ファンタジー

悪役令嬢は夜告鳥をめざす【ネタバレ7話】あなたの未来を絶対救うから!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』 転生少女もののネット小説の世界に転生してしまった主人公。原作の主人公と同じように行動できるわけない!そう思った主人公は、この世界の夜告鳥(ナイチンゲール)を目指すことにして・・・?

ヘネシーの屋敷に向かったリーゼリットは、そこで膨大な教材を読むことができました。

そこで紹介された息子・セドリックは聞いていた話とは違い、とても優秀で・・・?

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』7話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み!

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』7話 ネタバレ!

セドリックを自分の屋敷に連れ帰ったリーゼリットは、

早速ヘネシーに語学の家庭教師をセドリックにしてもらうようにしたと

いった報告と、2人の誤解やすれ違いを解くためには少し時間を置いて

話合いが出来ればいいと思っていますといった内容を書いて手紙を送りました。

なんだかんだ面倒見のいいセドリックに勉強を見てもらっていると、

本の紙でリーゼリットは指を切ってしまい、少し流血してしまいました。

するとそれを見たセドリックはみるみる青ざめ、その場に倒れてしまったのです!

目が覚めたセドリックにリーゼリットは、もしかして医者の道を諦めた理由は

血が苦手だからか?と聞きました。そう聞かれたセドリックは、

幼い頃ヘネシーの手術の現場に連れていかれてそこからトラウマなんだと答えました。

前世でも同じように血を克服できず、現場を退いた人もいたな・・・と

リーゼリットは思いながら、けれどセドリックの頭の良さは勿体ないと考え、

血を見ない医者なんていくらでもいるし、薬理学・生物学・微生物学などでもいいじゃない!と言いました。

確かにヘネシーのような総合的な医師も必要だが、それが叶わないというなら

その背中を追う必要なんてないし、国内初の専門医になればいいのよ!

リーゼリットが言うと、セドリックは驚いた顔をしたのでした。

ーーーその頃、ギルベルトの元には血のつながりのない令息をリーゼリットが

宿泊させているという報告が入り、このままでは兄の記憶が戻る前に

リーゼリットの評判が血の底まで落ちてしまうのではないかと懸念していました。

レスターも相変わらず統計学の家庭教師として屋敷にやってきていましたが、

あれから変ったのは「前髪」でした。リーゼリットに指摘されてから

レスターは髪の毛を切り、リーゼリットに好意のまなざしをいつも向けてきます。

ゲームの攻略キャラだったと気付いたときには、時すでに遅し・・・

勉強中に向けられる熱い視線がきつくて、休憩と言って部屋を飛び出すと

なぜかそこにギルベルトが・・・!

地獄に仏とはこのことかと思ったリーゼリットは

「お会いしたかった!」と言ってギルベルトに抱き着きました。

自分とひととき一緒に居てくれと涙目で訴えると、ギルベルトは真っ赤になりながら

お前がそこまで言うならいてやらんこともないと言いました。

どうして屋敷に男を宿泊させてるのだ?と聞かれたリーゼリットは、

かくかくしかじかで・・・と説明をしました。

ギルベルトは知りませんが、これから訪れる国同士の戦いには

一回の小娘がどうもできないほどのことが起こります。

ストーリーを既に知ってしまっているリーゼリットは、ギルベルトの身の上に起こる最悪な

出来事は回避したいと考えていました。

お前の夢がそれなら応援すると言われたリーゼリットは、素直に嬉しく

「ありがとう」とお礼を言ったのでした。

 

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』7話 感想

なるほど~!!セドリック医者になれないのは、「血」が苦手だからだったんですね!

分かります~・・・私も血が苦手で看護師諦めた1人なので・・・。

でも確かにリーゼリットが言っているように、総合的な医者でなくても

色んな分野で活躍している医者はいるし、そういう血を見ない所なら

セドリックの頭の良さを生かせるなと思いました。

そして、ギルベルトは他の男と仲良くしているリーゼリットのことを

思うと気が気じゃないようでしたが、自分のために頑張っていてくれてるのを知り、

まんざらでもない様子♡なんだか可愛い・・・♡

これからの話の展開期待しちゃいますね♪

*まとめ*

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』7話のネタバレを紹介しました!

ギルベルトの未来を絶対救うことを誓ったリーゼリット。

沢山勉強して立派になろうと努力していきますが・・・?

次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢は夜告鳥をめざす』
今すぐ無料で試し読み!!