ファンタジー

男装令嬢の不本意な結婚【ネタバレ2話】早朝の森での再会

『男装令嬢の不本意な結婚』男として育てられた伯爵令嬢のクラリスは、軍人公爵のパトリスと結婚することになる。実は三年前に性別を偽りながらも友情を育んだ時にクラリスはパトリスに恋をしていた・・・

市場にサーカスを見に行った帰り道、酔っ払いに絡まれた所を

軍人に助けられたクラリスの運命はここから大きく変化する・・・!

 

『男装令嬢の不本意な結婚』2話のネタバレを紹介します!

\独占配信中!!今すぐ試し読み!/
シーモア読み放題公式サイトへ

『男装令嬢の不本意な結婚』2話 ネタバレ!

今夜軍の上層部の人が屋敷にやってくると知ったクラリスは、

助けてもらったあの人に会える!と思って嬉しくなりました。

しかしミカエルは、助けてもらったあの日クラリスを男の「クリス」として

紹介しており、もう1度上層部の人たちに「クリス」として紹介してしまえば、

一生クリスとして生きて行かなければならなくなるのでダメだと

その場に参加することを諦めるように促しました。

伯爵家の後継ぎじゃなくなった今、ミカエルの兄(当主)は

クラリスにゆっくりと将来を考えて欲しいと思ってるし、

もしいつか女性として生きていきたいと考えた時手遅れにならないように

したいと言っていたんだとミカエルが話すと、

クラリスはその可能性はないよと言い、だったらクリスの双子の妹って

ことにすればいいんだよ!と話しました。

だってこれはあの時庇ってくれた軍人に会える滅多にない機会だし、

あの人は周りから隊長と呼ばれていたから、

きっと彼はフェリクス国王の弟君であるパトリス殿下だとクリスは思っていました。

国の危機を即位したばかりのフェリクス国王と王弟殿下日いる王国軍は見事

敵対国を撃破し、クラリスにとっても国民にとっても憧れの存在でした。

そうしたら淑女として急に人の前で振る舞えるのか?とミカエルに言われた

クラリスはそれもそうだ・・・と言って今回は諦めると言いました。

その言葉を聞いてミカエルがホッとしていると、

「ねぇ ミカエル。この際だからはっきり言うよ。

僕はもう大丈夫だからミカエルには自分の将来を一番に考えて欲しいんだ。

ミカエルは騎士になりたいんだよね?

だから今夜皆様方がいらっしゃったらお願いしてみたらどうかな?

きっとミカエルならすぐに騎士見習いとして従士してくださる騎士がいるよ!」

自分が一生叶えられないと悟った夢を叶えてほしい・・・

大切な従兄弟をいつまでも自分に縛り付けるわけにはいかないとクラリスはそう言いました。

そしてこれから戦争が始まるかもしれないのは心配だけど、ミカエルの将来を考えるなら

騎士になるのが一番いいし、自分のこの先のことを真剣に考えようと思いました。

そしていつか弟が大きくなって無事に家督を継いだら伯爵家にも遊びに行けばいいんだ・・・

クラリスは寂しく感じながら明日を見つめました・・・

翌朝、クラリスは気分転換のためにビバリーの森へ馬を走らせました。

今は癒えのことを考えるのをやめよう・・・

そう思っていると、こんな早朝に先客がいました。

ここは私有地で許可ない者は入れないのに誰だ?とクラリスが声を掛けると、

愛馬のファラが男に近づいて行きました。

「賢い馬だな。自分と主人に危険はないとちゃんと分かってるようだ。」

と言って先客が振り返りました。

その顔を見たクラリスはあの時助けてくれた隊長だと気付きました。

隊長は昨晩領主に許可をもらってると素っ気なく言い放ちました。

「僕はクリス。カリエール家にお世話になっているんです。あなたは?」

クラリスがそう言うと、体調はこちらをチラッと見て

「・・・パトリスだ。」

とぶっきらぼうに答えました。流石に家名は名乗らないか・・・

と思っていると、パトリスの馬が足に怪我を負ってるのにクラリスは気付きました。

馬が怪我をしてるのか?とクラリスが尋ねると、

軽いものだとは思うが、筋を痛めたようだとさっきと打って変わって

優しい声でそう答えました。

湿布になる薬草なら近くの小屋にあるから取って来ましょうか?

とクラリスが言うと、パトリスは馬の世話ならしておくから頼めないだろうか?

とお願いしてきました。

しかし仔馬の頃に調教師に何度も鞭で打たれたファラは今でも大人の男性を怖がってしまいます。

どうしよう・・・とクラリスが迷っていると、

ファラ自らパトリスに近づいて行きました。

その様子を見たクラリスは驚くのと同時に、

パトリスは人間には無愛想だけど、馬相手にはすごく優しい人だから

ファラにもそれが分かるんだと思い、薬草を取って来る間ファラをお願いすることにしました。

同じ男性でも父親は人にも馬にも容赦がない人だったけど、

パトリスは父親とは違う・・・嫌な幼少期の記憶を思い出してしまいながら、

クラリスは小屋に向かいました。

ーーー薬草を持って帰ると、すぐにパトリスの馬の怪我の手当てをしました。

馬の名会えはデッドというようで、クラリスが触ろうとすると

こいつは気性が荒いから下手に手を出すと噛みつかれるぞと止められました。

そんな風には見えないクラリスは大丈夫だよと言って、

デッドに触りました。するとデッドは自分のために薬草を

持ってきてくれた人が分かるのかクラリスに懐きました。

「ファラも賢い馬だけど、この子とっても賢いね!」

クラリスがそう笑うと、

「この子?軍馬のデッドを

「この子」と呼んだ者は今までいなかったな。」

とパトリスは笑いました。

初めての笑顔にクラリスは少しドキッとしてしまいました。

デッドはご主人様の事が大好きだって分かるし、

今は自分の為に手間を取らせてしまったことをすごく悲しんでいるみたいだと

クラリスが言うと、パトリスは「そうかもな」と返しました。

クラリスはパトリスのことをあんまり遅いと心配してる人がいると思うので、

自分が代わりに駐屯地にこのことを伝えに行くので、

メモ用紙に一筆書いて下さいと言うと、また冷たい顔をして「そうか・・・」

とクラリスは言いました。

家名や身分を名乗らなかったのはあまり触れられたくない事だと

察してはいたけど、ここまで態度が冷たくなると思わなかったな・・・

とクラリスが思っていると、

「クリス この度は世話になった。また改めて屋敷に伺おう。」

とお礼を言ってくれたので、気にしないでくださいとクラリスは返しました。

それに毎日ここまでファラと一緒に散歩に来てるのでと伝えると、

クラリスは駐屯地へ向かいました。

ーーー屋敷に帰ると叔父が怒っていました。

なぜならお供を付けずにクラリスが1人で遠出をしたからです。

一通り説教を受けた後、何はともあれあの後道中で副隊長と

偶然出くわせて手紙も無事に渡せたのでよかったとクラリスは胸をなでおろしました。

そしてまた明日も会えるかな・・・と期待したのでした・・・

ーーー部屋に帰ろうとすると、ミカエルが嬉しい顔をして立っていました。

どうしたのか?と聞くと、騎士見習いになることが決まったんだと話してくれました。

なんで怒られたんだ?とミカエルに聞かれたクラリスはギクっとしながらも、

今までミカエルにはなんでも話していたのに今日の事だけは、

どうしても言う気になれなかったのです・・・

 

『男装令嬢の不本意な結婚』2話 感想

動物が懐いてる人に悪い人はいないよね~。

2頭とも人のことを警戒する賢い馬だったようですが、

クラリスにもパトリスにも懐きました。

なんだかそれだけでも運命を感じちゃいますよね~。

ここからきっとクラリスの恋が始まるのね!今はこの胸のドキドキが

恋だなんて分かってないけど、色んな事を乗り越えてこれが「恋」だと

気付くのでしょう。でも、パトリスは王弟殿下だからよっぽどのことがない限り

近づけない雲の上の存在だよね?この恋どう進展していくのか見ものです!

*まとめ*

『男装令嬢の不本意な結婚』2話のネタバレを紹介しました!

森で再会してから胸の高鳴りが止まないクラリス。

しかしパトリスには男として認識されてるので、恋には発展せず・・・?

次回の話の続きが気になります!

男装令嬢の不本意な結婚アイキャッチ画像
男装令嬢の不本意な結婚【無料】で最新刊まで一気に読む方法!男装令嬢の不本意な結婚【無料】で最新刊まで一気に読む方法!とある事情で男として育てられた伯爵令嬢のクラリスは、少年の姿で不愛想な軍人パトリスと友情を育む。しかし、三年後、女性として社交界デビューしたクラリスは、最悪の状況でパトリスと再会する…...