開催概要

「信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~」では、北アルプスを望む信州松本平から花とみどりに包まれた、 しあわせな暮らしを再認識し全国へ発信し、うるおいのあるまちを未来につなげていきます。

概要

名称 第36 回全国都市緑化信州フェア
愛称 信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~
開催テーマ 北アルプスの麓から広がる 花と緑に包まれた しあわせ暮らし
開催期間 平成31年(2019年)4月25日(木曜日)~6月16日(日曜日) 53日間
会場 メイン会場 長野県松本平広域公園
サブ会場 国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)
長野県烏川渓谷緑地
国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)
サテライト会場 松本市・大町市・塩尻市・安曇野市の各市において設定
想定来場者数 50 万人(メイン会場とサブ会場の合計)
主催者等 主催:長野県・松本市・大町市・塩尻市・安曇野市・公益財団法人都市緑化機構
提唱:国土交通省

ロゴマーク

全体で「花束」を表現することで贈りものをイメージし、みどりの恵みをみんなで分かち合い、それを伝えていくという想いを込めました。マークの構成は、「花フェスタ」のイメージが一目で伝わるように花をメインに配置し、その花は水彩画タッチとすることで信州の暮らしに寄り添う花々のどこか素朴で優しげな柔らかさや花の可憐さを表しています。

また、残雪が残る北アルプスは、信州・中信4市の象徴としてフェアの開催地域や、開催時期となる春の季節感が想起できるよう表しています。そして、北アルプスの下に描かれた緑のラインは、春の田園風景をイメージし、リボンは、色で緑化の「緑」を、グラデーションでフェア開催期間中に若葉から青葉へと季節が移り変わる様子を表しています。

ロゴタイプについては、シンプルな書体と落ち着きのある黒文字で、シンボルマークを引き立ききたせます。

信州花フェスタフレンズ

主催自治体にゆかりのあるキャラクターたちが、「信州花フェスタ2019」を応援します。応援キャラクターたちのユニット名は、「信州花フェスタフレンズ」といい、様々なイベント等で活躍し、フェアを盛り上げます。

※キャラクターをクリックすると、紹介ページへリンクします