漫画ネタバレ

明智家は溺愛をたくらむ【ネタバレ1話】突然の別れと出会い

『明智家は溺愛をたくらむ』突然の事故で父を亡くしたまひるは、資産家の明智家に引き取られ、溺愛されることになります。しかし、父は「アケチのことは信じるな」と最後に言葉を残したのですが・・・!?

突然の事故で父を失うとかなりの資産が残されたことを知ったまひる。

親族たちが争う中、まひるは資産家一族に引き取られて・・・!?

『明智家は溺愛をたくらむ』1話のネタバレを紹介します!

『明智家は溺愛をたくらむ』
最新刊★独占先行配信

『明智家は溺愛をたくらむ』1話 ネタバレ!

まさか資産家一族に引き取られて、

イケメン3兄弟から溺愛されるなんて・・・

まひるは病院の手術室の前の廊下で必死に願います。

「お父さん、死なないで・・・」

お父さんに話したいことがあったのに、

と思いながら懐中時計を見つめるのでした。

時計職人の父はまひるが小さい頃、

一緒に時計をいじって遊んでくれました。

母が亡くなると、父の笑顔はなくなり、

工房に引きこもるようになりました。

昔のように父と話したいと思いながらも、

ただ時間が流れて行きました。

お父さんを喜ばせたくて、

優柔不断のまひるがやっと決断し、

それを報告しようとした矢先の事でした。

お父さんが事故で意識不明だと連絡を受けて、

病院へと駆け付けたのでした。

病院の廊下で必死に祈るまひるの隣に

いつの間にか制服を着た美形の男子が座っています。

「何か飲む?」

と言って数種類の飲み物を差し出してくれました。

まひるは迷ってしまって決められません。

「ダメだ、あんたが決めろ」

そう言われたまひるはぎゅっと手に力が入ります。

「オレンジジュースを・・・」

と言うとオレンジジュースの缶を

まひるへと差し出してくれるのでした。

まひるは内心この人は誰なのだろう?

どうして私にくれたのだろう?と疑問に思うのでした。

見知らぬ彼は窓から差し込む日差しに照らされて、

キラキラとと輝いて見惚れてしまうほど、

美しく整った顔をしたイケメン男子でした。

まひるは思わず顔を赤らめます。

彼のおかげなのか、

さっきまでのパニックが落ち着き、

手の震えも止まるのでした。

すると看護師さんがまひるを病室へ呼びます。

慌てて立ち上がり病室へ行こうとしますが、

まひるは一旦立ち止まり、

「通報して父に付き添ってくれたのはあなただよね?

ありがとう」と彼に言いました。

すると「早く行けよ」と照れ臭そうに彼は言うのでした。

病室には心電図の音がピッピッと短く鳴っています。

意識が戻らないので声をかけてあげてくださいと

言われたまひるはお父さんに話しかけます。

「お父さんに聞いてもらいたいことがあるの」

すると父が目を覚ましました。

「まひる・・・」

「お父さん!」

「アケチのことは信じるな」

まひるは一体どういう意味なのかわかりません。

どういうことなのか聞こうとしますが、

心電図の音がピーッと長い音を出して、

心停止を知らせる音になったのでした。

まひるはその場で泣き崩れます。

もっと早く向き合って、

もっと早く伝えればよかった・・・

どんなに後悔しても、もう時間は戻りません。

お父さんのお葬式が済むと、

親族が争い始めました。

まひるは誰が引き取るだとか、

事業のことやら、時計ブランドのことやら、

騒がしく言い合いをしています。

どうやらお父さんの時計のブランドは希少価値の高いものがあり、

かなりの資産があることが分かったのでした。

まひるは誰も自分のことなんか気にかけてくれないと、

涙があふれ出した時でした。

制服を着た美形のあの男子がやって来ました。

するともめている親族に向かってこう言いました。

「この子の意志はどうでもいいわけ?」

誰だ君は?

キミには関係ないだろ?

部外者は入ってこないでくれ!

親族は口々に文句を言います。

まひるはもう小さな子供ではないので、

代理人を立てて自立することもできるのだと

その彼は言います。

「全てを決めるのはまひる自身だ!」

しかし高校生のまひるには荷が重すぎる話でした。

すると彼はまひるに近づくと、

頭の上にポンと手を乗せて、

「こいつらの言いなりになるか、

一人で家に帰って考えるか、

それともうちに来るか?

そう言ってまたまひるに選択肢を与えます。

うちは少なからずあんたの役に立ってやれると思うと

言われたまひるは、どういう意味なのか分かりません。

でも、お父さんのことでもう後悔はしたくありません。

もう少し話を聞いてみたいと思ったまひるは、

お父さんのお骨を持つと、

彼について行くことを決めるのでした。

彼はまひるの手を取って、

葬式会場を出て行きます。

すると、彼は俺も昔同じことがあったから、

まひるの気持ちがわかるよと言ってくれたのでした。

すごく惹きつけられる雰囲気のある彼に本当に

ついて行ってもいいものかと不安になるものの、

まひるはこの人を信じてみたいと思うのでした。

着いてみると、彼の家はものすごい豪邸でした。

彼の名前を聞いてみると、

明智周(アケチアマネ)だと教えてくれるのでした。

お父さんが最後に残した言葉を思い出します。

アケチって・・・もしかして・・・!?

『明智家は溺愛をたくらむ』1話 感想

優柔不断のまひるにいつも選択肢をくれる明智くんの存在が

ミステリアスで興味深いです。

泣いていたまひるを葬式会場から連れ出してくれた明智くんが

頼もしくてかっこよかったです。

*まとめ*

『明智家は溺愛をたくらむ』1話のネタバレを紹介しました!

豪邸に住む明智くんですが、まひるとの関係はどうなって行くのでしょうか?

またお父さんの最後の言葉も気になります!

『明智家は溺愛をたくらむ』
今すぐ無料で試し読み!!