漫画ネタバレ

悪役令嬢は暗殺者を誘惑する【ネタバレ3話】あの兄が帰って来た!

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』公爵令嬢・ヴェラルデは、父親を狙った暗殺者の少年・ノインの命を助け「仲間にならないか?」と誘惑する。前世の記憶をもとに悪役令嬢の仮面をかぶった彼女は・・・?

あの兄が領地から帰ってくることに!領地館で次々に女性に手を出しまくって

問題を起こした兄は強制的に連れ戻すことになったと聞かされ呆れたヴェラルデは・・・?

 

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』3話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』3話 ネタバレ!

兄・ハイラムは屋敷に久しぶりに戻ってヴェラルデを見るなり嫌味を言ってきて、

それに嫌味返しをしてくるヴェラルデに手を上げようとしてきました。

そんなハイラムをノインは羽交い絞めにして抑え込みました。

ヴェラルデはざまぁ見ろといった顔をしながら、

ノインを紹介し、前の様に怯えているだけの自分でない事を示しました。

王都に帰って来てからもハイラムは遊び周り続け、さすがに父親に注意を受けました。

しかし、父親も父親で開いての女性たちに有力者が多いので

情報を引き出せそうだとハイラムの女遊びを黙認することにしたようだと

報告を受けたヴェラルデは「最低!」と怒りを露わにしました。

その中にマルレ夫人という高級娼婦から伯爵の妻にまでのし上がり、

数年前に夫を亡くした未亡人がおり、父親の愛人でもあるが

それを知りながらハイラムも関係を持っているという情報をノインが掴んできました。

父親はまだ気づいていないらしく、放って置けば公爵家の醜聞になりそうだと

ヴェラルデは頭を抱えました。

それからというもの、ハイラムと関係を持った令嬢たちがヴェラルデが

浮気相手だとなぜか勘違いして押し寄せてくるという状況になり、さらに頭を抱えました。

親子そろって遊びまわって散財しているはずなのに金回りが悪い様子がないので、

何か裏があるってそれをノインは知っているんだろうな・・・そうヴェラルデは思っていました。

おそらく金の出所とノインは関係があり、お互い不利な情報は共有しない

約束だから言及は出来ませんでした。

色々手を打つ必要があると思ったヴェラルデは、

明日の夜に悪い大人から誘われた仮面舞踏会があるので利用することは可能だと考えました。

どうするんだ?とノインに聞かれたので、

「あなた彼女(マルレ夫人)を誘惑してらっしゃい!」と命令したのです!

彼女の口から父親たちの話題を聞き出すように言い、

金払い見た目のいい親子を手玉に取って遊びの一環で楽しんでいた彼女には

そろそろ大人しくしてもらいたいわと不敵な笑みを浮かべました。

ついでにマルレ夫人に色々教わって女慣れするといいわとヴェラルデが言うと、

ノインは怖い顔で「そんな練習はいらない。俺にも選ぶ権利はある」と返してきました。

怒らせてしまったと反省したヴェラルデは、ごめんなさいと素直に謝り

ノインは女性には奥手なのに嫌な役をさせてしまって悪かったわと言いました。

するとノインは「いや・・・問題はそこじゃない」と返しながら、

意図は分かったけど夫人と関係するのはご免だし、

それに自分なりのやり方でやらせてもらうと話しました。

随分守ってもらったノインに、5年の期限付きだけど彼の

存在が想像より大きくなってしまった・・・と思いながら、

ヴェラルデはノインに抱き着きついたのでした・・・。

 

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』3話 感想

マジで脳足りない兄だよなぁ・・・こんなんが次期当主かと思ったら、

この公爵家に未来はないよ(苦笑)。まぁ父親も父親でマジでゲスいから

ヴェラルデは早くこの家を出て独立した方がいいなと思いました。

それまでに今5年間かけて計画を実行中なんだけど、頭がよすぎて読んでて面白い。

ノインもいい子なので、2人は信頼し合って色んなことをこなしていきます。

この関係が5年で終わるとは思えない・・・5年が終わったら、

どうか2人で幸せになってほしい・・・でもそんな簡単じゃないのは

分かってるけどって思いながらも、2人の幸せを願っちゃいます。

ノインがただの暗殺者じゃなければいいなと勝手な想像ふくらみ中・・・。

*まとめ*

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』3話のネタバレを紹介しました!

仮面舞踏会に参加して、作戦通りマルレ夫人に近づいたノイン。

さてどうなってしまうのか?次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢は暗殺者を誘惑する』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/