サスペンス・ミステリー

デブとラブと過ちと!【ネタバレ28話】お泊まり!?

『デブとラブと過ちと!』 コンプレックスの塊だった夢子はある日、大事故にあう。なんとか命を取り留めたが、目が覚めた彼女はまるで人が180度変わってしまっていてた。超ポジティブになった夢子によって周りの環境は大きく変わっていき・・・?!

圭介とディナーの約束をしていた夢子。しかし急な残業で遅くなり、お店は閉店

してしまいます。夢子がお店に駆け付けると圭介は夜の雨の中待っていました。

そしていきなりハグをされてしまった夢子は・・・!?

『デブとラブと過ちと!』28話のネタバレを紹介します!

『デブとラブと過ちと!』
最新刊★先行配信

デブとラブと過ちと!【28話】ネタバレ!

土砂降りの雨の中、

圭介にハグをされた夢子は

びっくりして傘を落としてしまいます。

どうやら圭介は泥酔しているようです。

このままではびしょ濡れだし、

風邪をひいてしまうと思った夢子は

圭介を連れてタクシーに乗り込みます。

しかし、行き先を聞いても圭介は眠っていて、

教えてもらえません。

仕方なく自分の家に連れて帰ることにしました。

家に着くと両親がびっくりして、

玄関で出迎えます。

夢子がびしょ濡れの男の人を担いて帰って来ました。

こちらは副社長よと夢子が説明すると、

母はすごいイケメンと行って大喜びします。

和室に布団とタオルを用意して、

圭介を寝かせます。

圭介はものすごい視線を感じます。

でも嫌な感じではなく、

見守られているような感じがします・・・

と夢から目を覚ますと、

夢子とその両親が自分を覗き込んでいて、

驚いて飛び起きます。

夢子が両親を紹介します。

そして酔っていたから

連れて帰ってきたことを説明すると、

圭介はすぐにおいとましようとします。

しかし、夢子の母はもう遅いし、

外は雨だから副社長の身に何かあってはならないと

帰らないで欲しいと懇願します。

夢子の父も今夜は泊まって行ってくださいと言います。

そして夢子はお風呂が沸いたわと言います。

3人のすごい圧に負けた圭介は、

お言葉に甘えて泊まらせてもらうことにしました。

湯船に浸かってゆっくりした圭介は、

夢子を抱きしめたような記憶が蘇りますが、

夢なのか現実なのかはっきりしませんでした。

風呂から上がると、

夢子の親父さんのパジャマをお借りします。

ズボンの丈がだいぶ足りず、

ツンツンテンです。

しかし夢子は、

おじさんパジャマで無造作ヘアの圭介も

素敵だと胸キュンするのでした。

ではゆっくり休んでくださいと行って、

夢子とお母さんが部屋から出て行きます。

すると和室にお父さんが正座で待ち構えていました。

何やら険しい表情をしています。

どうかされましたか?

と声をかけると、

あの子は会社でちゃんとやれてますか?

とお父さんが質問します。

持ち前の明るさでみんなを引っ張ってくれてますよ。

夢子さんは我が社に必要な人です。

と圭介が言うと、

お父さんは安心したようで、

目頭を熱くさせるのでした。

ずっと夢子が心配だったのだと話し始めます。

幼い頃はよく食べる明るい子だったのですが、

思春期に入ると殻に閉じこもるように

なってしまったようです。

やがて笑顔も消え、

時々何か思い詰めているようだった言います。

だから、記憶喪失で別人のようになった夢子に

戸惑いつつも嬉しかったのだと言います。

辛い過去が忘れられるのならば、

このまま夢子の記憶が戻らなければいい

思ってしまうのだと、

お父さんは胸の内を話してくれました。

そして、お父さんから、

夢子をよろしくお願いします!

と頼まれるのでした。

圭介は床に着くと、

夢子の過去について考えるのでした。

そして夢子に言われた

昔も今も、圭介さんが好き

という言葉を思い出すと、

胸がズキンと痛むのでした。

次の日に朝、

夢子は幸せそうにパクパクと朝食を食べます。

朝から何杯目かのおかわりをします。

夢子がお母さんの卵焼きがおいしいというと、

お父さんは夢子に自分の卵焼きを差し出します。

それを見てお母さんが甘やかさないで下さいと言うと、

お父さんはすまんと謝るのでした。

それを見ていた圭介は、

とても微笑ましく思うのでした。

久しぶりの明るい食卓で、

圭介は嬉しくて胸がいっぱいになります。

お母さんは張り切って、

おひたしを勧めたり、

お味噌汁を温め直したりしています。

夢子と圭介は一緒に出勤します。

素敵なご両親だねと圭介が言うと、

夢子は私の家族だもの!と言うのでした。

そして昨日の話を持ち出すと、

お互いに謝ります。

何か変なことしなかった?と圭介が質問すると、

夢子は昨夜のハグを思い出し、

顔面が真っ赤になります。

それを見て圭介は確信し、

昨日のハグは夢じゃなかったと知るのでした。

そして夢子に頭を下げると、

夢子はいいのよ、間違うことは誰にでもあるわ

と言います。

すると圭介は真剣な顔で、

間違いなんかじゃないよ。

ハグをしたのはそうしたかったからだと言います。

そして、圭介はもう一つと言って、

たとえ記憶が戻っても戻らなくても、

俺にとって夢子ちゃんは大切な人なんだ

と言うのでした。

すると舞い上がった夢子は

私も圭介さんが大切よ!

と言った後、

いつものポジティブ精神全開で話し始めます。

ハグすると幸せになるそうじゃない?

第一私のような美女とハグしたくなるのは当然よ!

なんならいつでもするわ!

昨日のことあんまり覚えてないから、

今、いいかな?と圭介が言うと、

一瞬戸惑う夢子ですが、

両手を広げて超ウェルカムよ!と言います。

するとにっこりと笑った圭介は、

ありがとう、これでしばらく頑張れるよ

と言って夢子をそっと抱きしめるのでした。

私しか知らない圭介さん、

二人だけの幸せな時間

過去も事件も忘れて

今が永遠に続けばいいのに・・・

と夢子は思うのでした。

—松陰時尊はあくびをしながら

自転車で出勤します。

すると会社のドアの前にいる

夢子の姿が目に入りました。

そして夢子が微笑む視線の先には、

副社長の圭介がいることを知り松陰時は・・・!?

デブとラブと過ちと!【28話】感想

夢子のご両親も交えて、心温まるストーリーの回でした!

特に朝食のシーンがほのぼのした温かい家庭を感じられてよかったです。

まとめ

『デブとラブと過ちと!』28話のネタバレを紹介しました!

夢子と圭介と松陰時の三角関係が見えてきました!

夢子の圭介に対する気持ちは揺らがないと思いますが、

これからどんなことが起こるのか楽しみです!

『デブとラブと過ちと!』
今すぐ無料で試し読み!!