漫画ネタバレ

悪役令嬢は暗殺者を誘惑する【ネタバレ2話】ハグの時間

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』公爵令嬢・ヴェラルデは、父親を狙った暗殺者の少年・ノインの命を助け「仲間にならないか?」と誘惑する。前世の記憶をもとに悪役令嬢の仮面をかぶった彼女は・・・?

ノインは魔道具を使って黒髪も目も茶色に変え、公爵家にヴェラルデの側近をして

潜入することになり・・・?

 

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』2話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』2話 ネタバレ!

ヴェラルデは、1日1階はお互いが決して裏切らないというハグをしようと

ノインに約束させました。抱きしめ合うのがこんなにも落ち着くものだったんだと

愛のない家庭で育ったヴェラルデは思いました。

1年後ヴェラルデは13歳になり、お金を稼ぐために偽名で平民向けの料理のレシピ集

売り出しました。売上は好調でまとまったお金になり、ヴェラルデは遣り甲斐を感じました。

今世の世界には「美味しい食事」にこだわりがないのか、どれも大雑把な味付け

だったのが気になっており、食事改革できれば美味しい食事とお金が

手に入るかもと考えたヴェラルデの読みは当たりました。

前世の記憶から得た情報で自分のお金を稼ぐことにし、次にノインに調べてもらったのは

高級志向のドレス工房でした。

高級志向にもかかわらず平凡な出来だということであっという間に閑古鳥になってしまった

その店をヴェラルデは買い取ることにし、使用人の叔母がとてもセンスのいい

針子だったようで今は引退したと聞いたので彼女を専属のデザイナーにしました。

それからさらに1年が過ぎ、ヴェラルデの店は大繁盛で先行投資で減らした財産分も

取り戻すことに成功しました。直ぐに商売を成功させてしまうヴェラルデに、

ノインは「お嬢様って何者なんですか?」と驚きを隠せません。

そんなノインに自分は少し生まれが恵まれていただけの少女よと言って

ヴェラルデはフッと笑い、「今日のハグの時間よ!」と腕を広げて

ノインを待ち構えました。使用人としての物腰は板についてきたものの、

ハグの時になるとぎこちないノインが可愛いと思いながら、

今日1日をお互い労ったのでした。

その数日後、あのマザコンで自己中な兄が領地より戻るという知らせが届いたのです・・・!

 

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』2話 感想

最先端で働いていた前世の記憶がヴェラルデにはあるので、

今世ではまだないものばかりだし、暮らしやすさや少しのアイディアを出せば

それが「斬新」やら「新鮮」と捉えられて、瞬く間に流行っていて儲けれるんだなと

思いました。賢い生き方ですね~着実に財産を増やして行ってるので計画通りですね。

ハグの時間で恥ずかしがるノインが可愛すぎる・・・♡キュンキュンします!

5年待っての内の2年が経ったなんて早すぎ!あっという間です。

*まとめ*

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』2話のネタバレを紹介しました!

あのマザコン自己中の兄が領地から戻ってくることに!

一体どうなる?!次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/