漫画ネタバレ

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】16~19話ネタバレ!本当はシたい

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】武士・由依宗次郎の元に嫁いだお千夜は、いつも愛想笑いを浮かべていた。自分が不甲斐ないから打ち解けてくれない!宗次郎はそう思っていたけど、お千夜はただただ旦那様が大好きなだけだった・・・・!

町で会う人、関わってくる人、小間使いにまで嫉妬してしまう・・・・

宗次郎と小間使いのおさだが事故で抱き合ってただけなのに、その真相を聞けない

お千夜は嫉妬で狂いそうになり・・・・?

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】16~19最新話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイトへ

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】16話~最新話ネタバレ!

1巻ネタバレ

「嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる」16~19話

【16話】

おさだと事故ながら抱き合ってしまっている所を見られてしまった宗次郎は、

今日はなんだか剣呑な雰囲気を感じ、目の前で酒を飲みすぎているお千夜を案じました。

酒を一緒に飲んだのは、わだかまりを解こうと思ったからでしたが

不埒な男だと思われて嫌われたのかもしれない・・・と宗次郎は落ち込みました。

すると、酔っぱらったお千夜が近づいてきて

宗次郎の着物を無理やり開けさせました。

「私の事もおさださんにしたみたいに抱擁してください・・・」

お千夜がそう言って来たので、

「何をしたいのか分からないが、そのように迫られては某も我慢できないくなるぞ・・・」

と言ってお酒の弱い宗次郎も酔っぱらってそう言いました。

「不思議だ・・・おさだを抱き支えた時とは違って

劣情を催してしまってる。

すまない・・・お千夜・・・某は不埒者だ・・・。」

宗次郎がそう言いながら覆いかぶさってくるので、お千夜はキャパオーバーになり

身体が沸騰しそうになりました。

が、

そのまま宗次郎は酔っぱらってその場に寝てしまったのです。

次の日、宗次郎は何も酔って覚えていませんでしたがお千夜は覚えていたままでした・・・

 

【17話】

なぜかある日、宗次郎が身体が縮んで子供に変身してしまいました。

勇ましい言葉と可愛さの落差が凄くて、お千夜は悶絶してしまいます。

顔からこけておでこをぶつけてしまった宗次郎の頭をナデナデしてやると、

「お千夜・・・そのように頭を撫でないでくら・・・

其方の柔らかな手で撫でられると照れてしまう・・・」

と言うので、お千夜はキュンキュンしてしまいました。

・・・・というのは夢で、朝目覚めたお千夜はどんな夢を見てるんだ自分は!と

顔を真っ赤にしました。

【でもどうしよう・・・すっごく子供欲しくなっちゃった】

宗次郎の子供は絶対可愛い!でも、いきなり子供が欲しいなんて言ったら

はしたないし、そもそも好きすぎて言えない・・・お千夜はそう思いました。

2人の子供の顔を見られる日はまだまだ遠いのかもしれません。

 

【18話】

「宗次郎殿!僕と勝負してください!」

突然お千夜の実家の道場で師範代を務めている、日吉竜一と名乗る男が屋敷にやってきました。

日吉の顔を見ても、お千夜は誰か思い出せません。

すると、日吉はお千夜が嫁ぐ前から惚れていたと告白してきたのです!

「お千夜さんを委縮させてる貴方が許せません!

貴方の隣にいる時、お千夜さんは居心地が悪そうですよ!

僕は貴方より強いし、お千夜さんのことを幸せにできます!

お千夜さんを返してください!」

宗次郎に向かって日吉はそう言い放ちました。

そんな日吉に宗次郎は剣も抜かず、腕だけで持ち上げ投げ飛ばしました。

「其方の方がお千夜にふさわしい男なのか?

剣を持たずとも某の方が強いようだが。」

そう言って怖い顔をして見下ろしてくる宗次郎を見て、

日吉はすさまじい威圧感を感じ、殺される!と青ざめました。

「某の嫁に手を出すには尻が青いようだぞ。」

宗次郎は日吉の肩にポンっと優しく手を置きながらそう言いました。

すると、そんな宗次郎のカッコよさに一瞬で惚れてしまった日吉は

「弟子にしてください!」

と志願してきたのでした・・・・!

 

【19話】

最近声を掛けると、お千夜が小声で何か返事してくれてるように宗次郎は感じて来ていました。

でも、あまり聞こえないのできっと不満を漏らしてるのだろうと思っていました。

その夜、眠った宗次郎の横でむくっと起き上がったお千夜は

「そうじろう・・・さん・・・・」

小さな声で宗次郎の名前を呼びました。

今夜はニヤけずに言えた!実はお千夜は宗次郎の名前を呼ぶ練習を連夜していたのです。

寝返りを打ってこちらを向いた宗次郎の手が、

お千夜の手を握ってきたので、嬉しくなったお千夜は

「旦那様の大きな手・・・好き・・・もっと触って欲しい・・・

声も低くて男らしくて好き・・・愛してます・・・・」

と寝てる宗次郎なら何言ってもバレないと思いながら呟きました。

しかし、実は宗次郎は起きていてお千夜がずっと念仏のような言葉を

呟いているように聞こえて(声が小さすぎて聞こえないから)、

日ごろの鬱憤を晴らすために呪詛を述べているのか?と恐ろしくなりました。

やはりお千夜が何を伝えたいのか分からず、宗次郎はその晩うなされることになったのでした。

 

>>続き【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】最新話ネタバレ!

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】感想

酔っぱらった宗次郎もお千夜もいいですね!

毎晩晩酌したら最後までいけちゃうんじゃない?!と思うのですが、

純粋な2人にはまだまだそこまで行くのは遠い話なのかもしれません(汗)

でも、お千夜は子供が欲しくなってるようなので

早くそのような関係になれたらいいのになって思いました。

周りは2人がベタ惚れ状態なの見て手に取るようにわかるのに、

当本人たちが気付いてないのに笑いますよね。

最後の呪詛に聞こえるとか吹き出しました(笑)

まとめ

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】16話~最新話のネタバレを紹介しました!

もっとお千夜の声が大きくなって宗次郎に本音の言葉が届きますように。

と願います(笑)次回の話の続きが気になります!

嫁いできた嫁が愛想笑いばかりる】無料で一気に最後まで読む方法とは・・・?