漫画ネタバレ

デリバリーハグセラピー【ネタバレ2話】なんで余裕なの?

『デリバリーハグセラピー』桜庭貴一(29)は独身を誓い合った親友が結婚してショックを受ける。馴染みのバーで酔っぱらって寝てしまい、介抱してくれたのはピカピカの20歳のイケメンで・・・?!

介抱してくれた馴染みのバーでバイトしている尚を家に招いた貴一。

尚と話していると貴一は親友の事が恋愛対象で好きだったことに気付き・・・?!

 

『デリバリーハグセラピー』2話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国公式サイトへ

『デリバリーハグセラピー』2話 ネタバレ!

なんだか尚にハグをされるのが癖になってしまった貴一・・・

このままじゃダメだと思いながらも、今日も尚を家に呼んでハグしてもらいます。

しっかり字がを持って平穏に過ごそう・・・そう思いますが、

オプションにチューでもつけようか?と言われて、それが崩れそうになりました。

「ちなみにお前は男が好きなのか?」

貴一がそう聞くと、

「ん~ まぁどちらかと言えば。」

と尚はゆるく答えました。謎が多すぎる尚はバーに行けば会えますが、

貴一は尚の連絡先を知りません。

それぐらい「他人」の方がやりやすいし、楽だから

また家に呼べたのかも・・・なんて貴一は思っていました。

お土産があるんだ!と突然尚が言って出してきたのは、

猫の可愛いぬいぐるみでした。

貴一が癒しが欲しいと言ってたし、家は綺麗だけど殺風景で

寂しいからこいつといたら癒しになると思ってと尚に言われた貴一は、

この部屋にあるのなんか無理あるんじゃないか?と返しました。

尚がこの猫貴一に似てると笑いながら写メを撮ってくるので、

せっかくだから貰っておくわとお礼を言いました。

お風呂から上った尚をソファーに座らせて、貴一はその股の間に身体を入れ

床に座ると「どうしたの?」と聞かれたので「オプション」と答えました。

傍から見ればヤバイ図でも別に自分が損することはないし、

金もかからず小まめな連絡もご機嫌取りも必要ないし、

めんどくさい事一切なしで気分よく馴れて都合がいいからとりあえずは

目の保養でもあるし、現状維持しようと貴一は軽く考えていました。

貴一は基本的に自分のテリトリーに他人を入れるのが嫌いですが、

それが家に居ても心地よさを感じる程度には尚のことを気に入っていました。

ある日、仕事で尚の働いているバーの近くに寄ることがあり、

貴一はあの日の詫びにとマスター似た土産を持って行きました。

土曜じゃないから尚はいないよな~と思っていると、尚が後からバイトしにやってきました。

今日はハグ目的で来たんじゃないからとジェスチャーで伝えますが、

尚はまったく分かってないようで、マスターに仲良くなったの?と

聞かれた尚は「一夜を共にした仲なんで」と普通に答えるので、

誤解を招くようなこと言わない!と貴一はツッコみました。

仕事回るのここで最後ならこのまま飲んでいかないか?とマスターに

言われた貴一は促されるまま飲むことにしました。

すると、隣に座っていた女性客がこちらをみてきたので

「これは気付かないふりをしよう・・・」とそっぽを向いていると、

案の定「ご一緒していいですか?」と来たので、やっぱり・・・と

貴一は申し訳ないけど面倒臭いと思いながら営業スマイルで適当に話すことにしました。

その時に尚とパチッと目が合いましたが、尚はニコッと笑ってくるだけでした。

他の客と仲良さそうに喋っている尚を見た貴一はなんだかモヤモヤ・・・

女性客に「この後時間あったりしませんか?」と聞かれた貴一でしたが、

後々が面倒くさいという感情に勝てないというか

なんだか違う感情が入って来たというか・・・

「この後は予定があるので」と断りました。

ーーーその後、貴一は尚のバイトが終わるまで外で待ちました。

なんでいるの?と聞かれた貴一でしたが、

「お前を待ってたんだよ。・・・ハグしに来てくれんだろ?

と恥ずかしそうな顔で言いました。

そんな貴一に尚は、さっきのお姉さんたちもハグしてくれそうだったじゃん?と

言うと、貴一は

俺はお前がいいんだっての。

いや・・・これじゃ変な意味に聞こえんな。

後腐れなく人と接したいっつーか・・・。」

と返しました。土曜以外は無効か?と聞かれた尚は

「・・・いいよ。ご指名ありがとうございます。

”デリハグ”のなおです。」

と笑いました。そんな尚の顔を見て、貴一は嬉しくなりました。

そして自惚れかもしれませんが、尚も嬉しそうな様子を感じて

貴一は尚と一緒に居ると心地よく感じる理由が気になり始めたのです。

いつも穏やかで余裕ありげな尚も照れたり動揺したりするんだろうか?

色んな顔が見て見たくなってきてしまいました。

ーーーそして、家に入るとすぐに貴一は後ろから尚に抱き着きました。

「貴一さんどうしたの?」

「・・・お前はいつだって動じねぇな。

疲れてるから今日はオプション付ける。

貴一はそう言うと、以前に尚が”オプションはちゅー”と言っていたので

キスをしようとしましたが、ぐっとこらえて

風呂入った後に肩揉んでと言いました。

風呂場に消えてく貴一を見送ってから、尚は1人その場にうずくまり

「びっくりした・・・」

とボソッと言うと、その顔は真っ赤に染まっていたのでした・・・

 

『デリバリーハグセラピー』2話 感想

尚と一緒に居て心地よく感じるのは、やっぱり親友の時と同じ「恋」だと思います。

ヤキモチ妬いたり、モヤモヤしたりしてるしね~。

なんだかキュンキュンしてしまう♡

尚も平然としてるように見えるけど、それは装ってるだけで

本当は内心ドキドキしてたようですね~♡あらあら、これは両想いじゃん!

オプションのチューも早くしてほしい(願望大)!!

この先どう進展していくのか気になって仕方ない!!

*まとめ*

『デリバリーハグセラピー』2話のネタバレを紹介しました!

実は貴一の事を前から意識していた尚。

動じないでいるのは努力してるからであって・・・?!

次回の話の続きが気になります!

デリバリーハグセラピー【無料】で最新刊まで一気に読む方法!デリバリーハグセラピー【無料全巻】で最新刊まで一気に読む方法!親友の結婚式で失恋しちゃった桜庭貴一。やさぐれた貴一は帰り道に馴染みのバーで酔っぱらって寝こけてしまう。目を覚ますと9歳も年下のバイトの尚にハグされて慰められて…?...