ファンタジー

悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。【ネタバレ2話】ヒロインとしてちゃんと演じ切る!

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』 ギルドのエース・マデリーンは転生を繰り返し、93もの物語を悪役令嬢として盛り上げてきました。次の転生で昇格したら、スローな悪役ライフをと思っていたのに94回目でヒロインに転生してしまい・・・?!

悪役令嬢ギルドのエースである自分が

ヒロインに転生してしまった事実に落胆するマデリーン。

せっかくの昇格試験がよりによって宿敵のヒロインだなんて!

と投げやりになりましたが・・・?

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』2話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み!

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』2話 ネタバレ!

いくら宿敵のヒロインに転生してしまったからといってエースの誇りを

忘れては駄目だと思ったマデリーンは、ヒロインとして生き抜いてポイントを

稼ぐことに決めました。まず改めてストーリーの確認をすると、

この物語は王道のラブストーリーで、ヒロインは学園で王子と運命的な出会いを果たし、

王子の側近を無自覚に落としながら最終的には王太子妃となるお話です。

ありがちな学園ものの純愛物語で、王道は単純で助かるとマデリーンは思いました。

主なキャラクターは、ヒーローでこの国の王太子・シリル、悪役令嬢・ソフィーユ、

その他の主要キャラはヒロインに恋する当て馬、魔法科の生徒・セラと

王子の護衛騎士・ダミアン、教師のルーカスです。

この3人とのイベントはポイントに繋がるので詳しくチェックすることにしました。

しかし読めば読むほどヒロインは受動的な生き物で、

頼りなく可愛くて自分なんかにできるのだろうか・・・とマデリーンは少し不安になりました。

でも今まで相手にしてきたヒロインは全員覚えてるし、大丈夫・・・と

マデリーンは自分に言い聞かせました。

ーーー翌日、マデリーンは自慢の縦ロールを切り落としサラサラストレートヘアーで

登校しました。人のいないところでソフィーユに話しかけ、

どこまで状況を把握してるのか?と聞くと、マデリーンをリスペクトしている

ソフィーユは、律儀に挨拶をしてきて自分は何も知らないと話してきました。

本当に知らなさそうなソフィーユにシステム障害があったことを告げると、

「マデリーン様ともあろう方が、よりによってヒロインに堕とされるなんて!」

とシステム障害に怒りを露わにしました。

するとキラキラした目でマデリーンを見つめながら、自分はマデリーンのような

悪役令嬢になるのが目標で憧れなんだと言い、まさかこんな所で共演できるなんて

夢みたいですと拝んできました。

今回は昇格試験を兼ね備えた転生なので自分は正々堂々とヒロインを演じ切るつもりだと

マデリーンが本気さを露わにすると、ソフィーユは背筋を伸ばして自分も

シナリオを熟読してちゃんと虐めますね!とヤル気を見せました。

ヒロインとしてこの世界を生き抜くにはソフィーユと協力するしかないと

思ったマデリーンは、「よろしく」といてその場を去りました。

その後、あっさりと王太子のシリルと会うイベントが発生し、挨拶をして

たわいもない話をするだけで好感度が簡単に上がって行きました。

たったこれだけで好感度が爆上げなのにマデリーンは若干引きながら、

悪役令嬢は見つめると悪だくみを疑われるのにヒロインはチョロいんだなと

思って驚きを隠せません。すると2人の間にソフィーユが「お待ちなさい!」

割り込んできました。これで2人の関係が良好でないことを周囲にアピールが

できるのでソフィーユにもポイントが入ったはずだとマデリーンは思いました。

次は午後の魔法実習でのイベントで、ここでマデリーンはシリルへ突撃することに

なっています。無遠慮で魔法を教えてくれないか?と頼むと、優しいシリルは

すぐに快諾してくれました。しかし、そこはソフィーユも譲りません。

しかし悪役令嬢慣れしていないソフィーユは予想を超えて演技力ゼロで、

「泥棒猫」なんてありきたりな古臭い言葉を言われてついつい笑いそうになってしまいました。

まぁソフィーユは下手だけどちゃんと役割だけは果たしているし、最初は

混乱したけど物語が始まってしまえば順調そのものだし、

このままシナリオを追うだけだからまぁいっかとマデリーンは軽く考えることにしました。

シリルと結ばれてハッピーエンドを迎えるだけだし、このまま煩わせるようなキャラは

現れないでほしい・・・そう思っていると、

この学園の教師としてなんとナビゲーターだったリオルドが現れたのです・・・!

 

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』2話 感想

ソフィーユが悪役令嬢慣れしてなさすぎて全然悪い人じゃないので

そのギャップが可愛くて笑けます(爆笑)。まぁ、ちゃんと物語は読んでいるので

要所要所で出て来てくれてマデリーンとしては助かってるのですが・・・。

しかし、王子の好感度上がるの早くて引くほどなんですけど!

ヒロイン役ってこんなにチョロいんですか?!(汗)

これならすぐにこの物語クリアして昇格試験合格しそうだなと思うんですが、

ここに来てなんとリオルド登場!ナビゲーターの彼がなぜここに!?

まだまだ展開が読めないし、面白くなってきました!!

*まとめ*

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』2話のネタバレを紹介しました!

なんで教師役としてナビゲーターのリオルドがいるの!?

次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。』
今すぐ無料で試し読み!!