漫画ネタバレ

踏んだり、蹴ったり、愛したり【ネタバレ7話】同期は優良物件

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』  毎日激務に追われ、心身ともに疲弊する日々を送る佳帆には唯一の楽しみがあった。それはお気に入りのバーで知り合ったイケメン・アキラと気兼ねなく飲むことだったが・・・?

加瀬と佳帆の様子にモヤッとしたアキラが

咄嗟に佳帆の腕を掴んできて・・・?

 

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』7話のネタバレを紹介します!

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』
三十路クズ男×アラサーOL

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』7話 ネタバレ!

なんで佳帆の手を掴んで止めたのか自分でも分からず、

それをした本人なのにアキラは戸惑いの表情を見せました。

なんであんたが一番びっくりしてんのよ!と佳帆がツッコむと、

なんかキモッて鳥肌立ったとアキラは言いました。

2人の言い合いの様子を見た加瀬が、知り合いか?と聞いて来たので

会社の人間にアキラと知り合いだとバレたくない佳帆は、

どう答えるか迷いました。するとアキラが

「俺帰るわ。君そいつ送って行ってあげてよ。

ここらへん危ない奴多いし。」と加瀬に向かって言いました。

そんな風に言われた加瀬は、2人は知り合いなのに

失礼な事をしてしまった・・・と焦ったのでした・・・。

ーーー数日後、こないだ知り合いなのにすごい失礼な事をしたのが

気になっているので、よかったらもう1度謝っておいてくれないか?

とアキラの事を加瀬に言われた佳帆は、うーん・・・と悩みながら、

奴は気にしてないと思うけどと返しました。

その頃のアキラはなんだかむしゃくしゃして、

人の女に手を出して売られた喧嘩を買っていました。

ある日佳帆がBarに行くと、アキラの頬が腫れていたので

久々にやったわね・・・と言うと、

理不尽に喧嘩売られただけだとアキラは返してきました。

そんなアキラを見て加瀬にもう1度謝っておいてほしいと言われていた

佳帆でしたが、絶対謝らなくてもいいと思うと思いました。

というかこんなとこ加瀬に見られたら、人間関係見直した方が

いいと言われるに違いないと思ったのでした。

ぼーっとしながらお酒を飲んでいると、

なんでぼーっとしてるんだ?とアキラに言われたので、

会社の人に今日のアキラを見られなくてよかったと

思ってるのと返しました。すると

「あーこの前の?あいつめちゃくちゃお前に気ぃあるよな。」

とアキラが言いながらzippoで火をつけて煙草を横で吸い始めたので、

「誰が?」と佳帆は驚きながら聞き返しました。

でも加瀬は絶対手出しさせるかオーラ満載だったよと言われて、

親切な人だから心配してくれただけだと思うけど・・・と

佳帆は返しました。優しいイケメンで仕事も出来て優良物件だから

いいじゃんと言われ、

「じゃあさ、そいつに告られたら言ってみてよ。」とアキラは言うと、

突然キスをしてきて「お手付き済みだけど。」と言って

ニッと笑いました。まぁこんな事言ったら殺されるかな~とアキラが

冗談だよという顔をしたので、加瀬がやるより先に自分が

ぶっ殺すわよと佳帆は真顔で返しました。

加瀬は皆に優しいし人気があるし、自分を好きだなんて

恐れ多いしそんな風に考えられない佳帆は、

アキラが言うことを信じませんでした。

ある日、残業して帰ろうとしていると加瀬にご飯に誘われたので、

食事を終えていつものようにBarに行ってその事話すと、

もしかして今恋バナしてる?それならよそでやってくんない?と

アキラに言われたしまいました。

あんたのせいで変に意識してやりずらいでしょって話をしてるの!と

佳帆が言うと、意識も何も脈ありなんだから喜んでおけと

言われてしまいました。

佳帆は今更誰とも付き合うつもりもなく、

そのそも1人の時間が苦痛な方でもなくてむしろ大事にしてし、

仕事も好きだしどんどん働きたいんだとアキラに話しました。

1人で好きに過ごす時間が好きだから誰かと付き合うの

向いてないと思うんだよね・・・とため息をつきながら、

このBarにも来たいしと佳帆が言うと、アキラが好きにすればいいだろ?と

言うので、「あんたがいるのに?」と佳帆が返すと、俺と話す前提かよと

少しアキラは照れくさそうにしました。

zippoを借りて煙草に火をつけた佳帆に、完全に自分に会いたいから

恋人を作らないって言い方だったなとアキラが意地悪そうに

言ってくるので、Barに期待だけでそしたらアキラが入り浸ってるだけじゃん!

と佳帆は照れてしまいました。そんな佳帆にアキラが

「俺はどうせずっといるし、居たい間だけ居ればいんじゃねーの?」

と言うので、すごく迷惑・・・と佳帆が言うと、

じゃあ出て行けと言われてしまったので、それに対して佳帆は「嫌」だと

返したのでした・・・。

 

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』7話 感想

くっつくのかくっつかないのかどっちやねーんって

悶々としてしまう2人のやり取り・・・。

というか、イライラしたからって人の女に手出して

喧嘩買ってるなんて野蛮なんだけど!これで本命の佳帆と

ちゃんと付き合えたなら真面目になるのかしら・・・?

てか加瀬が優良物件過ぎて辛い!絶対に加瀬と結婚した方が

幸せになれそうなのに、危ない男に惹かれるのは

生まれ持ったその子の性なのかもね~。

*まとめ*

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』7話のネタバレを紹介しました!

Barに来たいからと言いつつも、絶対アキラに会いたいからやん!

素直になりなと心の中でツッコんでしまいました(笑)。

次回の話の続きが気になります。

『踏んだり、蹴ったり、愛したり』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/