BLマンガ

デリバリーハグセラピー【ネタバレ1話】親友の結婚式

『デリバリーハグセラピー』桜庭貴一(29)は独身を誓い合った親友が結婚してショックを受ける。馴染みのバーで酔っぱらって寝てしまい、介抱してくれたのはピカピカの20歳のイケメンで・・・?!

いつまでも独身だったら一緒に住もうって言ってたのに、

親友は好きな相手と結婚する・・・

ヤケになって飲んでいるといつの間にか眠ってしまっていて・・・?

『デリバリーハグセラピー』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国公式サイトへ

『デリバリーハグセラピー』1話 ネタバレ!

「結局お前と遊んでいるのが一番気楽でいいんだよな~。

このままあと5年ぐらいお互い1人だったら一緒に住まん?」

親友がそう笑いながら話していたのは3年前・・・

2週間後、そんな親友も結婚することになりました。

ーーーー久しぶりに馴染みのバーで飲みすぎた桜庭が目を覚ますと、

自宅ではない場所でした。辺りを見回すとそこは飲んでいたバーで、

どうやら酔ったまま寝てしまったようでした。

桜庭がキョロキョロ見回していると、

「あ 起きました?気分はどうですか?」

ピチピチの若いイケメンが話しかけてきました。

「・・・誰だっけ?」

見覚えのないそのイケメンに桜庭はそう聞いたのでした。

ーーーいつだって桜庭は「平凡な人生・・・それでよし」と思って生きてきました。

なので、顔はイケメンでモテますが合コンとかにも女にも最近興味はありませんでした。

のびのび自由に過ごしたいと思うと、平穏を脅かすような恋愛はしたく

ないし、必要ないと思っていました。

20大も半ばまではそれなりに遊びもしましたが、でもいつだってしっくりきませんでした。

自分の好きに振る舞えば彼女を怒らせたり泣かせたり・・・

まぁ元々彼女たちに大した興味がなかったので、当たり前だなと思いながら

誰かと生きるのは向いてないとつくづく感じていました。

唯一、こいつとならずっとつかず離れず上手くやっていけそうだと

思ったのは彼女じゃなく、同棲の腐れ縁の親友でした。

彼女を作らない桜庭に同僚からは「可愛い奥さんに出迎えられて癒されたい」とかないの?

と言われますが、近くにいてほしい人間が異性だとか恋愛感情をもった

相手とは限らないだろうと思っていました。

ーーー親友の結婚式当日、スピーチをした桜庭に親友がお礼を言いに来ました。

「いい式だったな」と言うと、親友は嬉しそうな顔で

「今まで近くにいてくれたのがお前でよかった。」と言われ、

過去形にするんじゃねーよと思いながら、「結婚おめでとう」と祝福しました・・・

桜庭は今でもふとした時、一番近くに居るのが親友ならいいのにと思っていました。

ーーーその結婚式の帰り道にバーによって飲んでいると

記憶を飛ばして寝てしまったようで、桜庭は客も帰ってマスターもいないのに

バーに迷惑をかけたかと思うと青ざめました。

目の前にいるイケメンもバイトの子だと思い出し、桜庭が焦っていると

ふっと笑われてしまいました。どうした?と聞くと、イケメンが

仕事で来る姿と印象が違うのでつい笑っちゃいましたと言われました。

ちなみに今は3時過ぎで、マスターが起きるまでついてやっていてくれと

言っていたのでとイケメンが言うので、もう遅いし迷惑かけたので家までのタクシー代を

出させてくれと桜庭が言うと、気にしなくていいしこのままバーで自分は泊まりますよと

イケメンは言いました。そんなことは申し訳ないので、

家が近いので自分ん家に泊まらないか?と桜庭が言うと、イケメンは

良く知らない人間を言えに招き入れるなんてお人好しですねと言って笑いました。

それを言うなら君だってよく分からん酔っ払いに付き合って1人で待っていてくれただろ?

と桜庭が言うと、「じゃあお言葉に甘えて」と言ってイケメンは家についてくることになりました。

寝る前に一服するからベッドを使ってくれていいと桜庭が言ってベランダに出ると、

「桜庭さんが寝こけるほどガッツリ酔ってるの初めて見ました。」

と言われたので、いつもは大人だからちゃんと抑えてるのと返しました。

「つーが別に敬語じゃなくていいし、呼び方も貴一でいい。

仕事じゃねぇ時、堅苦しいの苦手なんだ。」

今更だけど名前は?とイケメンに聞くと、

「木島尚です。20歳 学生

じゃあ俺も尚で。」

と自己紹介してきました。改めて見ると綺麗な顔してんなと

貴一(桜庭)が言うと、尚は貴一こそと言ってきました。

変な意味ではないけどな!と貴一がセクハラかもこれ!!と焦ると、

尚は面白いな~と笑ってくれました。

「それより・・・普段弁えてるのにそれが出来なかったのは何があったから?」

尚にそう聞かれましたが、

「ま、ちょっとな・・・」

と貴一は答えを濁しました。

そんな貴一に尚は、

「そっかぁ失恋かぁ。」

と返すので、貴一はなんでそうなるんだ?と聞き返しました。

土曜日に来たから仕事じゃないし、引き出物の袋を持っていたから

結婚式で失恋したのかなと思ってと尚が言うので、

貴一は「名探偵かよ・・・」と思いました。

8割正解だけどと言うと、

「けど失恋じゃねぇ。親友の結婚式だったんだよ。

中学からの腐れ縁でさ。

何かあったら傍にいんのはこいつだろうなって感じの。

だせぇ話アイツの一番じゃねぇって再確認させられて

ヤケになってたんだ。」

と貴一は話しました。すると・・・

「好きだったんだねぇ。」

と尚が言うので、新郎の方だぞ?と貴一が返すと、

底は別に関係ないし、特別大事な人だったんでしょ?と

尚がキョトンとした顔をするので、そこは関係あるだろうと貴一は呆れた顔で言いました。

恋らしい恋をしたことがなかった貴一は、

そもそも「好き」ってそういうものなのか!?と頭の中でモヤモヤし、

頭がそうと認識してなかっただけで自分はずっと親友のことが

好きだったことに今更ながらに気付いたのです・・・

「アイツの事好きだったってこと!?マジかよ・・・」

貴一がショックを受けてると、

「しんどいよね・・・ じゃあ貴一さんどうぞ!

と尚が突然腕を広げてキラキラした顔で見てきたので、

何をしようとしてるんだ?と貴一の頭に?が浮かびました。

「ハグすると幸せホルモンが出るという研究結果が出ています。」

尚がそんなことを言うので、「へぇ・・・」と貴一はポカンとした顔をしました。

「いや ちょっと待て 一旦落ち着け・・・」

意味が分かった貴一があたふたしていると、目を閉じてと言われたので

思わず目を閉じると、尚は貴一を抱きしめて

「貴一さん お疲れ様」

と言って頭を撫でてくれました。

「・・・確かに気持ちいなこれ・・・」

柔らかいし温かいしほのかにいい匂いまでするので、なんだか貴一の身体の力が抜けて行きます。

尚に抱きしめられたまま貴一は眠くなってしまい、そのまま寝てしまいました。

ーーー翌朝起きると尚は家にいなかったので、夢だったのかな?と

貴一は思いながらコーヒーを淹れました。

でも言葉にしたらずっとモヤモヤしてたものがちょっとすっきりしたな・・・

そう思いながらソファーに座ると、机の上にメモが置かれており、

『昨日は泊めていただきありがとうございました。

鍵はポストに入れてあります。

土曜は大体出勤してるからお疲れの日は見せに来て声かけてね。

またハグしに来るよ。 尚』

と書かれてあり、貴一は「いや 彼氏かよ」とツッコんだのでした。

 

『デリバリーハグセラピー』1話 感想

ずっと腐れ縁で仲が良くて、このまま独身だったら一緒に居られると

思った親友が結婚・・・なんだか心にぽっかり穴が開いた貴一でしたが、

イケメンの尚に「好きだったんじゃない?」と言われて、

そこで初めて親友のことが好きだったんだと気付きました。

まぁ貴一もイケメンだし、引く手あまただろうけど

女はめんどくさくて付き合う気にもなれなかったんでしょうね~。

でも実は男性が恋愛対象だったりパターンってよくありそう・・・

イケメン人口が減っちゃうわ!っと思いますが、

尚とのラブシーンなら見たい♡と思うぐらい絵も綺麗なので皆さんには絵付きで

見て欲しいですね~♪

*まとめ*

『デリバリーハグセラピー』1話のネタバレを紹介しました!

夢だったのか?と思いましたが、イケメンの男の子にハグされたのは夢じゃ

なかった模様♡次回次回の話の続きが気になります!

デリバリーハグセラピー【無料】で最新刊を一気に読む方法!デリバリーハグセラピー【無料全巻】で最新刊を一気に読む方法!親友の結婚式で失恋しちゃった桜庭貴一。やさぐれた貴一は帰り道に馴染みのバーで酔っぱらって寝こけてしまう。目を覚ますと9歳も年下のバイトの尚にハグされて慰められて…?...