ファンタジー

復讐の甘い檻【ネタバレ8話】真実

『復讐の甘い檻』 ルヴォー家の令嬢アイディーリアは政敵であるフォンタナ家の嫡子・シルヴィオとひそかに愛をはぐくんでいた。だがルヴォーの陰謀によりフォンタナは粛清され、シルヴィオも行方不明となり・・・?!

アイディーリアに裏切られたと知ったシルヴィオは、彼女を屋敷から追い出す。

そんな中、アイディーリアの姉(王妃)に交渉に向かい・・・?

 

『復讐の甘い檻』8話のネタバレを紹介します!

『復讐の甘い檻』
最新刊★独占先行配信!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『復讐の甘い檻』8話 ネタバレ!

シルヴィオの恨みの深さと復讐心について国王は

不安と不眠で心の均衡を失い、自らの抱く恐怖に負けて廃人になっていました。

王妃は国王があてにならない心労ゆえか、こちらの交渉条件に

苛立って余裕のない姿を見せてきました。

醜いな・・・そう思っていると、「世話係を可愛がるのに忙しいんでしょ?」

とアイディーリアのことをほのめかされたので、

「あれなら捨てました。興味が失せたので。」とシルヴィオは答えました。

致死性の毒物を何者かがこちらの命を狙っているため、

アイディーリアに持たせたようですが、心当たりがなく苦慮していると

わざとらしく言うと、王妃もまた「それは恐ろしいこと」と言うだけで、

表情一つ変えませんでした。

シルヴィオは、アイディーリアを追い出してからも彼女の事が

気にかかっていました。

まず自分じゃなく姉を選んだことをまだ信じることが出来ないのです。

昔から油断のならないところもある少女で、名家の娘としておとなしく

従順にふるまう一方、愛の為なら周囲を出し抜くしたたかさを

アイディーリアは持ち合わせていました。

大人になれば一筋縄ではかない女になるだろうと分かってはいましたが、

いずれ元の鞘に収まるとシルヴィオは高を括っていたのです。

その驕りの裏をかかれて苛立ちを覚えましたが、

シルヴィオが何よりも忌々しいのは裏切られたと分かった今もなお、

自分は彼女を愛してるということでした。

他の女に裏切られるのはともかく、愛しているアイディーリアの背信は許せず、

シルヴィアの心は疲弊していきました。

彼女は無垢な初恋そのもので、それを台無しにしたのならもう

自分の欲する彼女ではない・・・そう言い聞かせながらも、

やはりアイディーリアが姉の言いなりだったのには、

何か理由があるのではないか?と彼女を信じたい気持ちと許せない気持ちとか

混同します。

ーーーそんなある日、屋敷に1人の女性が訪ねてきたと

表が追い帰そうと騒がしいので、シルヴィオが外に出ると

なんとそこにいたのは妹のエウリュディケだったのです!

死んだと思っていた妹が生きていて驚きながら、シルヴィオは

エウリュディケを強く抱きしめました。

お前だけでも無事でよかった・・・と言うと、自分だけではなく

他にも生き延びた人は大勢いるんだとエウリュディケは話しました。

会うのはもう少し待っていてほしいと言われたけど、

会いに来てしまったんだと言うので、誰にそう言われたんだ?と

シルヴィオが聞くと、「もちろんアイディーリアよ。」と答えたので、

さらにシルヴィオは驚きました。でもどうしようもない事情があるんだから、

黙っていたことで彼女を責めないと約束してほしいとエウリュディケはお願いしながら、

5年前に何があったのか話し始めました。

アイディーリアはフォンタナ家の生き残った者たちを連れて、

目立たない屋敷をひそかに買って拠点として提供してくれたこと・・・

さらに修道院に入る名目で所持品をすべて売り払い、

そのお金え生活を支援し継ぐけていること・・・

そしてしばらくして父親と姉にい気付かれたアイディーリアは、

「邪魔をすれば陰謀について世間に公表する」と脅して

引き下がらせたことを説明してくれました。

その話を聞いたシルヴィオは、再会したアイディーリアに酷い仕打ちをしただけではなく

実は恩人の彼女を追い出してしまった事を思い出し、青ざめました。

でもなんで今日になって急に訪ねてきたんだ?と聞くと、

約束していた時間にアイディーリアが現れなかったからここに来れば

会えるのでは?と思ったからだとエウリュディケは答えました。

そういえば馬車で会っていたのは侍女だとアイディーリアは言っていたが、

その本当の相手はエウリュディケだったのか?と聞くと、

エウリュディケは「そうよ」と返しました。

焦ったシルヴィオが、アイディーリアの生きそうな場所に心当たりはないか?と

聞くと、ここに彼女はいるんでしょ?とエウリュディケはキョトンとした顔をしました。

事情を説明すると、「信じられない・・・」とエウリュディケは

真っ青な顔をし、シルヴィオを責めました。

血眼になって探し、最後に側近のロベールの下へ向かうと

「そろそろ呼ばれることだと思ってましたよ。」と言って、

アイディーリアを連れて来て兵舎で保護してたんだと説明してきました。

あれはどう見てもシルヴィオの癇癪だったし、きっと後で探せと言われると

思ってたから匿っていたんですよとロベールは話し、

アイディーリアは俯きながら、

「一滴も毒は入れてません・・・お願いです・・・私を信じてくださいっ」

と涙を流しました。そんなアイディーリアを抱き寄せ、

放り出すような真似をしてすまなかったとシルヴィオは謝りました。

ローベルはその姿を見て、よく見たら毒は全然減ってませんでしたよ

笑ってきて、それをなんで早く言わないんだ!とシルヴィオは怒りました。

エウリュディケは全部教えてくれたんだとシルヴィオが言うと、

何かをせずにいられなかっただけで、美しい話ではないが

姉だけはそれを知っていて脅してきたんだとアイディーリアは言いました。

フォンタナ家の身の安全を盾に取り姉が脅してきて、

シルヴィオからの報復を恐れる国王のため、自分に毒殺させようとしてきたんだと

説明され、自分の勘違いで信じてあげれなくて

本当に申し訳なかったとシルヴィオは頭を下げました。

アイディーリアを傍に置くことが死んだ者たちへの裏切りのように感じていましたが、

だからといって遠ざけることもできず、酷く扱うことで

彼らの言い訳にしていた自分が愚かだったとシルヴィオは俯き、

「もう愛してるという資格はないのかもしれないな・・・」と言いました。

すると外からエウリュディケの大きな声が聞こえ、

どうしたのか?と外に向かうと、屋敷に突然兵士たちが大勢押し寄せてきて

中にいた全員を捕まえて連れ去ってしまったんだ

焦った様子で言ってきました。

きっと姉の仕業に違いない!そう思ったアイディーリアは急いで姉の下に向かったのです!

 

『復讐の甘い檻』8話 感想

まさか!!アイディーリアがフォンタナ家の生き残りを匿っていただなんて!!

それを知ったシルヴィオはめちゃくちゃ驚いていましたね。

時が来たら生きていると話そうとしたのかもしれませんが、

それより早くに癇癪を起した姉に毒殺するように言い渡されてしまったようです。

もちろん愛しているシルヴィオを殺すことなどできず、

でも本当の事も言えず・・・アイディーリアはとても苦しかったと思います。

これでシルヴィオの複雑な思いが少しでも晴れたようなので、

よかったなと思いました。

*まとめ*

『復讐の甘い檻』8話のネタバレを紹介しました!

暴走する姉を止めることは出来るのか?!

アイディーリアは急いで姉の下に向かうことにするが・・・?

次回の話の続きが気になります。

『復讐の甘い檻』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/