのにデミゴッドのアポストルになるのかどうか気になるところです…!

87話で印象に残ったシーンは…。

フレイはいつの間にかワープが出来るようになっていって、安定した座標だけでいけるワープとはすごいなと思いました。

*まとめ*

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』87話のネタバレを紹介しました!

リキからのアポストルになってほしいという依頼を断って欲しいですね。

ずっと人間としてデミゴッドに戦いを挑む姿がやはり見てみたいところですね!!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/