漫画ネタバレ

荒川秘書の恋の憂鬱【ネタバレ2話】人生で初めての恋

『荒川秘書の恋の憂鬱』荒川七海は総合商社の社長の第一秘書。ボスである社長は仕事はバリバリでイケメン。でも、仕事の事しか考えてなくて部下に恐れられていて人にも自分にも厳しく・・・? 

忙しい秘書の仕事が暇になるのは、ボスである樹が恋人とデートに行ってくれる時だけ。

親友との至福の飲み会の席に、紹介したい男の子がいると急に連れて来られて・・・?!

『荒川秘書の恋の憂鬱』2話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

『荒川秘書の恋の憂鬱』2話 ネタバレ!

昨夜、イケメンに「付き合ってみない?」と言われた七海は

返事を保留にしていました。

昨日何があったのか花林に報告すると、もう付き合っちゃいなよと言われてしまいました。

七海はあの樹の専属になって早6年になり、

その間七海のすべてのリソースを樹に捧げてきました。

樹を異例の速さで社長に出世させた陰の立役者は七海だと

秘書課の全員が思っており、恋愛もしてこなかった七海に

全面的にバックアップするつもりで皆応援モードでした。

社長室へ向かうと、怒った様子の樹が怖い顔で座っていましたが

七海はニコッと笑って樹の好きなものづくしの朝食を机に置きました。

それで出て行こうとしましたが、樹の顔色が悪いのに気付き

検温をしますか?と聞きました。すると樹は昨日考え事があって

寝れなかっただけだから大丈夫だと答え、

「あざといな」

と言って来たので、七海は6年間毎日側にいるから流石に気付きますよと答えました。

七海が出て行った後、樹は昨夜のことを思い出し

七海が今日も変わりないけどいつの間に恋人なんか作ってたんだ!?とまた

考え始めました。

【恋愛しないとか言ってなかったか!?

いや、あの男はきっと親戚か何かだろう・・・

だいたい6年間このミスター完璧と四六時中一緒に行動していたら、

最早そう軽々とその辺の男に惚れることが出来なくなってるはずだ!】

誤解に決まってると思う樹とは裏腹に、

七海はもう咲也の事を仕事中にも考えてしまうぐらい重症に陥っていました

お昼時になり社長付属室へ向かうと、花林がいました。

今日は社食行かないのか?と聞くと、花林がタブレットを見せてきました。

すると・・・

「荒川さーん!」

その画面には咲也が映っていました。

「新島さん!?」

七海が驚いていると、オンラインランチ会しようってことになったのよと

花林が言いました。

ランチを終え、花林がトイレに席を立ったのでこの辺でお開きにと

七海が言うと、咲也が「ちょっと待って」と止めました。

次から新島さんじゃなくて咲也って呼んでよ!

俺も荒川さんを七海ちゃんって呼ぶからさ!

と言われ、七海はドキッとしました。だめかなぁ?と咲也に聞かれた七海は

顔を真っ赤にして、ダメじゃないです・・・

と答えました。宅配便が来たみたいだからまたねーと

テレビ電話を切ることになり、その後七海はイケメン過ぎて爽やかすぎる

咲也のことを思い出し、滝のような鼻血を流してしまいました・・・

七海の家系は女ばかりで男の人が昔から苦手でした。

なので男の人との関係をちゃんと積み上げられず、

勉強や仕事に逃げていたからここにきてしっぺ返しをくらってるようでした。

東京で仕事が出来て自立さえしていれば恋愛や結婚しなくても

そこそこ楽しく生きて行けると人生設計してしまっていましたが、

まさかこの年で初めて誰かを好きになるとか予想外過ぎました。

29年間1度も恋愛してこなかった経験値ゼロで女子力ゼロな七海ですが、

そんな七海でもこんなモタモタしていたら咲也に飽きられて去って行かれてしまう

ことは分かりました。

異動しながら七海が悩んだ顔をしていると、

何か悩みがあるんなら簡潔に言えと樹に聞かれたので、七海は驚きました。

すると樹はこう答えました。

「君も今朝俺に言っただろ?

6年間毎日そばに居れば流石に気付く。」

まさかの樹の言葉に七海は素直に今考えてる事を話すことにしました。

しかし、仕事が出来るだけじゃダメかな?

女子力も磨かなきゃだめかな?と言ってはみるものの、

悩み相談とか言いながら説教されるパターンに陥ってしまいました。

荒川秘書は荒川秘書でいいと思ってる

男とか女とかくだらない価値観に振り回されないでいい。

君は君の持つカードで生きろ。世間と比べるな。

と言われ、そんな言葉を貰った七海はハッとしました。

本当に困ったときは助けてやるから大事になる前に言えと言われ、

6年間全てを会社に捧げてきて時々これで良かったのかと

不安になる時もありましたが、この仕事が大好きで

全てを捧げた価値はあったと思いました。

そんな自分をちゃんと認めてくれる人が目の前にいるので、

卑屈に考えるのはよそうとそう思えたのです。

でも、この6年間七海は樹の笑顔を見たことも弱音を聞いたこともありません。

服も髪型もいつも完璧で何でもできて時間に正確で

毎日早朝からマシーンのように働いています。

若くして大企業の社長になり、皆に恐れられて孤独な樹に

早く素敵ないい人が見つかるといいなと思いました。

 

『荒川秘書の恋の憂鬱』2話 感想

恋愛に免疫がない七海のあたふたする様子が可愛すぎる・・・♡

そして樹は完璧な自分になびかないくせに、他で恋愛するとかありえない!と

イラっとしつつ、あれは誤解なんだと言い聞かせました。

え、これって七海のこと樹好きじゃん・・・♡

でも、これが恋かどうかわかってない様子でなんだか早く先が読みたくなってしまう

感じですね~。七海に恋してると気付いた樹も可愛い顔しそうですよね(イシシ・・・♡)

気の許せるステキなパートナーってこんな樹には七海がお似合いだと思いました。

*まとめ*

『荒川秘書の恋の憂鬱』2話のネタバレを紹介しました!

6年間一緒に居て、少しの変化にも気づくことが出来てしまう関係。

これって恋愛に本当だったら発展しやすいよね?どうなの?

次回の話の続きが気になります!

荒川秘書の恋の憂鬱
荒川秘書の恋の憂鬱【無料】最終回まで読む方法を調査!荒川秘書の恋の憂鬱【無料全巻】最終回まで読む方法を調査!ちょっとSだけど、イケメンな社長、ユルフワで明るいイケメン漫画家。1度も恋愛をしたことがない荒川七海と2人のイケメンとの間で何かが起こりそうな予感…!?...