漫画ネタバレ

甘やかしてね猫だから【ネタバレ6話】一緒にキャンプ行きませんか!?

『甘やかしてね猫だから』 恋も仕事も上手くいかない小春は、限界人間の日々を送っていました。もう人間を辞めたいと思いながら眠り、目を覚ました小春は突然ネコの姿に変わってしまい・・・!?

佐伯小春は、恋愛経験豊富な柊に湊くんのことを相談しようと退勤後に二人で会います。

しかし、偶然湊くんが二人を見かけてしまい心を乱してしまうのですが・・・!?

『甘やかしてね猫だから』6話のネタバレを紹介します!

『甘やかしてね猫だから』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『甘やかしてね猫だから』6話 ネタバレ!

”俺の姉ちゃんが”という話をたまに聞く程度でした。

今度の遠征の帰りは、晃の姉ちゃんが車で

迎えに来てくれることになりました。

あんな遠くまで迎えにきてくれるなんて、

なんてお人好しなんだと湊は思うのでした。

晃がいきなり写真を撮ってきました。

クラスの子に頼まれたと言うのですが、

湊は嫌だと言ってすぐに消去します。

遠征が終わると晃の姉である佐伯小春

車で迎えに来てくれました。

遠征お疲れ様!荷物載せるから貸して!

と小春が言います。

湊は”荷物重いんで手伝います”

”休みの日にこんな遠いところまでありがとう”

と伝えたいのに出た言葉は、

・・・すみません

だけでした。

これでは言葉が足りない・・・

そう湊が思っていると、

小春は笑顔でいいえ!と言うのでした。

その時、

湊は小春が全部汲み取ってくれた気がしました。

晃は後部座席で爆睡しています。

これ、さっき買ったので、良かったら

と言って湊は運転する小春に、

ペットボトルの飲み物を渡します。

すると小春は、

喉乾いてたの、もしかしてバレてた?

と言って顔を真っ赤にします。

有り難くいただくね

と小春に言われた湊は、

大人っぽくない人だなと思って

ふはっと笑顔になれるのでした。

湊くんも疲れたでしょ、寝ていいよ

と小春が言います。

助手席に座っている湊は、

いえ、せっかく運転してもらってるのに、

隣で寝るのは申し訳なくてと言います。

ありがとう。

さっきから優しくしてくれて、

湊くんが好かれる理由がわかった気がする

と言って小春が笑います。

小春は弟の晃から、湊がモテると聞いていたのでした。

しかし

”湊って顔だけだよね”

”淡々としてるって言うか”

”女の子に全くなびかないし”

”感情ないんじゃない?”

”まあそこもいいんだけどさぁ”

と学校では言われているのでした。

でも、小春さんと一緒にいると、

心地よい・・・

暖かさをくれるこの人に優しくしたい・・・

そんな時、小春があくびをしました。

俺、ガム持ってますと湊が言うと、

ほんと?もらってもいい?と小春が言います。

はいっていつも母さんに渡すみたいに

やってしまいました・・・

小春の口元に板ガムを近づけると、

小春はパクッと食べてくれるのでした。

その瞬間、湊の鼓動が高まります。

ドキン、ドキン、ドキン・・・

自分だけがドキドキしていて、

小春はなんとも思ってないようです。

やっぱり大人だ・・・

そう湊は思うのでした。

欲しい・・・でも叶わない・・・

それからの湊は、

あんなに嫌がってた写真を

撮らせてあげるようになりました。

いいよ、届けたい人がいるから

俺を見て・・・

その想いが通じたのか、

小春は湊くんの動画を見ていました。

めっちゃバズってる・・・

かっこよくて、優しい人だったもんな・・・

あれから二人は瞬く間に恋に落ちていました。

小春が退勤しようとすると、柊と出くわしました。

佐伯!ちょうど良かった。

今度の土日、湊くんと3人でキャンプに行かないか?

と柊が言います。

ちょうど知り合いがオープンしたてで、

感想が欲しいのだと言います。

俺の同行が条件なんだけど、

湊くんと近づけそうじゃない!?

と柊は言います。

この軌跡を無駄にしたくない・・・

そう思った小春はさっそく湊くんに

帰ったら連絡しようと思っていた時でした。

なんと会社の外に湊くんがいました。

塾が近くなのだと言います。

せっかく今会えたなら・・・

湊くんっ!キャンプ一緒に行きませんか!!

と小春が言います。

一緒にキャンプ、泊まりで行きませんか?

小春は胸がドキドキして、心臓が爆発しそうです。

この3人でですか?と湊くんが聞きます。

なんとなく雰囲気的に、

会社の人たちも誘おうと思って、

人数多い方が楽しいじゃん?友達も誘ってみて

と柊が言います。

じゃ、晃も誘ってみますと湊くんが言いました。

どうやら来てくれそうなので、

小春は嬉しくなります。

本当は湊くんと一緒にいれるなら、

なんだっていいのです。

今、なんとなくいい感じな気がするから、

このキャンプで二人きりなるぞ!

と気合が入るのでした。

夜の猫化の対策も思いつきました。

キャンプ当日、

買い出しから戻った小春は、

湊くんもうきてるかな!?

とそわそわしてしまいますが、

みんな遊びに行っちゃったから、

手伝ってくれない?と言われて身動きが取れません。

一方、湊は海辺でビーチボールをしていました。

小春が気になってテントの方に戻りたいのですが、

人数的に抜けられずにいました。

お姉様方にキャーキャー言われて、

口説かれるのですが、

無理です。

好きな人以外、眼中にないんで。

と塩対応で早く終わらせようとしていました。

早く、早く、会いたいよ・・・

やっと抜け出せた小春は、

海へと向かいますが、

もう誰もいませんでした。

連絡もつかないし、どうしたらいいんだろう・・・

一方、急いでテントへと戻った湊は、

小春がいないと分かり、

なかなか二人になれず残念がります。

柊のところにも小春はいませんでした。

すると、

足元に1匹の猫がやって来ました。

湊は後をついて行ってみます。

すると、

浜辺にちょこんと腰掛けた小春が

猫を抱き上げていました。

・・・本当に会えた、会いたかった

と湊が言います。

それから、二人は花火を楽しみます。

このまま、時間が、止まればいいのに・・・

最後の1個の線香花火が残りました。

すると、

もう少し話しませんか・・・

と湊くんが言います。

小春はうん!水汲んで来るね!

と言って水場に戻ります。

すると小春は猫の時間になってしまいました。

約束通り8時に来てやったぞ

と言って猫がやって来ます。

前に猫の姿でキスをしたら、

戻ることができたので、今回も・・・

と思って猫とキスをします。

しかし、人間には戻れません。

ってことは、湊くんにキスしれなければ、

戻らないってこと!?

絶体絶命のピンチですが・・・!?

『甘やかしてね猫だから』6話 感想

湊くんのエピソードでした!小春への思いがよくわかる回でした!

キャンプ場でなかなか一緒に過ごせず、猫について行くとやっと会えた時の二人の

シーンが感動的でした!!年の差があれど素敵なカップルだなと思いました。

*まとめ*

『甘やかしてね猫だから』6話のネタバレを紹介しました!

夜8時に猫になってしまった小春ですが、湊くんを海辺に残したままになっています。

湊くんとキスをして人間に戻るのか、猫としてやり過ごすのか展開が楽しみです!

『甘やかしてね猫だから』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/