ファンタジー

悪役令嬢は夜告鳥をめざす【ネタバレ2話】まずは図書館へ情報収集

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』転生少女もののネット小説の世界に転生してしまった主人公。原作の主人公と同じように行動できるわけない!そう思った主人公は、この世界の夜告鳥(ナイチンゲール)を目指すことにして・・・?

前世は看護師だった主人公。まだ医療が発展してないこの地で心肺蘇生法を

行い、少年が息を吹き返すと周りから拍手が彼女に送られ・・・?

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』2話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』2話 ネタバレ!

さっきの事故に咄嗟に首を突っ込んでしまったけれど、

もしかしてあれは何かのイベントだったのだろうか?と思いながら

リーゼリットは屋敷に戻りました。

ある日、執事から王家主催のお茶会が急遽開催されるとのことで招待状が届いたと

渡されました。転生してすぐにいきなり王都での社交デビューは

リーゼリットにとって難題でしかありません。

ロータス家に恥じないような振る舞いをしなければ・・・そう思ったら即行動!

王都で仕立てたドレスや小物の整理に行くことにしました。

そしてまずは情報収集のために図書館に行くことにし、

それと事故で少年が搬送された病院も調べることにしました。

翌日、国随一の蔵書数を誇る王立図書館に足を運んだリーゼリットは心が躍りました。

医療系統の書物が見たいと言うと侍女が案内してくれました。

本を開けると異国の言葉だらけで全く読めません。

でも、比較的最近発行された異国の書物が並んでいるところを見れば、

他国の医療を積極的に吸収する風土があることが分かり、

自国の本で多いヘネシー著書の分野が多岐にわたっていることから、

外科医や内科医といったくくりがないのかもしれないと思いました。

しかしその中に看護に関する書物は1つもなかったのです・・・

ここの医療水準がどの程度かを知りたかったのですが、この大量の異国の書物をどうやって

読み解けばいいのか・・・リーゼリットが困っていると、

後ろからモノクルをつけた初老の男性が声を掛けてきました。

男性は名前をヘネシーを名乗ったので、

もしかして医療書のヘネシーさんですか!?

と聞くと、男性はそうですよと答えたので、

いきなり自国医療の第一人者に出会えたリーゼリットは驚きを隠せませんでした。

 

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』2話 感想

転生してすぐに王宮にお茶会に呼ばれるのは恐れ多いですね・・・

しかし、こちらの記憶は全部ないとはいえ由緒正しき家の令嬢として

引き受けなければなりません。ドキドキするけどリーゼリットは前向きで

好奇心旺盛なのでなんとかやり切りそうです。

そして図書館でこちらの世界の事を調べようとしますが、文字がなんせ読めない!

これは死活問題ですね(汗)。医療書だけはなんとか雰囲気で読めそうですが、

看護に関する書物は1つもないようです。

ということは、まだこの世界では看護師さんはいなかったってことですね!

医療書の著者ヘネシーが奇跡的に現れましたが、これからどうなっていくのでしょうか?

*まとめ*

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』2話のネタバレを紹介しました!

医療書の著者ヘネシーの登場でリーゼリットは現在の医療の事を知る上で

大事な書物のことを教えてもらおうとするが・・・?次回の話の続きが気になります!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』
今すぐ無料で試し読み!!