ファンタジー

ふつつかな悪女ではございますが【ネタバレ8話】中元節の舞

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』次代の妃を育成するため、5つの名家から姫君を集めた宮「雛宮」。時期皇后と呼び名の高い玲琳を妬んだ慧月に精神と身体を入れ替えられてしまい・・・?!

雛女たちが豊穣の舞を披露する中元節は秋を司る金家の領分でした。

玲琳を敬愛する清佳は、今日この儀で徹底的に慧月を惨めな目に遭わせようと

待ち構えていて・・・?!

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』8話のネタバレを紹介します!

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』
最新刊★独占先行配信!

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』8話 ネタバレ!

皇太子はどんな顔でこの場に慧月がやってくるのかが見ものだなと思っていました。

雛宮の全員から敵意を向けられ、後見人の朱貴からは自主的欠席を促されたのに

それでも出席する面の皮の厚さは感心すると辰宇に言うと、

媚態での首刎ねは容赦してくださいねとため息をつかれました。

今朝、対中を崩した玲琳に泣きながら自分も参加して舞を踊りたかったと

言われた皇太子は、ここで何か違和感を感じていました。

ーーー彼女は本当に俺が愛した「黄 玲琳なのだろうか?」ーーー

少しすると待ち構えていた慧月がやってきました。

そちらに目を向けると、そこには以前とは打って変わって美しく

落ち着いた見た目の慧月が女官を1人連れて歩いているではありませんか・・・!

会場にいる皆その変わりように息を呑み、釘付けになってしまいました。

注目を集めている慧月はというと、自分ではなく一緒に連れてきた莉莉が

最高に綺麗だから注目を集めているのね!と勘違いして鼻高々です。

席につこうとすると2人の席が用意されていなかったので主催者の清佳に

席がないのだが?と聞くと、欠席を進められておきながら来るなんて

面が厚いにもほどがある!丈夫な皮膚を持っているなら床のどこかに座れば?

と嫌味を言われました。それを嫌味ととらえず、「丈夫」と言われて嬉しくなった慧月は

席を用意すると皇太子が声をかけましたが、床で大丈夫ですとその場に着席してしまいました。

こちらの挑発にもまるで動じない姿を見て、清佳はどういうことだ?

こんなに美しい人だったか?と動揺しました。

その後、仕切り直して中元の儀が始まり雛女たちが順番に踊り始めました。

清佳の番になり舞い終わった後、大勢の歓声が上がりました。

うまく舞えたものには観客から玉を受けられるのが慣習となっており

(翡翠、水晶、真珠など・・・)

皇太子も賞賛して玉を清佳に渡しました。慧月がどう出るつもるなんだ?と

思っていると、「こちらをお納めくださいませ」と言って莉莉が金家の女官に渡された

”かんざし”を手渡しながら「何もおっしゃらず収めていただけるものと思っておりますが?」

と言いました。その様子を見た莉莉は主人としての度胸を示すなら

何も言わずかんざしの返却を受け入れろということかと思いました。

あの女官・雅容はどこにいるんだろう?せめてもう一度声だけでも聞けたら

分かるのに・・・と思いながら莉莉が見回していると、

金家の女官たちが

「身ひとつで謹慎されていたはずなのにどうしてこのようなものを持ってるの?」

「以前だれかがかんざしを無くしたと嘆いてたから盗んだものでは?」

「傍付きの女官をよく見たら踊り子の娘じゃないの!彼女に盗ませたのよ」

と騒ぎだしました。雅容を見つけようと莉莉が声を聴き分けて、

この中にいないと慧月に耳打ちすると、

「わたくしの女官を貶める発言があったように思うのですが?」

先ほど酷い発言をした女官を慧月が睨みつけました。

そして清佳に向かって女官に不行き届きな点があったら雛女のあなたから

一言あるべきではないか?莉莉に対する不当な評価を撤回してくれ!と言いました。

すると上段から見ていた朱貴妃が立ち上がり、「やめるのです!恥を知りなさい!」

と言い放ちました。恥をこれ以上晒す前に下がりなさいと言ってきたので、

慧月は「わかりました」と答え、つまり儀式の進行を妨げず恥を晒さなければ

話しを続けていいってことですよね?と言って、

ならばさくっと踊ってくることにする!と言ったのです!

朱貴妃は驚き、慧月はそんな事気にせずに清佳に自分の舞が皆の

目汚しとならずに無事に儀式を終えることができたら話の続きをしましょうと言いました。

清佳は最初から慧月が上等な舞をできると思ってはいないので、

わかったとその申し出を受け入れました。

舞台に上ると、不穏を吹き飛ばすような舞にしようと言って

慧月が「胡旋舞」を踊り始め、清佳はその姿に玲琳が重なって見え

驚きました。莉莉はその姿を見て母親を思い出して涙し、

皇太子は素晴らしいその舞に心を奪われました。

”雛宮のどぶネズミ”にどうしてこんなに胸がざわつくのか・・・

会場は大きな拍手が響き渡り、ボーっとしている皇太子に

辰宇は褒美を渡さないと!と促しました。

妓女でも難しいという胡旋舞をどうして踊れるのか!?と清佳が

聞いて来たので、優秀な女官の母親が踊っていたから教えてもらう事が出来たんだと答えました。

それよりも侮辱への謝罪を引き出さねばと思った慧月が話を戻そうとすると、

こんなに素敵な舞を見せられたのにまだ誰も褒賞の品を差し出せてないし、

ちょっと待って頂戴!と止めました。

清佳はたとえ慧月であったとしても優れた芸術は万人から

讃えられなければならないとそう思いました。

高段から皇太子がこちらに声をかけてきて、自分の装身具の扇子を渡してきました。

装身具を貰えるのは今まで玲琳だけの特権だったのにと周りがざわつくので、

皇太子は「勘違いするな」と言い放ちました。

すると慧月はありがたく頂戴しますねと軽くあしらって、

それより話の続きをしてもいいか?と聞きました。

皇太子に目もくれず慧月が今回の侮辱のことを謝るようにと淡々と清佳に

話してくるので、さすがの清佳も「そんなことより殿下の下に急ぎなさいよ!」

とつい言ってしまいました。

自分の褒美を嬉しがって受け取るであろうと思っていた皇太子は固まっており、

それを横で見ている辰宇は笑いを耐えることが出来ず思わず吹いてしまいました。

もうこれでは埒が明かないと思った清佳は折れて、

莉莉に対して女官が失礼な発言をしたことを謝罪し、

容姿と才能に優れて素晴らしい女性だと賞賛してくれました。

ついでにそちらの女官の雅容という方をこの場に呼んでくれないか?と

慧月が言うと、清佳はこちらの女官にそのような名前の者はいないが?と言いました。

驚いた慧月が3日ほどまでにかんざしを盗まれたと訴え出た女官はいないか?と

聞くと、ひと月前ほどに聞いた覚えがあるが・・・と言われたので、

どういうこと!?と頭が混乱しました。

そんな中、儀式の会場に慌てた冬雪が入ってきて皇后に玲琳が大変な状態なので

急いで黄麒宮に戻ってくれと報告しに来たのです!

 

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』8話 感想

あぁ・・・この面白さはぜひ絵付きで見てもらいたい!!

どぶネズミだと言われていた慧月が美しくなり

(中身が美しいから♡内面からにじみ出るものってやっぱり最強だよね☆)

みんな度肝を抜かれたようです。そして舞も完璧で、誰もが本当にあの慧月なのか?と

疑うようになりました。皇太子も今の玲琳に違和感を感じて来ており、

今回の慧月を見て心が惹かれる感覚を味わったようです。

無視された皇太子がめちゃくちゃ面白すぎ!!慧月さすがって感じで

大笑いしてしまいました(爆笑)。清佳からの謝罪もズイズイ押したおかげで

聞けましたし、よかったです。でも莉莉にかんざしを渡してきた雅容が金家の女官には

いないらしい・・・どういうこと?他の雛女が金家に忍び込ませたとか!?

誰の陰謀なのか謎が深まるばかりです。

*まとめ*

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』8話のネタバレを紹介しました!

玲琳の身体に危機が!!慌てて黄麒宮に向かうが・・・・?

次回の話の続きが気になります!

『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』
今すぐ無料で試し読み!!