ヒューマンドラマ

フォーチュン・エフェクト【12話】ネタバレ!ポジティブを押し付ける友人

『フォーチュン・エフェクト』は、美しいタロット占い師、胡蝶が道行く悩める人を占い、笑顔に導く物語です。

次に胡蝶の目に飛びこんできたカードは、吊るされた男の逆位置。

ある女性は、店でいつも同じものを注文して、冒険しない友人に

もっといろいろなことに挑戦しないと幸せになれないとアドバイスをするのでした。

『フォーチュン・エフェクト』12話のネタバレを紹介します!

\先行配信中☆ココでしか読めない!/
BookLive公式サイトへ

フォーチュン・エフェクト【12話】ネタバレ!

岸辺珠子は友人の笹前希花に職場の後輩が好きになったからという理由で

彼氏にフラれたことを報告しました。

すると希花周りを気にせず大声で珠子の代わりに怒りました。

そんな希花を周りに迷惑かかるから静かに!となだめながら、

珠子は最近変だと思っていたし、その後輩は自分と真逆に可愛いから

しょうがないと言いました。

しかし、希花はそれを許しません。昔からだけどそういうネガティブな考えが

ダメだし、もっとポジティブに考えて努力をして次の彼氏をゲットしよう!と

言ってきたのです。珠子は別に明るくなりたいわけでも、

頑張ってる感出したいわけでもありません。でも、自分も一緒に協力するしと

言ってくれる希花の気持ちを無碍にするわけにもいきませんでした。

その帰り道、道端で会ったタロット占い師・胡蝶に

珠子は悩んで希花のことを相談してみることにしました。

実は希花とは高校時代からの友人なのですが、ことあるごとに「ポジティブに!」

と自分の意見を押し付けてくるのです。

自分にはそんな考えは向いてないから・・・とげっそりしながら断ると、

向いてないなんて逃げだし、ネガティブ用語禁止!と強く言われてしまったのです。

強引モードに入った希望花は何をしても引き下がらず、本気でしんどいしかありません。

諦めでも逃げでもなんでもいいけど、向いてないって判断を本人がしているのに

どうして他人の希花がそんな強い言葉でやり込めようとするの?と

珠子は日に日にストレスを感じていました。

ーーーある日、2人でお茶をしていると会社の同僚の河合が

偶然に出くわして声を掛けてきました。爽やか風な河合を見て

2人の空気管を感じた希花は「良い感じじゃん」とニヤつきました。

珠子はちょっとは気になっているけど、まだ好きとはそういうんじゃないのにと

思ってそういう関係でもないしと言うと、希花は張り切って

河合に好かれるようにもっとポジティブに頑張ろう!と鼻息を荒くしました。

自分が自分のままでいるのってそんなに責められるべきなのか?

そう疑問に思った珠子は泣きながら胡蝶に、自分はいったいなんのために

努力してるのか分からないと言いました。

すると、胡蝶がタロットカードを並べ始め、出たカードは

”「吊るされた男」の逆位置”でした。

胡蝶は貯めながら、貴方の努力は骨折り損と出ていますと言いました。

それを聞いた珠子はスッキリして「やっぱりね」と思いました。

無駄な事頑張るより、自分のやりたいことやってる方がずっといいし、

こんな自分が原因で彼氏にフラれようが彼氏ができなかろうが

それが自分なんだから!とネガティブと言われても受け入れることに決めたのです。

会社の昼休み、1人でお弁当を広げていると河合がやってきました。

他愛もない話をしていると、最近元気がなかったからいつもに戻ったみたいで

安心したと河合に言われました。

顔に出ないのにまさか出てたなんて・・・!珠子は慌てました。

すると河合は「自分が好きだから気付いてたんだ」と突然告白してきて、

珠子は驚きました。しかし、ずっと希花に「ネガティブすぎる」と言われ続けていた

珠子はそのことが頭によぎり、自分みたいなネガティブな女なんてと俯きました。

すると河合は珠子のどこがネガティブなの?ときょとんとした顔をしました。

あえて言うならすごく冷静で仕事が出来て、助かった覚えしかないけどと言われ

珠子はとても嬉しく感じました。

翌日、珠子は希花にもう彼氏出来たから色々協力してもらわなくて大丈夫だし、

やっぱり自分にはポジティブは向かないし、

彼も今の自分のままでいいって言ってくれたからと言いに行きました。

それを聞いた希花は「そんなのどうせネガティブ同士の馴れ合いでしょ?」

失礼なことを言い始めました。希花はヒステリックになりながら、

自分の方が珠子よりずっとずっと頑張って前だけ見て下を向かない様に

必死でポジティブに生きてるのに彼氏が出来てもヤバイ男ばかり寄ってくるし、

仕事だって人間関係最悪だし、それでも頑張ったら頑張っただけ報われると

思ってるのにいいことないんだから!と言いました。

なのになんでポジティブになる努力投げ捨ててる珠子なんかが

幸せそうに笑うのか分からないと言って泣き崩れたので、

珠子はそんな希花に幸せをかみしめて笑うには希花が元気でいる必要があると言いました。

なぜなら頑張るってすごく疲れるし、すごいやりたくなくなる事あるじゃん?

それでも頑張った希花は偉いけど頑張りすぎて無理してたら

いつか疲れ切って自分が潰れちゃうよ?

疲れ切ってしまったら幸せに笑えるかな?と冷静に指摘しました。

だから希花の強引モードは今日で終了だと珠子は言い切って、

幸せに笑いたいなら今の自分が皴背って思えなきゃと希花に珠子が言うと、

希花は今までの自分の重荷を下ろしたかのように大泣きしました。

2人はその後、いい友達関係に戻ったのです。

ーーー前向きであれ、後ろ向きであれ皆向く方向は千差万別です。

何より”前”がどちらかなんてそれこそ人それぞれ・・・

自分が前と思った方向だけ見つめていると、視野が狭まり

思考が固まり自分自身の幅と幸せの幅を狭めてしまいます。

それに気付けたことが今回の努力の賜物でしょう。

 

フォーチュン・エフェクト【12話】感想

何よりも自分の考えが正しいからと思い込んで、

その考えを相手に押し付けるのはよくないですね。

ポジティブにやってればいつか幸せになると一生懸命やってきた結果、

良い事も起こらないし、むしろマイナスな事が起こってしまう・・・

それは凝り固まった考えを持ってしまってムキになっていた結果だったのでは

ないでしょうか?自分自身がいいと思った道を歩いて、しかも冷静に判断で来てる人

はそれなりの幸せを掴んで人生上手くやっていきますし、

こうでないといけない!と固定観念にとらわれた人は、結構茨の道を歩いてる

気がなんとなくします。何歳になっても柔軟な考えの持ち主でありたいですね。

まとめ

『フォーチュン・エフェクト』12話のネタバレを紹介しました!

保護権のチラシを置かせてほしいとある人物が胡蝶の所にやってきました。

その時出たタロットカードは「恋人」の正位置・・・

次回の話の続きが気になります!

フォーチュン・エフェクトアイキャッチ画像
フォーチュン・エフェクト【無料】で結末まで一気に読む方法「フォーチュン・エフェクト」美しいタロット占い師、胡蝶が道行く悩める人を占い、スカッと笑顔に導くストーリー!最新話まで無料で読む方法!...