女性漫画

ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~【ネタバレ1話】夢への第一歩

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』 会社では犬猿の仲で知られる池崎希望と秋島真太郎ですが、実は会社に内緒で交際して一年になります。希望の夢は「お嫁さん」になることですが、家に帰ると究極にだらしなくなる真太郎に悩んでしまいます。そんな彼から合鍵を渡され同棲しようと言われて・・・!?

池崎希望の夢は『ステキなお嫁さん』になることです。ある日超優秀でイケメン

の秋島真太郎に告白されて、付き合うことになったのですが・・・!?

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』1話のネタバレを紹介します!

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』1話 ネタバレ!

将来の夢は『ステキなお嫁さん』なんて

ありふれた夢だと思うけど、

池崎希望は今もその夢に憧れ続けています。

だから、

ある人から告白された時、

これが夢の第一歩になるのだと、

信じて疑いませんでした。

制作部に所属する池崎希望(28)は、

8年前からデザイン業を始めて、

今の会社に来て2年になります。

毎日忙しくもやりがいのあるこの仕事が楽しくて、

とても充実した日々を送っていました。

お疲れ様です!

と言って大量の書類を希望の机の上に

ドサリと置いたのは、

営業部所属の秋島真太郎(26)。

秋島さん今大丈夫っすか?

話しかけてもいっすよね?

と言ってイケメンスマイルを見せます。

すると、

チラシの修正依頼と新規の仕事3件で、

初校のは来週頭まで、今日中までの急ぎ案件、

などペラペラとまくしたてます。

しかし希望は今、仕事が詰まっていて、

急ぎの案件は難しいと伝えると、

秋島はそうは言っても仕事が早いんだから

わっはっはっと笑って押し切ってきます。

しかし希望もひるみません。

そうなると二人はどちらも一歩も譲らない

言い合いが始まってしまいました。

周りのみんなは、

またやってるよ・・・

朝から活気があってよろしいね

あんな二人でも仕事の評判いいですからね

と言って見慣れた光景になっていました。

秋島真太郎と希望は同期で、

元は本社にいたのですが、

その手を買われ、

2年前に移動してきたのでした。

優れたコミュ力で多くの仕事を勝ち取り、

社員からもクライアントからも

信頼が厚い超優秀な男でした。

その後も、

名刺のデザインを2パターン欲しいやら、

書体や背景、グラデーションバージョンなど

多くのことを求められ、

希望は完全にイライラしていました。

そうです。

いつも苛立たせてくるこの男こそが、

希望の仕事上のパートナー的存在であり、

実を言うと・・・

恋人なのです。

さんざん希望をイラつかせた後は、

希望のおでこにチュッと軽いキスをして、

じゃ、行ってきます

と言います。

希望は会社ではそういうのやめて!

見られたらどうするの!?と言って

ガミガミと小声で怒りますが、

秋島は笑いながら外出して行くのでした。

この二人がなぜ付き合うことになったかというと、

一年前のことです。

希望は秋島に誘われて、

仕事帰りに居酒屋へと行くことになったのでした。

あまり乗り気ではなかった希望ですが、

池崎さんってめっちゃ仕事熱心ですよね。

どんな仕事も早いし。

と秋島から言われます。

秋島さんこそ。同期なのにもう営業の要だし。

と望みが言います。

そして以前、望みが作ったウェブ広告の話になり、

めっちゃいい感じっすよ!

と秋島が言ってスマホで見せてくれます。

二人の距離がすごく近くなったとき、

希望は秋島のイケメンをまじまじと見ます。

普段ムカつくけど、良い顔だな・・・

と思うのでした。

すると希望の携帯にメッセージが入ります。

友人が結婚することになり、

そのお知らせでした。

最近周りが結婚ラッシュで、

置いてかれてる気分になり、

素直に心から喜べません。

正直な気持ちを話すと、

秋島は妥協せず自分を貫くところ

尊敬してますと言いました。

秋島とは会社ではいつもバチバチしてるけど、

私のことわかってくれてたんだ

希望は気づきました。

それに本気で向かい合ってるからこそ、

切磋琢磨できるのだと思うのでした。

帰り際、じゃあねと言って帰ろうとすると、

突然車が通過します。

危ないと思った秋島は、

希望の腕をつかんで引き寄せます。

弾みで秋島の胸に希望が飛び込みます。

ドキっとした希望は慌てて離れます。

もたれかかっちゃってすみません!!

僕も急に引っ張ってすみません。

じゃあと言って今度こそ帰ろうとすると、

呼び止められます。

僕、池崎さんのこと好きです。

付き合ってくれませんか?

その瞬間、

希望の頭上でチャペルの鐘が鳴り響きます。

がしかし、

本気で言ってるのか信じられません。

希望と秋島は犬猿の仲と言っても過言ではありません。

僕、本気です。

今日改めて池崎さんの真っ直ぐで

芯のある姿を見て、

グッときました!

そういうところが好きです。

と言って希望の手を握ります。

でも会社は社内恋愛禁止です。

会社では今まで通りの関係で、

プライベートなら付き合っても問題ないと

秋島が言います。

正直、悔しいほど会社の規則以外で

断る理由が見つかりません。

仕事ができて、社交的でしっかり者、

明るくて口も達者だし、

おまけに顔も良い・・・

これはきっと間違いなく、

結婚への第一歩になる!

と思った希望はまずはお友達から

交際をスタートさせることにしました。

こうして付き合い始めたのですが、

完璧だと思っていた彼に、

まさかあんな秘密があろうなんて、

思いもしませんでした。

珍しく仕事が早く終わった日、

希望は1ヶ月ぶりに真太郎の部屋へ

行った時のことです。

鍵を開けとくと言われたので、

ドアを開けて部屋に入ると、

部屋中ゴミだらけです。

真太郎は、暗い部屋の中で、

ソファーに横になっていました。

近づいて声をかけてみると、

いきなり抱き寄せられます。

・・・疲れた、充電させて・・・

と真太郎が言います。

本当世話の焼けるヤツです。

希望は容赦なくガミガミと怒ります。

早く起きて!スーツのまま寝ないで!

お風呂入って!ご飯まだでしょ!

ご飯作るから、その間にお風呂入りなさい!

これが付き合ってから発見した彼の本性です。

とにかく家では、だらしない。

優良パートナーと思い込んだ相手は、

最高に手のかかる『超難あり物件』でした。

付き合いたての頃、

あまりのギャップに、

究極の人選ミスをしたと後悔したけれど、

あまりにも酷いので放っておけなくなり、

現在まで続いています。

今年で29歳の希望は、

この機を逃すと、

また一から恋愛して、彼氏を作って、

何年か交際して・・・

なんて無理です。

どんどん結婚が遠のいてしまいます。

だからこそ、この男をしっかり矯正して、

公私共に立派な男にしてみせる!

と思うのでした。

しかし、

風呂から出た真太郎は裸のままでくしゃみをします。

どうやら洗濯物が溜まりすぎて、

服がないのだと言います。

希望が作ったお鍋に嫌いなキノコ

が入っていると、

わけの分からない言葉を羅列し、

もはや日本語として通じません。

なんてワガママでだらしないヤツ!

と希望は思います。

久しぶりに生活を見たけれど、

本当に酷い状態です。

一年近く経つのに全く矯正できてません。

会社ではムカつくほど仕事ができる

完璧人間のくせに、

家に帰るとダメ人間になってしまいます。

希望の作ったご飯を、真太郎は美味しい、

希望のご飯なら毎日食べれる

と言います。

希望はそれってプロポーズじゃねぇか!

と思います。

たまにサラッとこういうことを言うので、

やりきれません。

それから悔しいけどやっぱり顔が良い・・・

片付けをしている間に、

真太郎はまた寝てしまいました。

疲れてるのは分かるけど、

一緒にいるときはもう少し気にかけて欲しいです。

来週は付き合って一年の記念日です。

どこか行こうと話していたのですが、

真太郎は真剣に考えてくれません。

ていうかわすれてたでしょ?

と希望が言うと、

忘れてないよ、俺本当に嬉しかったから

と真太郎が言います。

しかし、横になったまま無表情で言われても

説得力に欠けます。

すると、突然仕事の電話入りました。

真太郎はばっと体を起こすと、

スイッチオンモードです。

シャキッとしてペラペラと話します。

電話を切った瞬間、

パワーゼロに戻ります。

ベッドにまた横になってしまいました。

あのさ、こっちは真剣に話して・・・

と希望がキレ気味に言うと、

いきなりでした。

望みを引き寄せてキスをします。

今日泊まってく?

と真太郎が言います。

そして希望をベッドに押し倒します。

アンタその切り替えの早さ、

感心するけど、

私生活もちゃんとしないと

いつかボロが出るよ

と希望が言うと、

大丈夫。だってその時は、

希望がそばにいてくれるでしょ?

と真太郎が言いました。

私はそのためにそばにいるんじゃないのに・・・

と思った希望は、

枕を慎太郎の頭に投げつけます。

寝るかヤるしか能がないアンタは、

仕事だけ上手く立ち回れてれば、

記念日とかどうでもいいわけ?

私のこと好き?と希望が聞くと、

好きだよと真太郎が答えます。

いつも言ってくれるけれど、

何も伝わってきません。

急かしてる訳でも、

真太郎を責めてる訳でもありません。

けど、一年経った今、

本当にこの男と結婚できるのか、

好きだからこそ見定めたい・・・

じゃあ、本当に希望のこと好きって

ちゃんと証明する

と真太郎が言います。

ちゃんとするから、俺。

だから毎日一緒にいて見てて。

本音なのか、

いいように言い包められてるのか、

今はまだ信じられません。

そして、真太郎は部屋の合鍵を渡します。

同棲しよ

それはきっと私の矯正次第です・・・!?

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』1話 感想

なかなかのダメンズっぷりでした。仕事と家でのギャップがありすぎて、

面白かったです!特にキノコ鍋のシーンが可愛かったです。

*まとめ*

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』1話のネタバレを紹介しました!

二人は同棲を始めるのでしょうか?彼を矯正するのはすごく難しそうですが、

どんなふうに変わっていくのか楽しみです!

『ダメンズ婚~この結婚は、アウトですか?~』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/