漫画ネタバレ

嵐士くんの抱きマクラ【ネタバレ1話】寝かしつけが得意です。

『嵐士くんの抱きマクラ』「俺と寝てくんない?」謎の美男子からの突然のお誘い・・・双子の弟の寝かしつけが得意な宙。ある日、保健室で見知らぬ美男子を寝かしつけてしまった宙はその日から嵐士に添い寝を要求されて・・・?!

子供の寝かしつけは得意!母親を亡くして幼い弟の世話などをしている宙。

その特技を生かしてベビーシッターのバイトをしている。

保健室で腰が痛いので寝ていると、なぜか隣にイケメンが眠っていて・・・?!

 

『嵐士くんの抱きマクラ』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『嵐士くんの抱きマクラ』1話 ネタバレ!

深町宙(16)は、3姉弟の長女です。

父親と、弟の叶多(14)、双子の弟の陸と海(4)と親子5人で仲良く暮らしていました。

母親は少し前に亡くなり、幼い双子の面倒や寝かしつけまで宙がしていました。

双子をいっぺんに抱っこしたり寝かしつけたりするので、

宙は若いのに腰痛に悩まされていました。

学校に投稿した宙は腰があまりにも痛いので、保健室で湿布をもらいました。

家庭の事情を聞いた保健室の先生は「大変ね」と言ってくれ、

しばらくベッドで寝かせてくれることになりました。

そらが久しぶりに1人で気持ちよく寝ていると、ある美男子がやってきました。

「おい 俺の場所で寝てんじゃねーよ。」

男子は宙にそう声を掛けますが、宙は爆睡中で中々起きません。

「起きろって・・・」

身体を揺さぶると、宙は寝ぼけて男子に抱き着きました。

「もー?まだ寝れないの?ねんねこ ねんねこ ねんねこやー

でんでん太鼓に笙の笛~その笛浮いたらねんねしな~♪」

宙は双子の弟とその男子を間違えているようで、男子の頭を優しく撫でました。

ーーーその後、宙が目を覚ますと双子の弟たちよりごつい体が

上に乗っかってるのを感じました。

なんかいつもと違う・・・そう思って目を開けると、

そこには見知らぬ男子が眠っていました。

「ぎゃああああ!!」

宙が驚いて起き上がぇると、

「ってぇ・・・」

男子はベッドから転げ落ちてこっちを見てきました。

「だだだ誰!?変態 痴漢!」

宙がそう言うと、

「そっちが俺を引き込んだんだろ。この痴女。」

と男子が言い返してきたので、宙はハッとしました。

「あたし・・・巨大な何かを寝かしつけてた気がするんですが、

もしや・・・」

「ああ 寝かしつけられたわ。」

と男子が言うので、宙は急に恥ずかしくなりその場から

ダッシュ逃げようとしました。しかし、男子はそんな宙の腕を掴んできて

「待てよ。俺と寝てくんない?

急にそんなことを言ってきたのです。

「はあああ!?」

宙が真っ赤になりながら大きな声でそう言うと、

「いや寝かしつけ気持ちよかったから。」

と言われたので、家とかバイト先でちっちゃい子寝かしつけてるから

慣れてるんだと宙が言うと、

「寝かしつけのバイトしてんの?じゃあ俺雇える?

と男子が聞いてきたので、

「あんたいくつだと思ってんの!?」

「16歳児」

馬鹿なやり取りをしてきたので、宙は呆れて

知らない男と添い寝なんてできるかい!と思い、

「無理無理!ありえませんから!」

と全力で断って保健室を後にしました。

ーーー宙のやっているバイトはアプリを通じて自分に合った

仕事内容を探すマッチングサービス「シッターナウ」というものです。

時間も選べるし、短時間でもOK!

主な仕事は家事代行だったり、高校生でもできる範囲のベビーシッターなどでした。

今日もアプリで急募してきた6歳以上の寝かしつけというのを

見つけた宙は、近い事もあり向かうことにしました。

その住所に向かうと、かなり豪華なタワーマンションで

しかも最上階の部屋からの依頼でした。

宙がどんな依頼人だろう?と緊張しながら、インターホンを鳴らすと

部屋の中から出てきたのはあの男子でした。

「あ・・・!」

宙が大きな声を出そうとしたので、咄嗟に男子は宙の口を塞いで

「共用廊下で声出すな。」

と言いました。部屋に連れ込まれた宙が驚いて、

「な・・・なんでなんで!?きゅ・・・急募ってあんただったの!?」

と言うと、

「バイトしてるって言ってたから検索したら見つけた。」

と言って、宙の登録画面を見せてきました。

騙したのね!と宙が言うと、騙してないし寝付けないのは本当だからと

男子は言いました。

「そんなに寝かしつけてほしいなら他の女の人呼べばいいじゃん。

いっぱいいるでしょあなたなら!」

宙がそう言って指を指すと、その指に男子は自分の指を絡ませてきて、

「あんたがいい。」

と見つめてきたのです。ほんとなの?!宙がドキッとしながら

部屋の中を見回すと、段ボールの山がありました。

「あたしあなたのこと高1のとき見かけた記憶がないんだけど。

引っ越してきた・・・とか?」

と宙が聞くと、最近転校して来て今は一人暮らししてるんだと

男子は答えました。そんな男子に宙は、

「・・・あのさ、落ち着かない環境だから寝れないんじゃないの?

片付けとかならあたしできるけど・・・家事代行って感じで。」

と言いました。お金はもらいますけどと宙が言うと、

「じゃあ契約成立。

あ 俺 月ノ瀬嵐士。」

と嬉しそうな顔をして、男子は名乗ってきたのでした。

 

『嵐士くんの抱きマクラ』1話 感想

母親代わりに双子のお世話をしている宙は、

寝かしつけの特技を生かしてシッターのバイトをしているようですね。

こんな美男子・・・しかも16歳まで寝かしつけてしまうなんて

寝かしつけの天才と言っても過言ではないでしょう。。。。(笑)

この嵐士という美男子は宙の寝かしつけに感動しているようです。

でもタワマンに一人暮らしとか、この嵐士という子はいったい何奴!?

お金は持ってそうだけど・・・不眠症に悩んでるとか?かな?

*まとめ*

『嵐士くんの抱きマクラ』1話のネタバレを紹介しました!

嵐士と名乗る男子の家事代行をすることになった宙。

家事だけならいいけど、添い寝も要求されて・・・?!

次回の話の続きが気になります!

嵐士くんの抱きマクラアイキャッチ画像
嵐士くんの抱きマクラ【無料】で読みたいあなた!今すぐ読む方法を紹介!嵐士くんの抱きマクラ【無料】で読む方法を調査!双子の弟のお世話をするうちに寝かしつけが特技になった宙。ある日、保健室で見知らぬ美男子を寝かしつけてしまって…!?しかもその男の子・嵐士くんにさらなる添い寝を要求され!!...