ヒューマンドラマ

ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~【ネタバレ2話】パパを必要としています。

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』家事と育児の追われる春美。娘に愛情はあるものの家ではスマホゲームばかりしている夫の鷹史は、全く家事を手伝いません。ある日体調を崩した春美は伝説のベビーシッターを頼むのですが、、、!?

伝説のベビーシッターに会ってから少しずつ変わり始めた夫の鷹史ですが、

相変わらずスマホゲームに熱中し春美の知らぬまに課金をしてしまうのですが、、、!?

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』2話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信/
まんが王国公式サイトへ

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』2話 ネタバレ!

今日も夫の鷹史はソファーに座り

スマホゲームをしています。

美由ちゃんの機嫌はどうか尋ねると、

オムツを替えたらいい感じだよー

と言ってゲームを続けます。

多少は家事を手伝ってくれるようになりましたが、

気づけばゲームばかりしています。

でも、以前に比べればマシになりました。

夫の小さな変化はあのベビーシッターさんの

おかげなのかなと春美は思うのでした。

日中体を動かすと夜泣きが減ると聞いた春美は、

アスレチックやジャンバルーを購入したいと

鷹史に相談します。

いずれも1万円から2万円ほどする

高額なおもちゃです。

必需品ってわけでもないし、

大きくなったら要らなくなるものだから、

もうちょっと考えようと鷹史は言いました。

春美は銀行とスーパーに行ってくるので、

その間美由ちゃんを鷹史に頼んで、

出かけていきました。

春美は通帳を見ると驚愕します。

「何これ、、、」

なんとスマホゲームの課金が5万円もされているのでした。

このせいで美由ちゃんのおもちゃを渋っていたのだと

知った春美はもう限界に達しました。

自分勝手な夫に腹が立ちます。

どういうことなのか

ちゃんと話を聞こうと家に帰ると、

美由ちゃんの激しい鳴き声が聞こえてきました。

「どうしたの?」と駆けつけると、

鷹史は美由ちゃんを抱いたまま、

オロオロとしているのでした。

「バウンサーから落ちちゃって、、、」

そう言う夫に春美は

「見てなかったの!?」と言って

激怒します。

多分大丈夫だよと言う夫に、

春美は完全にキレました。

「頭を打って突然死んじゃうことだってあるんだよ。

今すぐ病院に行くから車出して!!」

検査の結果は異常なしでした。

一安心した二人ですが、

春美の怒りは収まりません。

「またゲームに夢中になってて、

目を離したの?」

それから、相談もなしに5万円と言う大金を

ゲームに課金したことを問いただします。

二人は言い合いになりました。

俺の稼いだお金だ!

私だって買い物や美容院に行きたい!

行けばいいだろ!

いつも居ないじゃない!

それにちゃんと美由を見てられるの?

カッとした鷹史はこう言いました。

「なんだよそれ!俺のこと信頼してないのかよ!」

春美は涙が溢れそうになりました。

信頼したいけど、

今のままでは無理です。

もっとちゃんと家族のことを

美由ちゃんと私のことを見て欲しいのに、、、

と思うのでした。

自分の気持ちをはっきり伝えたら、

二人の関係にヒビが入ってしまいそうで

言えませんでした。

ある日公園のベンチに座っていると、

春美に電話が入りました。

名古屋にいる父が入院することになったのです。

母は足が悪いので、入院の準備や実家のことが

心配になるのでした。

するとそこに、ベビーシッターの柏木が現れます。

またトマトちゃんとタマゴちゃんが

話を聞いてくれると言います。

春美は正直に全てを話すと、

僕たちにいい考えがあるよ!

と言ってくれるのでした。

すると、

また鷹史の目の前に

あのベビーシッターがやって来たのでした。

春美は美由のことをお願いねと言って、

名古屋へと出発して行きました。

トマトちゃんとタマゴちゃんは

「また一緒にお家のこと頑張ろうね」

と鷹史に話しかけます。

鷹史はまた自分一人に任せられず、

ベビーシッターを頼んだのだと思うと、

やる気が一気に失せるのでした。

ベビーシッターに対して

「仕事はちゃんとやれよ、一切俺に指図すんなよ」

そう言うとソファーに座り

またスマホゲームをやり始めます。

その間、柏木はテキパキと

家事とシッターをこなします。

そして、トマトちゃんが鷹史に話しかけます。

「美由ちゃんがパパと遊びたいって言ってるよ」

もうちょっと待っててなーとパパが言うと、

美由は泣き始めました。

「あーもううるさい、今忙しいから話しかけるな」

そう鷹史が言うと、

柏木は美由ちゃん泣かないで、

パパはあっちだよと言ってあやします。

「シッターなのに泣かすなよ」と言いながら

鷹史はしぶしぶ美由に近寄ります。

「パパだったら泣かないよな」

と言って美由に手を伸ばすと、

美由はその手をパチンと叩き、

さらに大声で泣き出しました。

鷹史はどうしたんだ?と困惑します。

「人見知りですよ」

と柏木が言います。

これから美由ちゃんは個々を

見分けられるようになっていくのです。

「今のあなたは知らないおじさんと同じです」

そう言われた鷹史は激昂して、

柏木の胸ぐらを掴みます。

「これからが父親として認識してもらえるか

どうか大事な時期なのです。」

急に鷹史は不安になり始めます。

「知らないおじさんになりたいですか?

父親になりたいですか?」

そう言って柏木は鷹史の手を

振り解きます。

美由ちゃんはこの前シッターに来た時よりも

たくさん笑うようになったのだと言います。

小さな変化ですが、大きな成長です。

それをあなたはちゃんと見れますか?

そう柏木に言われた鷹史は悔しがります。

しかし、家の事も美由の事も鷹史がやると

文句を言われてしまうのです。

「俺は必要とされてないんだよ、、、」

すると柏木は本当にそうでしょうか?と

語りかけます。

「美由ちゃんも春美さんもあなたを必要としています。

あなたがそれを見ないフリをしているだけです。」

鷹史はやっと気づきます。

春美はちゃんと俺のことを見てくれていたのに、

俺が気づかないフリをしていたんだ、、、

改心した鷹史は素直に柏木に謝ると、

料理を教わることにしました。

トマトちゃんとタマゴちゃんも乗り気です。

「いいよ」「一緒に頑張ろう!」

そして、春美が帰って来ました。

鷹史は美由を抱っこして、

面倒を見ています。

食卓にはサラダとカレーライスが用意されていました。

鷹史が作ったのだと言います。

そして、シッターさんは初日で帰ってもらって、

鷹史が休みをとって、

美由の面倒を見ていたのだといいます。

そして鷹史はバッと頭を下げると、

「俺が悪かった」

と春美に謝ります。

美由と一緒に過ごしてみて、

家事と育児の大変さが身に沁みたと言います。

今まで全部春美に任せっきりだったことを

本当にごめんなと言って心から謝ってくれたのでした。

そして、これからは家族の時間を大切にする

言ってくるのでした。

春美も「私もごめんね、

臆病になりすぎて、

自分の気持ちをもっとはっきり伝えるべきだった」

と言うのでした。

そしてもう一度二人で頑張ろうと誓い合うのでした。

それから鷹史は人が変わったかのように、

美由の面倒もよく見るし、

家事も手伝ってくれるようになりました。

美由ちゃんを連れて、

公園にお散歩に来た春美は、

友達のなおちゃんに電話します。

「元気しとる?」

すっかり旦那が改心して変わってくれて、

美由の面倒も見てくれるし、

ご飯も作ってくれるようになったと

報告します。

「伝説のベビーシッターって言われるのも

わかる気がするわ」

と春美が嬉しそうに話すすぐそばのベンチに、

お腹の大きい女性が聞いているのでした。

「伝説のベビーシッター?」

と彼女は首を傾げているのでした。

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』2話 感想

旦那様が改心してくれてよかったです!

絶妙な間合いでトマトちゃんとタマゴちゃんを使う柏木にも感心しました!

*まとめ*

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』2話のネタバレを紹介しました!

次回、お腹の大きな女性も何やら悩みを抱えていそうです。

どのようにして伝説のベビーシッターと絡んでいくのか楽しみです!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国公式サイトへ