ヒューマンドラマ

あなたの未来、買い取ります【ネタバレ4話】運命の出会いで恋して②

『あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください』未来買取店に今日もまた自分の未来にどのような価値があるのか査定しにくる人が。どうしてもお金が必要だ!こんなしがない自分の未来が売ってお金になるのなら躊躇する暇なんてない!そう思って易々と売ってしまうのだが・・・?

大好きな彼がピンチ!香恋は会社のお金を使い込んでしまったという彼のために

金融機関へ向かう途中で「未来買取」の看板が目に入り・・・?

『あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください』4話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください』4話 ネタバレ!

主人公の未来・・・ボロいアパートで祥吾に「これからも一緒に居よう」

言って婚姻届けを渡され結ばれる様子が映し出されました。

この未来が87万円・・・でも、売ってしまうと今見た未来の可能性は潰れると説明された

主人公は彼を救うにはお金が必要なのにそうすると彼と結婚できなくなる

未来が待っているなんて納得がいきません。

でも、この未来の枝を切り取ることができる期間は今日から3日ほどしかなく、

それまでに切り取らなければ根付いてしまい、二度と切り取ることが出来ないので

決断するなら早くした方がいいと言われた主人公は、

真っすぐな目で「わたしは売りません。」と答えました。

その答えを聞いた綾紫乃は未来は生活水準が随分と落ちてるように見えたけど、

それでもいいのか?と聞きました。

しかし恋に盲目になっている主人公は、彼と結婚できるなら

たとえ貧乏になあってもそこには愛があるんだからそれでも構わないと答えました。

2人一緒ならどんな不幸だって乗り越えることができる!とキラキラした

表情を見せる主人公に綾紫乃は「それが愛なのですね・・・」と見送ったのでした・・・。

ーーーその後、金融機関でお金を借りた主人公は祥吾にお金を渡しました。

2人で返せばなんとかなる・・・そう思って仕事をしながらバイトを掛け持ち

していましたが、今週あと5万必要なんだと抱き着かれ

紹介された店で働くことになってしまったのです。

そこはオッパブで祥吾の為なら・・・と頑張りましたが、慣れない仕事にクレームが入り

その後また紹介された場所は風俗で酷い目に遭いました。

祥吾の為ならなんだって我慢してみせる・・・そう思いながら主人公の心は壊れて行きました。

実は祥吾と最初に出会ったナンパ男は仲間で、それによって引っかかった女から

金を巻き上げるという詐欺を働いていたのです。

ーーーそれからしばらくして今の現状に耐えられなくなった主人公は、

綾紫乃の所へ助けを求めにやって来ました。

主人公は涙を流しながら必死に働いても働いても借金がどんどん膨れ上がって、

彼のこと信じたいのにどんどん信じられなくなってきてと縋りつきました。

こんな風になるなら未来を売っておけば良かった!と言う主人公に、

綾紫乃は未来は根付いてしまっているので残念だけどそれはもう不可能だし、

この先視た未来の様に意中の人と添い遂げることになるだろうと話しました。

2人でいるのが幸せと言ったあなたにとって、きっとその人生が最高の

幸福なのでしょうからと言われた主人公は、その場で泣き崩れたのでした・・・。

『あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください』4話 感想

やっぱり~!!祥吾悪い男でしたね。

引っ掛けやすい女を狙ってそういう詐欺を繰り返して、

騙された女からお金を巻き上げる詐欺だった祥吾・・・。

真実の愛!これが運命なの!と人の忠告も聞かなかった主人公の人生は、

地に落ちてしまいました。恋は盲目ってこういうことを言うんでしょうね~。

二回目以降にお金を借りに来る時点でおかしいと気付いて離れるべきだったと思います。

これから彼女の未来は暗いものとなってしまいましたが、

未来を売らなかった自分を悔いながら生きて行くしかありませんね・・・。

*まとめ*

『あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください』4話のネタバレを紹介しました!

次回の話は幼馴染3人組のお話。主人公・友奈の秘めた恋心・・・。

大学生になった3人の間で起きたこととは?次回の話の続きが気になります。

あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承くださいアイキャッチ画像
あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください【無料】で読む方法を調査!あなたの未来、買い取ります※不幸になることをご了承ください【無料】で読む方法!【未来買取店】で見た10年後は悲惨そのもの。絶望した小路木は、査定額52万で未来を売った。『売った未来より不幸になる』という注意に耳も貸さずに―。...