漫画ネタバレ

【だから私はメイクする】漫画5話ネタバレ!自分の価値を低く見ちゃう輪子さんの場合

【だから私はメイクする】メイクを通して見えてくる、「社会」や「自意識」と戦う女たちの悲喜こもごも。「自分がどうありたいか」と向き合う、共感必至のオムニバスストーリー。

親友の熊谷に「ドバイで美容サロンで働かないか?」と言われ、

水彩教室を辞め、1人で海外で働くことを決意した月野輪子。

そこで出会った素敵な女性たちに心動かされて・・・?

【だから私はメイクする】5話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

だから私はメイクする【漫画5話】ネタバレ!

きっかけは1ヵ月前に「知人がドバイの美容サロンで働く人探してるんだけど、

輪子どう?」と親友の熊谷に突拍子もない誘いを受けたから・・・

ドバイはアラビア語と英語が公用語だから、

輪子なら対人スキルも高いし英語もできるしセンスもいいし最高の人材だし、

合ってる!と熊谷に言われた輪子でしたが、

「いやいやいや 買い被りすぎでしょ!」

と言われて恥ずかしくなりました。

「水彩画を教えてるのは絵は好きだからやってるだけでセンスとかないし、

英語だって趣味に毛が生えた程度だし・・・」

輪子が自分の事をそう言うと、

「もーすぐそうやって輪子は」

と熊谷は言いました。しかし、その話は興味がない訳ではないので、

輪子は勢いでドバイ行を決めたのでした。

ーーードバイに着くと、空港で迎えに来てくれた

これから働くサロンの従業員が輪子を車に乗せました。

ドバイの街並みは映画の中みたいで、輪子は最初からワクワクしました。

聞けば、その美容サロンはヘアケアの他にフェイシャル・ネイル・ワックス脱毛

をしていると説明を受けました。

イスラム教は戒律で脇の毛とアンダーヘアは除かねばならず、

脱毛方法として一番ポピュラーなのがワックス脱毛なのです。

従業員は輪子が絵が得意なのを事前に聞いていたので、

ネイルで役に立ってもらうことがあると思うわ!と言いました。

ーーー緊張しながらサロンの制服に着替え、挨拶をすると

みんなフランクに話しかけてくれました。

すると、あっという間に営業時間になりお客さんがやってきました。

アバヤとシェーラをつけたいかにも「イスラムの女性」の格好をした

そのお客に輪子はその衣装を預かることになりました。

「お お預かりします」

輪子が英語で話しかけると、

「どうもありがとう!」

と言って女性は衣装を脱ぐと、なんと

その衣装の下に隠れていたのは眩いばかりに着飾って、

身だしなみも整えた派手な女性でした。

それから来る人来る人・・・みんな綺麗な人ばかりで、

輪子の「イスラムの女性=」が崩され度肝を抜かされました。

ーーーある程度お客さんの入りも落ち着いたころ、

「色々と驚くことが多いです・・・」

と輪子が従業員の女性に言うと、

「ふふ 公共の場では決して見ることができない光景よ。

だけどここは男子禁制の場。自分を着飾ることも、癒すことも、

自由に楽しむことができる・・・!いわば、

女だけの”美のサンクチュアリ”!」

と言うので、輪子はその眩い世界に圧倒されました。

ーーー休日になり、輪子が市場へ出かけると、

「素敵なネックレスね」

と言って輪子が付けているネックレスを見て言われたので、

「いやいや!ただの安物でして・・・!」

と輪子が謙遜すると、

「そう。じゃーいい買い物したのね~・・・・」

シラけたトーンで言われたので、輪子は恥ずかしくなりました。

その後、輪子は自分の勤めるサロンに行き、自分を変えるために

オールメニューの施術を受けたい!とお願いしました。

先ほど店員に言われた言葉でハッとした輪子は、

このままではいけないと一大決意をしたのです。

なぜならこのネックレスは確かに高価なものではありませんが、

自分が一目惚れして買った超お気に入りで、

「言うべき台詞たち」がチリのように積もり積もって、

そう思ってないのに謙遜する言葉を吐く自分に嫌気がさしたからです。

ーーー自分を大切にする「愛」が大事なんだ・・・

施術を終えた輪子はスッキリして自宅へ帰り、

全裸で全身鏡の前に立ちました。そしてスーッと息を吸うと、

「おい!月野輪子!お前なかなかに悪くないぞ!!むしろいいっ!!

と大きな声で自分を褒めました。

自分でやっときながら恥ずかしくなりましたが、生れてはじめて

声に出したら何の安堵か少し泣けました。

ーーー1年後、同窓会のため帰国した輪子は垢抜けていて、

みんなに「ドバイ言ってから更にかっこよくなった!」と言われました。

今までの輪子なら「そんなことないよ」と謙遜していましたが、

ドバイで生まれ変わった輪子は

「ありがと!」と素直に言うことが出来たのでした。

だから私はメイクする【漫画5話】感想

実は何でもこなしてしまう輪子ですが、

「そんなことないよ」「私なんてまだまだ」と日本人らしい「謙遜」が

しみついちゃっていて、本当に大切に思ってるし、自信のあるものですら

そう答えていたから息苦しさを感じていたんでしょうね。

それが海外に行って世界観が変わり、生まれ変わることができました。

それもこれも熊谷が誘ってくれたおかげですね♡

これから色んなところで自信をもって仕事バリバリしていってほしいなって思います。

まとめ

【だから私はメイクする】5話のネタバレを紹介しました!

次回、熊谷が勤めているショップが入ったデパートがもうすぐ閉店する?!

次の仕事場はどこへ・・・?やり手BA・熊谷はどうなる・・・?

次回の話の続きが気になります!