ファンタジー

悪役令嬢(仮)の奮闘【ネタバレ2話】ヒロイン登場!

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』 侯爵令嬢のレベッカは、卒業式前夜に前世を思い出す。どうやらここは聖女候補の男爵令嬢・シャーロットをヒロインとする乙女ゲームの世界のようで・・・?!

ダンスホールの一角で繰り広げられているのは、とある恋愛劇場。

主演はヒロインのシャーロットで・・・?!

 

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』2話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』2話 ネタバレ!

王子でまだ婚約者のギャレットとシャーロットが、

ダンスホールでいちゃついているので(ギャレットはなんだか困っている様子)

レベッカはそれを遠目で見ながら”面倒くさいことになってるなぁ~”と頭を抱えました。

シャーロットの評判ですが、「頭のおかしい聖女候補」

「虚言癖ありの不思議ちゃん」と周りからは言われており、

皆よく思っていませんでした。

婚約者のレベッカの前で2曲目のダンスに突入した彼らを、

(社交界では婚約者だけが続けて2曲目を踊れるという決まりがある)

どうしてやろうか?とレベッカは色々考えました。

曲を止めればいらぬ注目を浴びることになるし、

事を荒立てる必要もないから知らぬふりで終わらせたいと思いながら近づくと、

ギャレットの周りを未来の側近候補たちがスキャンダルを最低限に

抑えるための目隠しのためか、レベッカの前に立ちはだかりました。

しかし、ここで引けば公然と喧嘩を売られても反論すらできない女だと認識され、

社交界では生きてないし、シャーロットの自分勝手な行動のせいで

周りの人間に不利益しかない状況が今まさに出来上がってしまっているのです。

でもレベッカは婚約破棄して領地に引っ込もうと考えているので、

それは放置しておけばいいと分かっています。

だけど売られた喧嘩は買う主義で、面倒くさいのでさっさと片付けることにしました。

まず2人のダンスを褒め、ギャレットが可愛い嫉妬に身を焦がす

婚約者をなだめて仲直りをし、醜聞は婚約者同士の微笑ましい痴話喧嘩に

すり替わるようにとレベッカは言葉を選びながら2人に向かって話しました。

すると・・・「今頃媚びたって遅いんですよ!」とシャーロットが言い出し、

ギャレットがレベッカと婚約破棄するつもりなんだからと暴露してきたのです!

国王も御前であまりにも場所と立場をわきまえていなさすぎる

シャーロットの発言に驚きながら、ここまでくると

自分の保身のためにもシャーロットに助け舟を出そうか・・・と

レベッカは今の言葉のすべてを取り消して謝罪してくれたら、

この場で事実を暴くことはしないと言いました。

その忠告もシャーロットは聞き入れず、

「意地悪をしてきたんだから謝罪するのはそっちだ!」と言い、

とにかくギャレットは自分に求婚するんだからね!と堂々と宣言してきました。

ツッコミどころが満載すぎる・・・そう思いながら、

「聖女」だと勘違いしているようだが、まだ今は「聖女候補」なだけであって

何身分が上の貴族に対して何を言ってるんだと呆れてしまいます。

こんな子にこの後ギャレットが求婚するのが甚だ疑問だ・・・

レベッカはそう思いながら、シャーロットに訂正するチャンスは充分与えたので、

ここからは婚約破棄を勝ち取るために反撃の狼煙を上げることにしたのです!

まずは卒業パーティーという公の場でこのような問題が発生してしまったことを

国王に詫び、シャーロットから謝罪の言葉も何もないので、

ここで自分の身の潔白を証明するための時間が欲しいと国王にお願いしました。

国王がそれを許可してくれたので、シャーロットに対して

「意地悪をした」と言われたが、それは貴族のマナーとして

ごく一般的な指摘しかしていない事、

常識がないだけではないか?と言っただけだと正論を述べました。

するとシャーロットはこの期に及んで

「イジメというのは受けてがそう感じた時点で成立するんだ!」

反論してきました。ちなみにギャレットが送った贈り物を売ったり

何かしていたというのは本当ですか?とレベッカが聞くと、

シャーロットはギクッとした顔をしました。

その事はレベッカの下についている「影」たちに調べさせており、

その事を問いただすと「だったら何なのですか?」と

シャーロットは開き直りました。その他色んな件に関して

何か勘違いしているようだけど、シャーロットのような下級生を

正しい道に導くことが出来なかった自分を

ギャレットは王妃に相応しくないんだと感じたから婚約破棄を

しようとしてきたんですねとレベッカは言いました。

婚約破棄に関する否定の言葉もなかったので、大変重く受け止めていると

レベッカは言い、

「この上は謹んで婚約破棄をお受けし、父の管理する領地で

静かに暮らす所存でございます。」

自ら婚約破棄を申し出たのです!

王子妃候補を降りる理由としてはこじつけに近いが、

しかし貴族社会にいる以上、上位者として責任をとるという自分を

引き止めることも難しいだろうとレベッカはやり切った気持ちになりました。

レベッカとしては家名に傷がつかず、無事に婚約解消ができてよかったし、

ギャレットのおとがめも多少軽くなるので

この流れは上場と言えました。

シャーロットを王子妃に相応しい人間に育てたいと言うほど惚れているのであれば、

それはそれで頑張ったらいいとギャレットについてはそう思いました。

この件に関しては改めて話し合いの場を設けるとして、

事実確認も必要であるためこの場はこれで解散だと王命が下り、

一先ず卒業パーティーはお開きになったのでした。

 

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』2話 感想

あぁ・・・ヒロイン・脳足りんのシャーロット・・・。

これは賢いレベッカに敵うはずありませんよね(苦笑)。

結末だけ知ってる感じの転生者?なのかもしれないですね~。

先々のことを言いすぎてギャレット困ってるやん!

え?!俺婚約破棄することこいつに話してたっけ?!みたいな

顔してるやん!バカな女だね~。ギャレットの作戦も不発に終わらせ、

墓穴を掘るだけになったこの状況シャーロットは分かってるのかな?

めちゃくちゃ自分に分が悪いよこれ(笑)。

*まとめ*

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』2話のネタバレを紹介しました!

国王は婚約破棄を申し出たレベッカの申し出を一旦受け入れ、

パーティーを解散し、後日ちゃんと話す場を設けることにしてくれて・・・?

次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢(仮)の奮闘 異世界転生に気づいたので婚約破棄して魂の番を探します』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/