ファンタジー

男装令嬢の不本意な結婚【ネタバレ4話】社交界デビュー

『男装令嬢の不本意な結婚』男として育てられた伯爵令嬢のクラリスは、軍人公爵のパトリスと結婚することになる。実は三年前に性別を偽りながらも友情を育んだ時にクラリスはパトリスに恋をしていた・・・

始めて男ではなく女でありたいと思えた日は失恋した日。

パトリスに自分は「実は女なんだ」となんて言えるはずもなかったクラリス・・・

それから戦争が始まりあれから3年の月日が流れた・・・

 

『男装令嬢の不本意な結婚』4話のネタバレを紹介します!

\独占配信中!!今すぐ試し読み!/
シーモア読み放題公式サイトへ

『男装令嬢の不本意な結婚』4話 ネタバレ!

戦争のさなか、クラリスの父親が急逝し

後を追うように長男のクリスも亡くなったように処理し、

クラリスはクリスの双子の妹ということにしました。

あれから3年、淑女に成長したクラリスはやっと自分の実家の屋敷へ戻る事が出来ました。

この3年間で立派な淑女になったんだから社交界デビューしたらどうか?と

母親に言われたクラリスでしたが、気が乗りません。

結婚相手を探す必要はないし、ただ一度ぐらいは王都の華やかな社交界を

楽しんでもいいと思うし、王族方も参加されるのよ母親が話すので、

クラリスは王族が参加するならパトリスに会えるかも!と少し期待をしました。

母親は喪中で社交界に顔を出すことが出来ないから、

代わりに母親の友人のケリーナが一緒に行ってくれることになりました。

クラリスは社交界デビューなんてしたくないけど、

もう一度パトリスに会えるのなら、

あの森で過ごした自分は少年ではなく本当は女だったのだと打ち明けたいと思いました。

きっと彼なら騙したと怒ることはないはずだし、

あの無表情な顔で「そうか」と一言くれるだけだと、

不安寄り期待の方が勝りました。

ーーー社交界デビューが決まったクラリスは瞬く間に王都で噂になり、

クラリスが彗星のごとく現れたせいで、

今年デビューした娘たちはみんな霞んでしまいました。

屋敷には連日求婚に訪れる紳士で列を成してるとか、

クラリスは身体が弱いから未婚の娘たちの敵にはならないとか、

あらぬ噂も流れましたが、クラリスはそんなことは気にしていませんでした。

ある日、馬車で気晴らしに街に出ると子供の泣き声が聞こえてきました。

どうも迷子の様でクラリスが気になって近づこうとすると、

なんと!パトリスが現れて子供に先に声を掛けたのです。

どこかぎこちないけど笑いかけてあげてる姿を見てクラリスはキュンとしました。

しかしその日は声を掛けることもできず、その様子を遠くから眺めているだけなのでした・・・

ーーー記念式典当日、用意されたドレスを見に纏い

クラリスは社交界デビューの場へ向かいました。

王都にきてすぐパトリスが女嫌いで有名なのをクラリスは知りました。

それを聞いて最初は落ち込んでいたけれど、

自分があの時のクリスだったのだと告げればもしかしたら

また笑ってくれるかもしれないという一筋の希望だけは捨てきれませんでした。

久しぶりに見たパトリスは元気そうで、

不器用だけど優しくてぎこちない笑顔が愛おしく感じました。

周りの皆がざわついたのでそちらを見ると、

先に国王陛下夫妻が来られ、その後に王弟殿下のリュシアンとパトリスが

入ってきました。

パトリスはこのモンテルオ王国軍の第三部隊隊長でその姿はとても凛とした姿でした。

あんなに会いたいと焦がれていた人なのに、

視線すら交わらないほどこの煌びやかな光景にクラリスは埋もれてしまっていて、

パトリスと自分とは住む世界が違うんだという現実が突き刺さりました。

すると、周りの女性たちが国王陛下と王妃陛下は結婚して3年も経つのに、

産まれたのは王女殿下1人でもう2年前なのに王子殿下はまだなのかしら?

とヒソヒソ喋り始めました。

早くお世継ぎが誕生しないことにはこの平和な時もいつまで続くのかと

不安になってしまうわ~と笑って話す様子を感じて、

クラリスは自分に置き換えて聞いてしまいました。

自分の母親は自分を産んだばかりにとても苦労させてしまったけれど、

それでも今でも変わらず愛してくれてるから、

女も男も関係ないと思ったからです。

居ても立っても居られなくなったクラリスはそんな話をクスクス笑いながら

話している女性たちに声を掛けました。

国民が不安と思ってるとかどの国民でしょうか?

私の知る限りそのように思ってるモンテルオの民は1人もおりません。

皆が王妃陛下を敬愛し、国王陛下を尊敬しております。

この国には継承に関する男女の定めはなかったはずです。

幸いなことに王女殿下はとても利発でいらっしゃるとのこと。

私達がなすべきは下世話な心配ではなく、

臣下として国王陛下のお力に少しでもなれるよう努力することでしょう?」

周りがクラリスの方へ注目してしまい、「しまった!言い過ぎた!」と

思ったクラリスは、その場から逃げ出してしまいました。

いくら未熟でも取り繕いもせず逃げ出すなんて愚かだ・・・

そう思いながら、もうこのまま隠れていたいと庭に飛び出ました。

そんな中、男性のため息が聞こえてきてクラリスは体をかがめて

草木の陰に隠れました。

巡回の警備兵かな?そう思ってそーっと男の顔を見ると、

なんとパトリスがその場に立っていたのです!

ずっと会いたいと思っていた人がすぐ近くにいると分かり、

街で見かけた時は声を掛けられなかったけど、

今ならもっと近づけるかもしれないと思っていると・・・

「何者だ?」

鍛え抜かれた軍人のパトリスは人の気配をいち早く感じ取り、

クラリスの身体を抑えたのです。

 

『男装令嬢の不本意な結婚』4話 感想

父親が亡くなったのと同時にクリスは死んだことになり、

その代わりに双子のクラリスという妹がいたという設定で世に出たクラリス。

社交界デビューはドキドキしましたが、そこでパトリスに再会できてよかったです!

でも、女としては初めて会うし

簡単に「あの時のクリスだ!女だったんだよ!」って声なんて

掛けれないですよね~(苦笑)。

たしかにパトリスなら「そうか」で終わらせてくれそうですが、

逆に騙してたのか・・・って言われたらどうしよう・・・と私なら考えちゃう。

でもクラリスはクリスだった時と変わらず、正義感に溢れていて前向きな

所もあって素敵だなと思いました。

悪い噂好きの女の人たちによく言った!と手を叩きそうになりましたw

*まとめ*

『男装令嬢の不本意な結婚』4話のネタバレを紹介しました!

隠れていたのにパトリスに気付かれてしまったクラリス。

ぐっと気に押し付けられ、首元も掴まれて!?次回の話の続きが気になります!

男装令嬢の不本意な結婚アイキャッチ画像
男装令嬢の不本意な結婚【無料】で最新刊まで一気に読む方法!男装令嬢の不本意な結婚【無料】で最新刊まで一気に読む方法!とある事情で男として育てられた伯爵令嬢のクラリスは、少年の姿で不愛想な軍人パトリスと友情を育む。しかし、三年後、女性として社交界デビューしたクラリスは、最悪の状況でパトリスと再会する…...