ヒューマンドラマ

フォーチュン・エフェクト【ネタバレ18話】卑下する女性

『フォーチュン・エフェクト』 美しいタロット占い師、胡蝶が道行く悩める人を占い、笑顔に導く物語。

お揃いで買いたかったネックレスは残念ながら一点もの。初実と芽衣はお互いに

譲り合いますが、初実のいつもの口癖が出ます。「私なんかより・・・」!?

『フォーチュン・エフェクト』18話のネタバレを紹介します!

『フォーチュン・エフェクト』
今すぐ無料で試し読み!!

フォーチュン・エフェクト【18話】ネタバレ!

タロット占い師・胡蝶の元へとやって来たのは、

暗くうつくむ女性です。

「私なんかが生きてていいんでしょうか?」

下泉初実さん(27)。

見るからに何か辛いことがありそうです。

全部私が原因なんです・・・私なんかが・・・

そう言ってうつむき、自分を責め続けるのでした。

ある日、

待ち合わせに遅れてやって来た芽衣は、

顔の前に手を合わせて謝ります。

すると初実は待たされたにも関わらず、

にっこり笑って気にしないでと言います。

「私なんかと遊んでくれるだけで嬉しいんだから」

そう言われた芽衣はため息をつくと、

初実の頭をコツンと叩きます。

「私なんか」って言わない約束でしょと言って、

怒るのでした。

そして、二人は気を取り直して、

ショッピングを楽しみます。

試着室から出てきた芽衣は、

初実に意見を求めます。

すると初実は、「芽衣ちゃん、似合ってる」

と言うのでした。

しかし、芽衣は試着している服の他に、

もう一着気になってる服がありました。

迷ってしまった芽衣は、

再びどっちがいいか初実に意見を求めます。

初実は両方にあってるから決められないよと答えると、

客観的な意見が欲しいと芽衣に言われます。

「私なんかがおこがましいよ」

そう初実が言った瞬間でした。

芽衣はキッと目を吊り上げると、

試着室のカーテンを閉めて、

また言った!と言って怒り出します。

そして、罰として初実も気に入った服を試着すること!

と言うのでした。

二人は本格カレー屋さんへとやって来ました。

芽衣は初めて食べるマトンとほうれん草のカレーに

感激して目を輝かせます。

芽衣は何でも新しいものに挑戦するのが

好きな性格です。

すると初実は、

「芽衣ちゃんってやっぱりすごいなぁ。

それに比べて私なんかいつも同じ・・・」と言うのでした。

すると、芽衣は歯をギリッっときしませます。

そして自分を貶めることは許しませんよ〜!と言って

初実をフォローしてあげるのでした。

すると、再び初実が言います。

「本当私なんか・・・」

芽衣は怒鳴りつけたい気持ちを抑えます。

そしてガタンと席を立つと、

初実へのプレゼントがあるのと言って、

丁寧にリボンがかけられた花柄の包み紙を

取り出します。

以前、コーヒーをこぼして、

初実のワンピースを汚してしまったので、

その代わりに用意したのだと芽衣は言います。

すると初実は、

そんなの全然気にしなくてよかったのに、

と言ってプレゼントを受け取り、

嬉しそうな顔をします。

そして、

「私なんかのためにそんな・・・

私なんか遊んでくれるだけでもありがた・・・」

初実が言い終わる前に、

芽衣は机をバンッと叩いて立ち上がります。

「あのさぁっ!

”私なんか”って今日何回言った?」

芽衣は何度も「私なんか」と言わないで

と頼んでいました。

これでは、まるでお情けで遊んであげてるようで

気分が悪くなってしまいました。

すると初実は慌てて謝ります。

そんなつもりじゃないのだと言います。

「ごめんね、私なんかが」

無意識のうちにまた言ってしまいました。

すると芽衣は、

私と一緒にいると初実の「私なんか」が

ひどくなる気がすると言います。

そして、もう会うのをやめようと言われてしまうのでした。

胡蝶の前で初実はひどく自分自身を責めます。

「私なんかがっ・・・」

芽衣ちゃんのお友達になるなんて

おこがましかった・・・。

そう言ってうつむいてさらに落ち込みます。

二人の出会いは大学の考古学の講義でした。

考古学に興味があった初実ですが、

両親にひどく反対されて、

泣く泣く法学部へと進みました。

そんな初実に芽衣は、

親を気にせずにもっと自由に生きていい

言ってくれたのだそうです。

芽衣の話をするときの初実は、

とても良い笑顔になるのでした。

「でも、私なんかを大学に行かせてくれるだけで、

ありがたいです。」

また言ってしまいます。

でもどうしても考古学を学びたかった

初実はこっそりと考古学の講義を

受けに行っていたのでした。

すると、出欠確認の時に、

教授が他学部の生徒は珍しいと行って、

法学部の下泉初実と、

経済学部の武田芽衣は、

学部名まで呼び上げられてしまい、

目立ってしまうのでした。

初実は恥ずかしくてうつむきますが、

芽衣は堂々と自分の意見を述べるのでした。

そんな芽衣を見て、

美人な上に、

私なんかと違って素敵な人だなと思うのでした。

講義が終わるとすぐに、

芽衣が初実の元へやって来て、

あなたも他学部生なんだよね?と話しかけてきます。

初実は私なんかに話しかけてくれた!という

嬉しさと同時に何の用だろうとドキドキします。

すると芽衣は、

初日にバラされて、注目されて、緊張した!

と笑って話しかけてくれたのでした。

そして他学部同士仲良くしませんかと

握手を求めてられた初実は、

「私なんかで良ければっ」

と言うと手を握るのでした。

それから、講義の内容が難しくなってきて、

初実が芽衣に説明してあげると、

初実が話す考古学が面白いって言ってくれたのだそうです。

そして、大学を卒業しても友達だ言ってくれていました。

初実は全身をぎゅっと固くします。

「それなのに・・・一緒にいると、

気分を悪くさせちゃう私なんか・・・」

そう言いながら、

初実はさらに暗く、小さくなっていきます。

胡蝶は手際よくカードを切ります。

そして出たカードは、塔のカードです。

「明日、あなたが死ぬとして・・・

やり残したことはありますか?」

初実を目を見開きます。

死ぬ・・・?

フォーチュン・エフェクト【18話】感想

胡蝶先生がズバリ核心をつく問いかけをしたシーンが、

めちゃくちゃかっこよかったです。少ない言葉でこんなにも刺さるとは!

驚きです。

まとめ

『フォーチュン・エフェクト』18話のネタバレを紹介しました!
「死」を意識させられた初実は、一体どのようなこと考えたのでしょうか?

これ以上自分を卑下することなく自信あふれる素敵な女性に変われると

良いですね!

『フォーチュン・エフェクト』
今すぐ無料で試し読み!!