漫画ネタバレ

踏んだり、蹴ったり、愛したり【ネタバレ1話】男女の友情って成立しますか?

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』 毎日激務に追われ、心身ともに疲弊する日々を送る佳帆には唯一の楽しみがあった。それはお気に入りのバーで知り合ったイケメン・アキラと気兼ねなく飲むことだったが・・・?

お気に入りのバーで半年前から仲良くしているイケメン・アキラ。

友人だと思っているから何でも気兼ねなく話せて楽しい時間を過ごせていたのに、

ある日アキラに「送り狼」されてしまい・・・?!

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』1話のネタバレを紹介します!

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』
三十路クズ男×アラサーOL

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』1話 ネタバレ!

佳帆(27)は仕事三昧な毎日に明け暮れて恋人はなく、

ストレス発散といえば、週に何度かお気に入りのバーに行って

いくつか年上の友人とお酒を飲むことでした。

このバーで知り合ったイケメンのアキラは異性なのに気兼ねなく話す事ができ、

バーのマスターから言わせればどう見てもお似合いで付き合ってる風にしか見えないと

言われることが毎度でした。

アキラとは話が合うけど野蛮だし女にだらしなさそうだし、酒豪だし煙草も吸うし

くわえてクラブ通いしているからナシ!と言うと、付き合う気がないから

この関係がいいんだよなとアキラは言いました。

珍しく深酒してしまい酔っぱらってしまった佳帆をアキラは家まで送ってくれました。

鍵を開けて「ありがとう。気をつけて帰ってね」とお礼を言うと、

なぜかキスをされました。なんでそんな事をするのか?と聞くと、

「送り狼」と言ってアキラはニッと笑いました。

酔いが加速して全身の力が指先から抜けていくようで、佳帆は抗えません。

そのまま2人は関係を持ってしまい、朝目覚めると佳帆は後悔していました。

アキラとこうなるつもりはまったくなくてこれからどうしよう・・・と

思っていると、横に寝ていたアキラが目覚めました。

「今何時?」と寝ぼけながら聞いてくるので、そんな事より

この状況とか気にならないの?!と佳帆はツッコミました。

こんなことするつもりはなかったのにと佳帆が言うと、全然ノリノリだったじゃん!と

言われ、佳帆は恥ずかしくてその口を手で押さえました。

アキラのことは本当に友達だと思ったし最低なのは分かってるけど、

このまま友達の方がいいんだと佳帆が言うと、

「いいよ 友達で。俺もそのつもりだったし。またしよ。

と言われ、佳帆は一体この男の何を半年間見ていたんだろう・・・と血の気が引きました。

友達のまま「またしよ」なんてセフレってことじゃない!と考えれば考えるだけ

モヤモヤしました。半年間何もないからって正直油断していた佳帆は

まずい男にひっかかってしまった・・・と落ち込みました。

とにかくもう二度と会わない・・・そう思っていたのに、なぜか仕事帰りに

2週間ぶりにバッタリ会ってしまいました。

無視してその場を去ろうとしましたが手を掴まれてしまい、

ちょっと場所変えて話そうと言われました。

何も話すことない!と佳帆は拒否しましたが、アキラは佳帆を無理やり引っ張っていって

タクシーに乗せました。

行き先が火照るだったら本気でコイツの下半身を潰す!

それとも怪しい奴等のたまり場だったらどうしよう・・・

いつでも通報する準備をしながら佳帆は恐怖に怯えました。

しかし連れてこられたのはいつものバーで、佳帆は拍子抜けしてしまいました。

お酒を飲みながら「悪かった。許して欲しい。お前とあのまま縁が切れるのは

後味悪いし。」とアキラが謝ってきたので、あの時自分もかなり酔っぱらっていて

正常な判断ができてなかった自分にも非があるから

アキラばかり責められないし反省していると佳帆も謝りました。

許してくれるのか?と聞かれたので、いつもまでも恨んでいたってしょうがないし

アキラのせいでこのお気に入りの店に来れなくなるのも嫌だから

もう二度としないって約束しようと佳帆は言いました。

あわよくば以前のように2人で飲めたらと思ってそう言いましたが、

「それはちょっと・・・」と味をしめてしまったアキラは断ってきました。

イラっとした佳帆は持っていたお酒をアキラにぶちまけると、

下半身脳みそな男と話すなんて時間の無駄だったと言って席を立ちました。

マスターにそろそろ帰ると声をかけると、ぐいっと引っ張られてなんと

アキラがキスをしてきたのです!!

案外警戒心ないから幹太に食われちまうんだよとニッと笑ってくるアキラを見て、

こんな男を友人だと思っていたのか・・・と自分が嫌になりました。

「いっぺん死ね!!」と言ってアキラにビンタをお見舞いした佳帆は

そのままバーを後にしました。

その様子に唖然としながらマスターはアキラのせいで佳帆が来なくなったらどうすんだ?

と聞くと、アキラは「俺の事嫌いだから来るよ。」そう言ったのでした・・・。

 

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』1話 感想

アキラがチャラすぎイケメンでキュン♡してしまった・・・!!

男女の友情って本当に成立しないのだろうか?気兼ねなく話せる

友人として本当に佳帆はアキラの事を信用していたようですね。

でもアキラは佳帆のことが好き?だったのかな?

ずっと友達と見られてるのも癪で、この際送り狼になってやろうと思ったんでしょうね~。

でも正直タイプじゃないし友達として見ていたアキラとこんな事になる

つもりもなかった佳帆はめちゃキレてます(苦笑)。

うーん・・・・佳帆がこんなに嫌がってるから2人が良い感じになるっていうのは

難しい話なのかなぁ~。お似合いだと思うんだけどね~。

*まとめ*

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』1話のネタバレを紹介しました!

お気に入りのバーもアキラのせいで行けなくなってしまった佳帆。

友人だと思っていたのに裏切られた気分で・・・

次回の話の続きが気になります。

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』
今すぐ無料で試し読み!!