ファンタジー

復讐の甘い檻【ネタバレ2話】後悔

『復讐の甘い檻』 ルヴォー家の令嬢アイディーリアは政敵であるフォンタナ家の嫡子・シルヴィオとひそかに愛をはぐくんでいた。だがルヴォーの陰謀によりフォンタナは粛清され、シルヴィオも行方不明となり・・・?!

一目惚れしてしまい寝ても覚めても相手のことばかり考えてしまう2人。

ある日の晩、シルヴィオが隠れてアイディーリアを訪ねてきて・・・?

『復讐の甘い檻』2話のネタバレを紹介します!

『復讐の甘い檻』
最新刊★独占先行配信!!

『復讐の甘い檻』2話 ネタバレ!

叔父フォンタナに襲われて重症を負ったことで、

今まで少しずつシルヴィオとの関係を許してくれそうになっていた父親が、

やはり仲を認めるのは難しいと言い始めました。

あれは過激なふぉるたなの若者たちが暴走した結果だとシルヴィオから聞いていて、

フォンタナの投手やその周囲は一切関知してないことを説明しましたが

父親は聞く耳を持ってくれません。

この事態を重く見たフォンタナ家では明日にでも親族を集めた会議が開かれると聞いている

とさらに必死になって説明すると、父親はどこで何時ぐらいに開かれるのか?と聞いてきました。

躊躇なく普通にその内容を話してしまったアイディーリアは後に後悔することになるのです・・・

翌日、街外れの教会でシルヴィオと密会する日になりました。

この場所を知っているのは侍女のハンナと、シルヴィオの妹・エウリデュゲと母親だけです。

例の会議で遅れたシルヴィオが急いでやってきて、状況は深刻で

一触即発と言っていいと報告されたアイディーリアは怖くなりました。

もっと家同士和解できる日はこないのか?お互い自分たちの無力さがイヤになっていました。

それでも死が2人を分かつまで一緒に居よう・・・2人の愛は止まりません。

しかしその時!教会の外が騒がしくなり、なんだ?と思っていると

ケガをした兵士がシルヴィオに逃げるように言ってきました。

どうしたんだと聞くと、フォンタナに襲われたアイディーリアの叔父が亡くなり

人望の厚かった叔父が亡くなったことで市民たちが怒り狂い、

フォンタナへ向かって暴動を起こしたようでした。

事態を重く見たシルヴィオは落ち着いたらまた会おうと言って教会を飛び出ていきました。

この日・・・親族会議を開いていたフォンタナ家の本邸は妬かれ、一族郎党の100名近くが命を落とし、

数百年続いた2つの家の熾烈な政争はルヴォー家の圧倒的な勝利で幕を下ろしたのです。

そしてこの暴動にアイディーリアは大きく貢献していたことを後で知ることになるのです。

あの時父親に親族会議のことを話してしまったせいで父親が

フォンタナの本邸を襲ったこと、そしてシルヴィオはこの戦いに巻き込まれ

行方不明になってしまったのです・・・!

シルヴィオの遺体は見つからず、自分のせいで愛する人も

その親族たちも死なせてしまったと思ったアイディーリアは酷く落ち込み、

シルヴィオのいない現実を受け入れることができません。

悲しみに暮れたアイディーリアは俗世の暮らしはもういらないと思い、

罪を償うために修道院に出家したのでした・・・。

 

『復讐の甘い檻』2話 感想

父親の怖さも無知で知らなかったアイディーリア。

フォンタナ家の親族会議のことをポロっと話してしまいました。

そのせいでフォンタナは滅亡し、愛するシルヴィオは行方不明になってしまいました。

何と悲しい運命・・・この運命を変えることはできなかったのだろうか?

最初にフォンタナが仕掛けてこなければ・・・

むしろお互いが出会わなければこんなことにはならなかったのに・・・

そう何度も考えたでしょう。アイディーリアはシルヴィオを失った悲しみと、

自分の罪を背負って出家します。ただただ愛する人と幸せになって結ばれたかっただけなのに・・・

運命とは時として残酷です・・・。

*まとめ*

『復讐の甘い檻』2話のネタバレを紹介しました!

修道院に出家したアイディーリア。そこでまさかのシルヴィオと再会することになり!?

次回の話の続きが気になります。

『復讐の甘い檻』
今すぐ無料で試し読み!!