ファンタジー

悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。【ネタバレ6話】ただ想う恋もある

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』 ギルドのエース・マデリーンは転生を繰り返し、93もの物語を悪役令嬢として盛り上げてきました。次の転生で昇格したら、スローな悪役ライフをと思っていたのに94回目でヒロインに転生してしまい・・・?!

本日のイベントは「効果後ダンスレッスン」。ソフィーユのイジメから始まった

このイベントは最初とてもスムーズだったが・・・?

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』6話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み!

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』6話 ネタバレ!

ダンスレッスンのイベントは婚約者(悪役令嬢)のる王子がヒロインへの想いを

募らせるという、いじらしくもどかしい場面で

その陰でシリルのお付きのダミアンの不憫さも加速していきました。

リオルドにダミアンともっとコミュニケーションを採ればポイントが

稼げたのにと言われましたが、報われないヒロインへの恋心を抱いて一生を

棒に振るダミアンが不憫すぎて、これ以上思わせぶりはできないとマデリーンは答えました。

するとリオルドは「ただ想う恋もある」と言って、

何を報いとするか何が報いとなるのか時に恋に落ちた本人すら掴めないものを

他人に測ることなどできないと話しました。

好きな人が幸せならそれでいいと願う人間もいると言われ、そういうものなのか・・・?

とマデリーンは思いました。

ーーー波に乗ったヒロイン活動は学園内にとどまらず、

父親の借金で苦しむ家計を助けるためにバイトに勤しんだり、その様子を

ソフィーユが見に来たり・・・そして、バイトの店の外ではダミアンが働いている

マデリーンを隠れて見に来たりしていました。(ストーカー)

声もかけず見つめるだけの恋をされているマデリーンは、リオルドが言った

「叶わぬ恋が悲恋とは限らない」という言葉を思い出し、

リオルドもまたそんな恋をしたことがあるんだろうか?と思うと、

少し胸がズキっと痛みました。

バイトを終えて帰ろうとすると、酔っぱらったモブに絡まれてしまいました。

そうだ!このシナリオはダミアンが助けてくれる場面だった!と思い出した

マデリーンは、バイトを覗きに来たあの時に声を掛けていなければならなかったんだ・・・

と焦りました。自分で何とかするしかない!と必死に抵抗していると、

「それ以上近づいたから死にますよ」と言ってリオルドが現れ、

魔法で酔っ払いを追い払ってくれました。

ダミアンがいないと危ないってこと忘れてましたよね?と聞かれ、

警戒はしてたけど・・・とマデリーンはギクッとしながら言い訳をしました。

絡まれるのがヒロインの性なんだから気をつけるようにと言って

リオルドはマデリーンの手を引いて歩きます。

わざわざ迎えに来たのか?もしかしてずっと見てたのか?と聞きますが、

リオルドはまったく答えてくれません。

協力すると言った手前仕方なく・・・?よく分からないリオルドに

マデリーンはモヤモヤしました。

ーーー翌日のイベントは空き教室に閉じ込めっれたヒロインを救う見回りの教師という

シナリオです。また今日もリオルドに助けてもらわないといけないとマデリーンは

ソフィーユに閉じ込められながら憂鬱でした。

少し考えたマデリーンは、リオルドはサポート役という体で協力してくれてるけど、

そもそも演者でもないただのナビゲーターなので、

絡んでもポイントはつかないから自分でここから脱出した方がよくない?と思い、

窓を開けました。窓の外に出て、屋根伝いに歩いているとその姿を発見した

シリルに「どうしてそんな所にいるんだ!?」と声をかけられました。

下から受け止めるから飛び降りておいでと言われ、

これで調子もポイントも取り戻せると思ったマデリーンはシリルに向かって飛び降りました。

身を挺してキャッチしてくれたシリルにお礼を言うと、

「なぜ教室にいないんだ?!怪我は?!」シリルの姿に気付いてない

リオルドが真っ青になって駆けつけ、マデリーンを抱きしめました。

横にシリルがいるのに気づいたリオルドはハッとして、冷静な顔になり

王城から呼び出しがありましたよとシリルに言いました。

2人きりになって気まずいな・・・とマデリーンが真っ赤になりながら思っていると、

「イベント端折りましたね?ポイント稼げたのに」と睨まれました。

リオルドとの絡みにポイントがあるとは思ってなかったとマデリーンが返すと、

すでに決まってるイベントならポイントは発生すると説明されました。

本気で心配したような顔をして縋るみたいな力強さで抱きしめてきたのに、

これは演技だったの?それとも本心・・・?マデリーンはますますリオルドのことが

分かりません。やっぱり何事もリオルドが絡むと調子狂うな~と思いながら、

マデリーンは助けてくれてありがとうとお礼を言ったのでした・・・。

 

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』6話 感想

「ただ想う恋もある」ってなんだか重みを感じたんだが・・・

リオルドは過去にそういう恋愛をしたのか?それともそれはマデリーンに対してなのか?

分からないけど、なんだかドキッとしてしまいました。

このままいい感じになっちゃえばシリルからリオルドは嫉妬され、

何か違うイベントが発生して予想だにしないことが起こりそうだな~と思うのですが、

イベントや物語は変わらずそのまま進んでいくのだろうか?そこも気になるところですね。

*まとめ*

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。 ~キャラギルドの派遣スタッフは転生がお仕事です!~』6話のネタバレを紹介しました!

あの心配や言葉は演技?それとも本音・・・?レオルドの表情や言葉、そして行動に

いつもドキドキしてしまうマデリーン。調子が狂うな~・・・!

次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢、94回目の転生はヒロインらしい。』
今すぐ無料で試し読み!!