漫画ネタバレ

【限定偽婚~1年間の夫婦~】4話ネタバレ!生き甲斐を見つけられない男

【限定偽婚~1年間の夫婦~】職業・偽りの妻。私の仕事は1年間偽装夫婦を演じること・・・

現在予約が入ってる案件は次回で最後。

サービス利用後の婚姻率データのおかげでこの数年で限定婚員も増員され、

明日香の仕事は一区切りを迎える・・・

【限定偽婚~1年間の夫婦~】4話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイトへ

限定偽婚~1年間の夫婦~【4話】ネタバレ!

今回の夫は、無精ひげを生やした「結婚するのって意味あるの?」と

ぶっきらぼうに言ってくる奴・・・

「1人の方が気楽で好きな事できるだろ?」

「子供も別に結婚するしないに関係なくね?

むしろ離婚になったら手続き面倒なだけじゃん。裁判してる奴とかいるし。」

夫は結婚なんて意味分からないけど、ちょうどSNSでこのサービスが話題になってたから

申し込んだと笑いました。

「教えてくれよ 結婚なんて意味あんのかよ!」

そう言われた明日香は真顔で、

「ないですよ?」

と答え、昔は夫が仕事して妻が家庭を守るという役割があったけど

今は物が豊富なので個人で考えると大きな意味はないと思うと言うと、

夫はブハッと吹き出し、

「アンタ面白ぇなぁ。この仕事しながら意味ねぇって・・・」

と言いながら、1年間なら意味のない生活を楽しんでみるのもありかな・・・と

寂しそうな顔をしました。

ーーー婚姻届けを出した翌日、夫は職場の人に貰ったという

結婚祝いの酒を持って帰って来ました。

今日丁度かわいいグラスを見つけたので一緒に飲みませんか?と

明日香が言うと、アンタ飲めるの?と夫はビックリした顔をするので、

すごく好きだと明日香は真面目な顔で言いました。

その後、2人で一升瓶を抱えながら飲むと程よく酔ってきました。

すると夫はこう話し始めました。

「仲いい友達が飲まなくなって酒買っても虚しくて、

気付いたらこんなに酒が家に溜まってたわ・・・

仕事だってつまんねーし、かといって他にやりたいこともねーし、毎日虚しいわ・・・

あいつと飲んでる時はそういうの全部ふっとんだのにな・・・・

またも悲しい顔をする夫に、明日香はどこかでこの表情を見たことがある・・・と

前の夫の事(アナウンサーの彼女と別れるために結婚した)を思い出しました。

「あぁ・・・今日は久々に楽しいなぁ・・・

このまま消えちまいてぇなぁ・・・」

夫はそう言いながら眠りに着きました。

ーーー数日後、2人で上諏訪に出向き酒蔵を巡る旅行をすることになりました。

おつまみを知らぬ間に買って差し出す明日香に、

「仕事が早ぇよなぁほんと・・・

明日香みたいな人が職場にいたら助かりそうだわ。前なんの仕事してたん?」

と夫が聞いてきたので、

「公務員です」

と明日香が答えると、

「ああ・・・そういうことか・・・」

と言い、今の仕事は楽しいか?酒も我慢してたんだろ?と

夫が言って来たので、最初は楽しいとか考えたことなかったし

家賃と光熱費が浮くと思って始めたのでと明日香が答えると笑われました。

「なので「プロの妻」に徹しておりました。

でも、人と深くかかわる事でお互いに影響し合うことで

人は生きながら生まれ変わることが出来ると知りましたよ。

今は・・・私が関わった方が幸せな人生をおくる

ちょっとしたきっかけになりたい。

私は「意味」を見つけたんです。」

その話を聞いた夫は絶望した表情をして、

もしかして意味なんてないのか・・・?何事にも・・・

でもみんな意味を見出してそれが人生になって生きて行くのか?

俺が生きてる意味はみつかるのか?

と聞いてきたので明日香の心はざわつきました。

ーーーその後、温泉旅館に移動すると新婚ということで部屋がグレードアップされていました。

部屋に入るとそこには日本酒が・・・それを見た2人は一気にテンションが上がって

飲んで楽しむことにしました。

その夜・・・布団に着きながら

「すげぇんだな結婚って・・・こんなに人に祝われてさ。

好きな奴とこうして毎日過ごして・・・周りにまでこんなに祝福されたら

幸せなんだろうな・・・」

と遠い目をしました・・・

ーーー数日後、夫の古くからの友人だとういう陽と亜耶という

カップルに2人の結婚祝いをしたいとお呼ばれしました。

聞けば2人は夫と小学生からの幼馴染で、自分達ももうすぐ結婚するんだと

陽が話しました。とても仲のいい様子の3人を見て、

明日香は今回結婚を夫が依頼してきたのは、この2人の結婚が決まったからなんだと

思いました。

そう、好きな人の結婚が決まったから・・・・

実は亜耶は妊娠しており、それに伴って陽も禁酒してると言うので

「亜耶さんは日本酒は飲まれないんですか?」

と明日香が聞くと、

「全然飲めないの!」

と答えたので、明日香はあることに気付いてしまったのです・・・

ーーーその帰り道、3人の小さい時の思い出話を聞かされながら

明日香はこう言いました。

「・・・いいんですよ・・・私の前ではなんでも言ってください。

1年で居なくなる身ですから。

好きな人の結婚が決まる辛さは察するに余りがあります。

陽さんの・・・・

”陽”と言われた夫は大層驚き、

「なんで・・・なんでわかったんだよ・・・・」

みるみる青ざめていきました。

「私は妻です。あなたのことをずっと見ていました・・・」

今日の飲み会で全て明日香は分かったのです。

陽を見つめる夫の目は好きな人を見つめている表情だったからです。

夫は俯きながらこう話しました。

「・・・誰にも言えなかった。

自分の気持ちに気付いても、あいつらが付き合い出しても・・・

俺はSNSでこの限定婚のサービスを知った・・・・

その時にこのサービスに国が絡んでるとか全然信じてなかったけど、

明日香が公務員だったと聞いて確信しちまったんだよ・・・・

今回結婚してみて楽しかったよ・・・周りに祝福されまくって

嫌な事あっても1日の終わりには明日香とパーっと飲んで・・・

こうして好きな奴と一生過ごせたらどんなにいいだろうって思ったよ。

結婚はいいなって・・・生きる意味に出来たらいいなと思ったよ。

けど、俺には出来ない。

俺にはあいつみたいな家庭は作れない。少子化対策になんてならない。

1年間・・・あんたには意味のねぇことをさせちまったな・・・」

涙を目に溜めながらそう言う夫に明日香は、

「そうでしょうか・・・・?子供は産んだ人だけが育てるものでしょうか?

子供に関わる人はたくさんいます。

直接的にも間接的にも。今回あの2人の結婚を温かい目で見るようになったら

周りにもいい影響があるのではないでしょうか?

今後関連する仕事に就いたり、子育てしやすくなる人が増えたり。

人には役割があって選択肢があります。

みんなができることをやればいいんです。

産むことが全てではありません。

と言い、その言葉を聞いた夫は膝から崩れ落ち

「いいのか 俺 ここにいても・・・」

と言ったのでした・・・・

ーーー約束の1年が経ち、2人は離婚届を提出しました。

飲み相手がいなくなるのは寂しいなと元夫は言いながら、

「結婚が経験出来てよかった」

と笑いながら明日香を見送ってくれました。

ーーーしばらく時が流れ、明日香の元に元夫・慎矢から連絡が入りました。

保育士を目指すことにしたと報告を受けた明日香は、

嬉しくなりこの案件も「達成」できたなと嬉しくなったのでした。

限定偽婚~1年間の夫婦~【4話】感想

なるほど・・・そっちね!

結婚に否定的かと思えば、幼馴染の男子(好きな人)が結婚するので

それを忘れるため、誤魔化すためにこのサービスを利用したようです。

そして自分は少子化対策をできない(男性が好きだから)と

生きる意味を無くしていたようですが、明日香に出会うことで

少子化対策に間接的にかかわる保育士を目指すことになったよう。

今の仕事にやりがいを感じられてなかったので天職を見つけてよかったですよね♪

明日香の仕事ってこの今の世の中大事だな~となんだか感心してしまいました。

まとめ

【限定偽婚~1年間の夫婦~】4話のネタバレを紹介しました!

色んな夫に出会い、色んな背景を感じそれに寄り添うことで

変わっていく明日香。明日香自身も誰かと結婚して幸せになってほしいなって

そう願います。次回の話の続きが気になります!