サスペンス・ミステリー

デブとラブと過ちと!【ネタバレ30話】俺が守ります!

『デブとラブと過ちと!』 コンプレックスの塊だった夢子はある日、大事故にあう。なんとか命を取り留めたが、目が覚めた彼女はまるで人が180度変わってしまっていてた。超ポジティブになった夢子によって周りの環境は大きく変わっていき・・・?!

尊の歓迎会が終わった後、夢子と尊は公園で2次会を始めます。尊は「日本中の誰もが知っているお菓子を作りたい」と夢を恥ずかしそうに語りますが、夢子はそれをきっと叶うわと応援します。そして・・・!?

『デブとラブと過ちと!』30話のネタバレを紹介します!

『デブとラブと過ちと!』
最新刊★先行配信

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

デブとラブと過ちと!【30話】ネタバレ!

尊くんならできるわ!きっとできるわ!

夢子はひとしきり楽しそうにブランコを漕ぐと、トンと着地します。

さて!そろそろ帰りましょうと夢子が言います。

尊が近所まで送ってくれることになりました。

公園を横切って帰る途中、ベンチに二人の男性が座っていることに気づきます。

んっ!?あなた達、いつからそこに?と夢子が訊きます。

お久しぶり、幸田さん。今日はまた違う男性をお連れで?おモテになりますねぇとボサボサ髪の男が答えます。

あら、当然よ!私が魅力的なのは事実なんだもの!モテてしまうんだから仕方ないでしょ!?

と夢子が言うと、

相変わらず脳内花畑だなとボサボサ頭が言います。

すると、

尊がこの人たちは誰かと質問します。

捜査一課の南と谷川ですそう言って、二人は警察手帳を見せました。

尊は二人が刑事だと知り驚きます。

そういうあなたは、幸田さんの後輩の松陰時さんですよね?

と南刑事が言います。

尊はいきなり名前を言い当てられて、ゾクッとします。

ちょっと!尊くんは関係ないでしょ!用がないなら帰ってちょうだい!と夢子が言います。

すると、

報告があると南刑事が言いました。

夢子を少し離れたところに連れ出し、ひそひそと話し始めました。

あの日の才原梨香子の目撃情報で、現場付近のコンビニ店員の証言です。

犯行推定時刻直後の17時頃、廃墟から走って出てきた彼女を見たそうです。

ひどく慌てている様子で、石につまずいて派手に転んだ彼女に、「大丈夫ですか?」と店員は声をかけました。

しかし、彼女は何も言わず、激しく震えたまま、駅の方へ走り去ったのでした。

よく廃墟に若者が肝試しに来るらしく、今回もその類だろうと思ったそうですが、女性一人というのは珍しいので覚えていたのだと言います。

南刑事が梨香子の写真を見せて、店員に確認したところ、本人と一致したのでした。

才原梨香子に事情聴取をとろうと考えていると南刑事が言います。

なっ・・・!やめて!梨香子さんは今病気で入院・・・と夢子が言いかけると、知ってると南刑事が言います。

近日中に梨香子は退院する予定なので、そしたらの話だと言います。

すると、

すぐ退院できるのね!よかった!と夢子が喜びます。

ったく、あんたにゃ呆れるぜと南がため息をつきます。

どういう意味よ!ハハーン、わかった!呆れるくらい可愛いってことね!と夢子は言います。

ところであんたは何か思い出したか?と南に聞かれると、夢子は取り乱した梨香子が包丁を振り上げて襲ってくるシーンを思い出しました。

でも、私の勘違いかもしれない・・・

前後のことは全然思い出せません。

まだ言えないわ・・・

そう思った夢子はまだ、何も・・・と答えます。

ふむ・・・とにかく!断ったからな!後から勝手に〜!だの聞いてない!だの怒るなよ!と言うと、二人は去って行きました。

夢子に背を向けて歩き出した二人は、小声で会話をします。

あいつ、何か思い出してるぞと南が言うと、自分もそう思います。幸田さん動いてくれますかね?と谷川が訊きます。

間違いない。動物並みに単純だからな。と南が言います。

そして、

うまくいけば前園と結城も動かざるを得なくなると南が言うのでした。

夢子は月明かりのキレイな夜道を歩きながら考えます。

事情聴取・・・どうしよう。私が先に梨香子さんに話したかったのに・・・圭介さんに相談してみようかしら・・・それでもまず夫である前園課長に・・・

夢子さんっ!と尊が呼びます。

夢子は尊のことを忘れていました。

捜査一課って殺人事件とか扱うんですよね?まさか、夢子さん・・・刑務所に手紙書きますねと尊が無念な表情で言います。

ありがとう・・・って違うわ!そうじゃないの!と夢子は慌てて否定します。

じゃあ何があったんです?誰にも言わないから教えて下さいよぉと尊が懇願します。

夢子は仕方なく全てを話しました。

すると、

マジですか・・・そんなことが・・・!夢子さんがそんな大変な思いをしていたとは・・・と言って尊は衝撃を受けます。

まあね、仕方ないわ。美しい杭は打たれる運命なのよと夢子は脳内花畑です。

すると尊は、わかりました!俺が夢子さんを守ります!と言います。

犯人がまだ捕まっていないし、またいつ夢子が襲われるか分かりません。

今この瞬間も狙われているかもしれないと夢子を心配します。

安心して下さい!近所だし、明日から毎日会社の送迎します!任せて下さいね!と尊が言います。

えええーーーっ!夢子は顔が引きつってしまうのでした。

その日の夜、

梨香子が入院している病室に静かに入ると、眠っている梨香子の顔を眺めます。

すると、看護師がやって来て、前園さん?奥さんね、夕方目を覚ましてゼリーを少し食べて、お薬飲んでさっき寝たところよ。もう消灯時間過ぎてるから手短にねと言います。

前園は小さなフラワーアレンジメントを置いたらすぐに帰るつもりです。

椅子に腰掛けると、昼間のことを思い出します。

慌てて病室に駆けつけると、梨香子の母親がすでにいて、号泣していました。

たまたま私が様子を見に寄ったら、倒れていて、意識がなくて・・・そばに睡眠薬の空き瓶が・・・さっき全部吐かせたら、大丈夫って・・・お医者様が・・・と梨香子の母親が言います。

すみません、ありがとうございます、お義母さん・・・と前園が言うと、

お礼なんかいらないわ!あなたって人は・・・娘をこんなに苦しめて・・・!どれだけ傷つけたら・・・!!と言って泣き崩れました。

ちょうどその時、社長と副社長の圭介が病室に到着しました。

気が済んだかね、もう帰ってくれと静かに社長が言うと、取り乱した母親を支えました。

病室を出た前園を追いかけてきた圭介が言います。

前園さん、俺はすぐ社に戻ります。社長夫妻も夕方には帰すようにします。夜なら誰もいないかと・・・

そう言われて、前園は夜に出直して来たのでした。

静かに眠る梨香子の手を握ります。

前園さん、そろそろと看護師が言いに来ました。

静かな病室にはすぅすぅと穏やかな梨香子の寝息が聞こえています。

梨香子の手をぎゅっと握り強く握ると、前園は病室を後にしました。

その後で梨香子は目を覚まし、テーブルの上にある花に気が付きました。

お花・・・夕方にはなかったのに、誰か来たのかしら・・・?

そして、

手のひらを見つめます。

夢の中で前園さんがずっと握ってくれていました。

前園さん・・・会いたい・・・

梨香子は溢れ出す涙と感情を止めることができませんが・・・!?

デブとラブと過ちと!【30話】感想

脳内花畑の夢子さん、今回もポジティブ全開で面白かったです!それから、前園のお見舞いシーンや、梨香子が前園を思って泣くシーンでは感情が伝わってきて、切な過ぎて胸が痛みました。

まとめ

『デブとラブと過ちと!』30話のネタバレを紹介しました!

梨香子の事情聴取が始まりそうです!夢子や前園や結城がどのように絡み合っているのかすごく気になります。次回も楽しみです!

『デブとラブと過ちと!』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/