ファンタジー

4000年ぶりに帰還した大魔導士【ネタバレ91話】神力のコントロール

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』

最強の大魔導師だったルーカス・トロウマンはデミゴッドと呼ばれる強大な存在に負けて奈落の底へと封印されてしまう。

4000年が経ち、親から捨てられ、周りの人間にも見下され人生に絶望した落ちこぼれの魔導師のフレイ・ブレイクが命を断った瞬間にその体にルーカスの魂が蘇り…!?

90話では…

ヒドラに気配を悟られてしまったスノー女王。

裏切ったのがリキであることを確信したヒドラは、その場を離れてアナンタに報告にいこうとするもリキの剣術によって倒されてしまいます。

しかし、分裂していたヒドラに対して2匹取り逃してしまったため、リキとフレイたちは二手に別れて追いかけることに。

追いついたフレイとスノー女王、スノー女王の危機をフレイが助け、八成となった実力でヒドラを倒すことに成功するのです。

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』91話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

スポンサーリンク

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』91話 ネタバレ!

逃したヒドラの片割れを倒したフレイは、平然とした顔をしてスノー女王を抱き抱えていました。

フレイはデミゴッド相手に全力を出さずして勝利したのです。

そこへリキが現れ、ヒドラを殺したのかと尋ねると、フレイはそうだと答えた。

殺したことにリキも驚きを隠せなかった。

 

そして戦いを終えてリキの家に戻った一行。

ヒドラが死んだことは長くは隠せない、アナンタの耳に入るのも時間の問題だとリキは話した。

アナンタとは誰だ?とフレイが問いかけると、毒を扱うアポカリプスだという。

フレイが以前遭遇した年寄りのことでした。

すでにデミゴッドの結晶を飲んで神力を1人でコントロールしたことに、またリキは驚きますが、フレイは簡単だったと返します。

まずは魔法を使わずに神力を使いこなすための訓練を行うようリキは指示をします。

ロードはそんなに簡単に欺ける存在ではなく、フレイの体に残ったマナの痕跡を神力で完全に覆わなければならなりません。

そして早速そのための訓練を行うこととなりました。

訓練に向かおうとするフレイに、スノー女王は抱きつきます。

人間は信頼するものと別れる時にこうすると聞いたと言って、別れを惜しんでいます。

フレイはシアクスとカミルにも別れを告げずに申し訳ないと伝えてくれというと、リキと共に訓練に向かうのでした。

そこから2ヶ月の間、リキとフレイは神力の訓練を行い、フレイの攻撃にリキが剣を抜いて攻撃を防いでみせます。

ここまでの訓練で神力をコントロール出来るようになった証拠でした。

ヒドラが死んだことはまだ知られていないため、これからデミゴッド会議に向けて出発することとなりました。

デミゴッドのワープではフレイの肉体が持たないと判断したリキは、途中のワープ石を使って移動することとします。

道中、泣く子もだまるレッドエビル団というゴロツキに遭遇すると、フレイは殺さずに攻撃を加えてレッドエビル団を気絶させ先を急ごうとするのでした。

リキはそんなフレイの行動を見て、人間とは全ての生命体の中で最も立体的だと言って先を急いだ。

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』91話 感想

短期間で神力が使えるようになり、これからいよいよデミゴッド会議にむけて出発した一行。

神力とマナの両方を使ってどれだけ強くなったのかがとても楽しみです!!

91話で印象に残ったシーンは…。

スノー女王がフレイに抱きつくシーンにグッときましたね。

フレイに助けられたスノー女王ですが、やはり別れは寂しくなりますね。

*まとめ*

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』91話のネタバレを紹介しました!

ついにデミゴッド会議が開かれるルアノブル王国に到着し、デミゴットと対面を果たします。

神力をコントロールしたフレイは周りに悟られずに会議に出席をするのではないかと思います。

でも見つかってしまい会議の場で戦闘が始まるのか…。

次回も楽しみです!!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/