ヒューマンドラマ

【フォーチュン・エフェクト】2話ネタバレ!いびつな調和

【フォーチュン・エフェクト】は、美しいタロット占い師、胡蝶が道行く悩める人を占い、笑顔に導く物語です。

タロット占い師・胡蝶は、ある日悩みを抱えて歩いていたOLの朋子を占います。

「皇帝」のカードと占いの通り、朋子の悩みは無事解決したのでした。

次に胡蝶の目にひらりと飛び込んできたカードは「世界」。

その頃、あるカップルがまた問題を抱えていて…。

前回のように占いを的中させてくれるのか、楽しみです!

【フォーチュン・エフェクト】2話のネタバレを紹介します!

フォーチュン・エフェクト【2話】ネタバレ!

彼氏に「ダメ女」と言われた渡邊 紗幸は、彼氏のコーキに恥をかかせてしまったと落ち込みながら帰ります。

その途中、コーキの友達グループとのBBQで使った大きな荷物で、道端の「タロット占い」と書かれた看板を倒してしまいます。

そこにいた占い師の胡蝶は、大きな荷物を抱えた紗幸を見て、少し休んでいくよう提案します。

休んでいる間、世間話がてら事情を聞く胡蝶。

今日は、コーキの大学時代の友達とのBBQでした。

紗幸がいろいろ調べて準備をし、皆が楽しめるように頑張ったつもりでした。

それなのにコーキは不機嫌で、紗幸がBBQ場のレンタルを手配しなかったことを責めます。

しかし、以前のコーキは、「レンタルより買った方が安い」とレンタルを嫌がったのです。

友人達は紗幸のフォローをしますが、コーキは詫びがわりにと、友人達の分のBBQの代金を支払うと言い出します。

そして、「ホントにコイツ、使えないダメ女でさ」と紗幸を指差すのでした。

1人片付けをする紗幸をよそに、コーキ達は二次会に向かい、紗幸は荷物を持ち帰ることになったのでした。

そんな状況でも、紗幸は「自分が悪い」とコーキに迷惑をかけたことに対して落ち込んでしまっていました。

紗幸から見れば、コーキは男らしく、ダメなところも注意してくれる人のようです。

紗幸は、コーキにプレゼントされた髪飾りを、照れ臭そうに触ってみせるのでした。

その時、BBQに参加していたコーキの友達の山口が通りかかります。

山口は、紗幸が車でなく徒歩で重い荷物を持ち帰っていることに驚きます。

コーキの家まで2時間はかかるのです。

山口は、重い荷物を持って帰るのを手伝ってくれる事になります。

2人が去ったあと、胡蝶は一枚カードをめくります。

出てきたカードは「世界」の正位置。

2人の関係はあまりいい状態には見えませんが、コーキと紗幸はいびつに「調和」してしまっているのでした。

その後、家に帰ってきたコーキは、山口から連絡が来たと不機嫌そうです。

山口は、「1人で荷物持たせるなよ」と連絡してくれていたのです

「俺のダチ 荷物持ちに使うなんて
お前 どういう神経してんの?」

帰りに偶然あったことを伝え謝りますが、聞く耳を持ってくれません。

その上、山口が紗幸の事を褒めていた事に触れ、2人が浮気をしたと決め付けられてしまいます。

「人間として見損なうわ」

コーキにそんな言葉を投げられた紗幸は、胡蝶のもとを訪ねていました。

それからのコーキは、浮気していないことを信じてもくれず、家に帰ってこない日もあります。

紗幸は自分を責め続けていました。

話を聞いた胡蝶は、「あなたはとっても素敵な人よ」と笑います。

紗幸は、好きな人のために一生懸命頑張れる人なのです。

しかし、どれだけ頑張っても、紗幸の未来は「世界」の逆位置です

彼の世界が満ちれば満ちるほど、紗幸の世界は朽ち果てて色褪せてゆく…

しかし、紗幸はコーキと一緒にいられる「今」に満足しているのです。

「これからもそうだって思えるのなら、私は何も言わないわ」

胡蝶のその言葉を考えながら、家に帰った紗幸。

すると、家の中でバスローブを着た女性と鉢合わせします。

「夜まで帰ってくるなって言っただろうが」

と怒鳴るコーキ。

紗幸は謝りかけて、ふと我に返ります。

これは、明らかに浮気現場です。

散々浮気者呼ばわりされ、人間として見損なうとまで言われて、謝る必要がありません。

バスローブの女性と揉めているコーキ。

「コレはただの便利屋的な女だから、すぐ出て行かせるわ」

紗幸を指差し放ったコーキの言葉に、紗幸は冷めていくのを感じます。

「これってつまり貴方が私を捨てた的な状況?」

紗幸がそう言い返すと、コーキはコソコソと言い訳を始めます。

しかし、紗幸はプレゼントでもらった髪飾りを手でへし折り、そんなにおめでたい女じゃないと言います。

コーキは見たことのない紗幸に動揺しますが、紗幸はそれを無視して新しい彼女に声をかけます。

「その人、彼女を便利屋とかいう相当なクソッタレだから頑張れ!」

そう言った紗幸の表情は晴れやかでした。

しかし、家を出て歩いていると、すっきりした心と裏腹に涙が溢れてきます。

しかし、コーキ1人が世界の全部ではありません。

世界は無限で、紗幸は自由なのです。

その頃、胡蝶のもとには、「世界」の正位置が出ていました。

胡蝶は、紗幸の心の状態が正位置の世界になった事にホッとするのでした。

その時、胡蝶は道案内を頼まれ、そのはずみに一枚のカードが飛び出てきます。

それは、「星」の正位置でした。

あるカフェで、お茶をする友人同士の莉音と美来。

莉音は、自分のお店を持つようです。

しかし美来は、「最終的に幸せになれるのは仕事より結婚だよ」笑うのでした。

>>【フォーチュン・エフェクト】全話ネタバレまとめ!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

フォーチュン・エフェクト【2話】感想

コーキはモラハラ男のような性格ですね…。

友人の前では良い顔をして、彼女に対しては冷たく支配をし、こき使う…。

暴言だけでなく、最終的に浮気までしたコーキには怒りしか湧いてきませんでした。

友人たちもコーキの一面に気付いていないのか、触れてきませんでした。

しかし、紗幸は胡蝶の占いによって自分の道を選びました。

胡蝶がアドバイスしていなかったら、もっと紗幸の心が傷ついてしまっていたかもしれません。

今回の結末もすごくスッキリできました。

また、「世界」の正位置で、紗幸とコーキが歪に調和してしまっているという読み方が印象的でした。

人ごととして見ていたら、紗幸はこのままコーキといれば絶対に幸せにはなれないように見えました。

マイナスな方向にでも「調和」してしまっていたことがカードに現れてしまったのですね。

だから胡蝶は、紗幸がその世界を望むならなにもいうことはないと言ったのでしょう。

しかし、紗幸は胡蝶の言葉によってコーキから離れることを選びました。

好きな人と一緒にいられることは幸せなことですので、紗幸も心の中では辛いし、悲しかったのでしょう。

コーキと別れた帰り道に溢れた涙を見ていても、傷ついた様子がひしひしと感じられます。

しかし、どこかすっきりした様子で、紗幸の心の状態が良い意味でカードに現れたのを見て、すごく安心しました。

今度は、紗幸だけが我慢して合わせなくても幸せになれるような人を見つけられそうだと思いました。

まとめ

【フォーチュン・エフェクト】2話のネタバレを紹介しました!

「星」の正位置のカードと、今度は友人同士の女性2人が登場しました。

仕事か結婚か、どちらかに決めなければならないとしたら女性には難しい問題です。

この2人がなにかトラブルになってしまうのでしょうか…。

次回はどんな占い結果が登場するか楽しみです!