漫画ネタバレ

明智家は溺愛をたくらむ【ネタバレ4話】正夢

『明智家は溺愛をたくらむ』 突然の事故で父を亡くしたまひるは、資産家の明智家に引き取られ、溺愛されることになります。しかし、父は「アケチのことは信じるな」と最後に言葉を残したのですが・・・!?

高校を編入して時計職人を目指し始めたまひるは、指を怪我してしまいます。

それに気づいた怜は指先にキスをして、まひるにデートを申し込みますが・・・!?

『明智家は溺愛をたくらむ』4話のネタバレを紹介します!

『明智家は溺愛をたくらむ』
最新刊★独占先行配信

『明智家は溺愛をたくらむ』4話 ネタバレ!

「まひるさん、僕と結婚してくれませんか?」

嘘!、まさか怜さんが私にプロポーズなんて!?

というところでまひるは夢から覚めます。

怜からデートに誘われたまひるは、

デート当日にプロポーズされる夢を見てしまいました。

すると、ドアをノックする音がして、

周が部屋へと入って来ました。

執事の花崎さんが朝食が冷めるから早く食べるようにと

言っているようです。

それから「今日は誰かとどっか行くの?」と聞かれ、

本当は怜とデートなのですが、

その辺を散歩してみようと思ってると

誤魔化してしまうのでした。

周が出ていくと、まひるは着替えます。

初めて男の人からデートに誘われました。

怜さんはブランドの経営に関わっていて、

会社の中でも優秀だと聞いています。

エリートで大人の男性とのデートとなると、

何を着て行こうか迷いますがとりあえず、

家から持ってきた中で一番いい服を選びます。

待ち合わせは花屋さんの前です。

まひるが立って待っていると、

高級なスポーツカーが止まりました。

ドアが開くと花束を持った怜が降りてきました。

「まひるさん、来てくれてありがとう。どうぞ」

そう言ってバラの花束を渡してくれました。

まひるは感激してしまいます。

まるで夢を見ているようでした。

「まひるさんはバラがお好きですよね?」

どうやら前にここを通った際に、

まひるが花屋でバラを見ているところを

見かけたのだと言います。

まひるは知らないところで、

自分を見てくれていたのだと思うと、

嬉しくてポーッとなるのでした。

車に乗り込むとまひるは怜に質問をします。

「どうして私をデートに誘ってくれたんですか?」

すると怜は、ただ気分転換に楽しんでもらいたいだけですよ

と言ってくれるのでした。

ランチは三つ星で有名なフランス料理を提案されたまひるは、

今まで質素な暮らしをしてきて、

フランス料理なんて緊張してしまいます

とあたふたした様子を見せると、

怜はクスッと笑ってまひるさん可愛いと言ってくれるのでした。

そしてリラックスできるお店に行きましょうと言うと、

海を眺められるお洒落なカフェへと連れて行ってくれるのでした。

美味しそうに食べるまひるを見つめながら、

「まひると暁さん(まひるの父)を勘違いしていたようです。」

と怜は言いました。

まひるのお父さんは世界でも名の通った時計職人だったので、

資産に見合った生活をしているものだと思っていたのだそうです。

まひるは父に資産があること自体知らなかったのだと言うと、

お金に執着しないのは、職人らしいと怜は言うのでした。

まひるはお父さんを思い出して懐中時計を手に取ります。

「時計以外のことは不器用な人で、

母を亡くしてから上手く私と話せなかったのも、

今思えば父らしいと思うんです・・・」

まひるはこんな風に誰かと父の話ができることを

嬉しく思うのでした。

その時、怜の目つきが変わりました。

「その懐中時計いつも持っていますね」

これはまひるのお父さんが作ったもので、

子供の頃に誕生日プレゼントでもらったものなのだと、

まひるは言いました。

でもお父さんが亡くなった日、

病院で落としてしまってから秒針の音が聞こえず、

壊れてしまったかもしれないのですが、

まだ蓋を開ける勇気が出ないでいるのでした。

まだ本当の意味では、

父の死を受け入れられていないのかもしれない

とその時まひるは自分の気持ちに気づくのでした。

今まで優しかった怜の表情が固くなります。

そして「これまでに暁さんから時計の技術を

学んだりしたことはありますか」と質問をしてきます。

「子供の頃に一緒に時計いじりをしたくらいなら・・・」

まひるがまだ話終わらないうちに言葉を遮って質問してきます。

「何か特別な技術を学んだことは?」

そう聞いてくる怜の顔が真剣すぎて、

まひるには何か恐怖を感じ、返答に困ります。

「あ・・・子供の遊び程度なのでよく覚えてないです」

すると、怜はいつもの怜に戻り、

そうですかと言ってとニッコリと微笑むのでした。

今のは何だったのだろうと何かがひっかかりました。

食事を終えた二人は浜辺を散歩します。

まひるが父親を好きだということ怜は羨ましがります。

怜はどうしても父を信用できないのだと言います。

そういえば、

要も「ごめんね親父が強引で・・・」

と言っていたことがあったし、

怜さんも総司さんと折り合いが悪いのかなと

まひるは思うのでした。

「まひるさんは、うちの親父に不信感とかはないですか?」

そう聞かれたまひるは、

総司と花崎がヒソヒソと話していたことを思い出します。

織田、、、証拠、、、脅迫状、、、

返答に困ったまひるは、

砂に足をとられて転びそうになります。

すると怜がしっかりと抱き止めてくれました。

まひるは男の人がこんなにがっしりしていて、

力強いものだとは知りませんでした。

「すすすみません・・・」

「こう見えても意外と鍛えてるんですよ。

いくらでも頼ってください。

そう言われたまひるは胸がときめきました。

まひるは怜のようなお兄さんがいて、

要や周が羨ましいと言うと、

自分は良い兄なんかではないと否定します。

「昔、周にはひどいことを言ってしまったし・・・」

そう言って初めて悲しげな表情をするのでした。

怜さんもこんな顔をするのだと、

まひるは思うのでした。

どうやら明智家には色々と秘密が多いようです。

しかし、怜はまひるを人間関係に巻き込むのは

悪いと思ってと気遣ってくれているようです。

まひるは正直に自分の気持ちを伝えます。

「怜さんのことを少しずつ知れて嬉しいです。

今日はデートに誘ってくださってありがとうございます」

その時、冷たい海風が吹き、

まひるはブルっと体を震わせます。

すると、怜は着ていた上着を脱いで、

まひるに羽織らせてくれるのでした。

そして、真剣な目をした怜は、

じっとまひるの目を見つめると、

「結婚していただけませんか?」

そう言って、突然プロポーズをするのでした。

『明智家は溺愛をたくらむ』4話 感想

胸がときめくような素敵なデートコースでした。

こんなデート憧れます!!

*まとめ*

『明智家は溺愛をたくらむ』4話のネタバレを紹介しました!

怜について少しずつ分かってきたまひるですが、まだまだ秘密が多そうです。

プロポーズをされてしまいましたがまひるはどう返事をするのでしょうか?

気になります!!

『明智家は溺愛をたくらむ』
今すぐ無料で試し読み!!