ファンタジー

悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)【ネタバレ】泥のパック

『悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)』 美しき悪女・セレスティーヌ。王子に捨てられ禿げデブオヤジと嫌がらせ結婚をさせられるが、転生前に枯れ専だったセレスティーヌは夫が愛おしくてしょうがなくて・・・・?!

宰相に取り入ろうとしたクララ。きっかけを作るためにわざと躓いたふりをして、

ワインを引っかけるが・・・・?

 

『悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)』ネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)』ネタバレ!

ワインを引っかけてしまったクララは宰相に必死で謝り、

潤んだ瞳で「よろしければ2人きりになれる場所でじっくりお詫びしたいのですが」

と言いました。よし!これで引っかかった!クララはそう思いましたが、

宰相の反応はそれと真逆でした。

キレた宰相はワインを掛けられたと思ったらなれなれしく触ってきて

一体どこの娘だ?とクララを睨みました。

お前の父親が今の爵位でいられると思わぬことだなと言われてしまい、

クララは自分のしでかしたことの重大さが分かり、青ざめました。

するとその時・・・セレスティーナが「お待ちください」と言ってこちらに

やってきました。するとクララに向かって冷たい視線を向けると、

「よくも私の前でベタベタと旦那様にセクハラしてくれたわね。」

と怒りを露わにしました。その場にへたり込むクララに周りの令嬢たちの

「みっともない」「物まねばかりして偽物ばかり着飾って」

「子爵の家柄で張り合うなんて愚か」という言葉が飛び交いました。

肩をガックシ落とすクララにセレスティーナは、

「私・・・泥棒猫とは徹底的に戦うと決めてるの。」と言い、

でも少しやりすぎたからお詫びに代わりのドレスを贈るわと言ってきました。

どういうこと・・・?クララが顔を上げると、

あなたにはパステルカラーのドレスの方が似合うと思うと笑顔で言ってきました。

でもそんなのをセレスティーナは着ないし、それではあなたになれません!と

クララが涙しながら言うと、セレスティーナは

「私だってふわふわのドレスも着たいのよ?

でも似合わないから着ないだけ。人それぞれの良さがあるんだから

無理して着たり合わせたりしないでいいんじゃない?」

と言いました。そしてお肌が荒れてしまっているクララに

「極秘ルート」から手に入れた泥パックが入った小瓶を渡すと、

これで毎晩パックすれば理想のお肌になれるわよと言いました。

周りの令嬢たちも美しいセレスティーナも使ってるパックなら

自分達も使ってみたい!と購入申し込みが殺到しました。

ーーー1ヵ月後、すっかり自分らしいファッションに身を包み

笑顔が素敵になったクララが今日はセレスティーナに誘われた

茶会にやってきました。なんだかあの時までセレスティーナと張り合えると思ってた

自分が馬鹿みたいに思えましたとクララは言うと、

社交界の顔であった祖父の影に隠れてしまった両親に「社交界の華」となれと

言われて生きてきたんだと話し始めました。

それで社交界の華として理想的だったセレスティーナに憧れて恰好を真似をするように

なりましたが、真似をすればするほど自分にはないものをまざまざと見せつけられ、

憧れはいつしか嫉妬に変わってしまったと言いました。

クララはそこまで話し、しんみりするので話題を変えて

あの泥パックを友人が欲しいと言ってるのだがどうしたら購入できるのか?と

セレスティーナに聞きました。実はあの泥パックは孤児院の子供たちが送ってくれた

「泥」で作ったものでした。

科学の発展してないこの世界では大気汚染で酸性雨が降る事はなく、

どこの土壌だろうがミネラルをたっぷり含んだ土が採れるのを知っていた

セレスティーナは、孤児院の可愛い子供たちのいい小遣い稼ぎにでもなればいいなと思い、

月額金貨40枚の定期購入なら譲る事ができるわとセレスティーナは言いました。

最近雰囲気が変わったクララに「もしかして素敵な恋でも見つけたのかしら?」

とセレスティーナが聞くと、クララは満面の笑みで「それはもう素敵な恋を見つけました。」

と言いました。とても一筋縄ではいかない人ですがとても華やかで目を引くその人に

惹かれてるんですとクララは嬉しそうに話すのでした・・・。

 

『悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)』感想

宰相もセレスティーナしか愛してないし、他の小娘なんて眼中にないですよね~。

だからこそ気にも留めてない相手にはめちゃんこ冷たいし、

怖いオジサマだということが今回よく分かりました。

そしてセレスティーナも今までクララのこと相手にしてなかったのに、

宰相にちょっかい出したとなると黙ってられないみたいです。

いきなり感情を露にしましたね~。本当2人ラブラブなんだから♡

クララは良い子になってセレスティーナに恋する乙女に大変身です。

本当に男性からも女性からも人気のセレスティーナ。素敵だわ♡

まとめ

『悪の華道を行きましょう~百合の華道を進みましょう(後編)』ネタバレを紹介しました!

自分にたかってくる蝿たちはどうでもいいけど、愛する旦那様にちょっかい出す

虫には徹底的に制裁を加える・・・次回の話の続きが気になります。

『悪の華道を行きましょう』
今すぐ無料で試し読み!!