漫画ネタバレ

偽装カレシに愛されてしまいました【ネタバレ1話】自立女

『偽装カレシに愛されてしまいました』外科医のめぐみ(34)は付き合って7年の眼科医の彼氏がいますが、今日はきっとプロポーズされると思って向かったレストランで振られてしまいます。翌日出勤すると彼と浮気相手が一緒にいるところを目撃してしまい・・・!?

女医のめぐみには付き合って7年になる彼氏がいます。意味深なメッセージが届き、

プロポーズをされるのではないかと悩みながら約束の場所に行ってみると・・・!?

『偽装カレシに愛されてしまいました』1話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

スポンサーリンク

『偽装カレシに愛されてしまいました』1話 ネタバレ!

女の幸せってなんなんだ・・・?

付き合って7年の彼氏からメッセージが入ります。

『お店を予約しました。大事なお話があります!』

急患以外はキャンセルしないで欲しいとも書いてありました。

これって・・・・

椎葉めぐみ(34)外科医、人生の佳境に突入です。

彼は山内拓也(34)眼科医です。

これってプロポーズなんじゃないかとめぐみは思いました。

いつかは結婚したいと思っていても、

いざとなるとやっぱり不安です。

結婚となると一生の問題だし、子供とかもまだ考えていません。

休憩室であれこれ考えていためぐみに、

「午後の外来始まりますよ」

と声をかけてくれたのは秋穂誠司くん。

彼はクールで謎多き存在です。

飲み会に誘っても全く来ないサトリ世代、

自由そうで憧れます。

彼氏の山内拓也とは大学からの同期で、

同僚でもありお互い医師ということもあり、

収入は安定しています。

相手の家族に会ったこともあるし、

7年も付き合ったのだから、

相性も良いはずです。

つまり、何もかもが順調・・・のはずですが、

なぜかめぐみは悩んでしまうのでした。

1週間ほど考えてみたけれど、

結婚への不安は消えず、

大好きだった彼への気持ちも、

7年ですでに恋ではなく情になっていました。

そう思いながら待ち合わせ場所に向かいます。

レストランに着くと、いつもの山内拓也がめぐみを呼びます。

きっとこの人なら・・・一緒に歩いて行ける・・・

と思ったのも束の間、

別れて欲しいんだ

言われた瞬間、めぐみは固まります。

ずっと考えてたんだ・・・

メグミに俺って必要なのかなって・・・

眼科の俺より外科のめぐみの方が当然忙しいし、

なんでも一人で決められて、

悩んだりしないし、

俺が支えなくても弱いところなんてないだろ?

と山内拓也が言います。

それにもうすでに他に好きな子がいて、

その子は危なっかしくてか弱くて、

自分を必要としてくれていて、

支えてあげたい気持ちになるのだとか・・・

振られた敗因は、自立でした。

家に帰ってきためぐみはショルダーバッグを床に叩きつけます。

どうせ自分は強い女です。

支えを必要としてないし、それってダメなの!?

ベッドに横になり、枕に顔を埋めると、

涙が溢れて来ました。

女は一人で立ったらいけないのかな・・・

ふと目を開けて見ていると、

がらんとしていて、何もない部屋がそこにあるだけでした。

もういい、こうなったら、

一生一人で立っててやろうじゃないないの!

そう決意してめぐみは気合を入れます。

次の日、病院に出勤すると、

山内と付き合ってることを内緒にしていて、

良かったと思うのでした。

この歳で振られたとか噂になってしまいます。

友人で同僚のエリコにこのことを話すと、

まさか浮気されてとは、青天の霹靂、寝耳に水

だと言ってエリコを心配します。

大丈夫なの?

いいの私は仕事に生きるの!

そう言ってめぐみはガッツポーズを見せます。

そして今日のめぐみは3件のオペが入っています。

やったるわよ!!

そう言って拳を握りしめると、

目の前に山内拓也と可愛らしい女性が目に飛び込んで来ました。

アレかな?

アレでしょ。間違いなく・・・

めぐみは傷口にべったりと塩を塗り込まれてしまうのですが・・・

『偽装カレシに愛されてしまいました』1話 感想

プロポーズ目前かと思いきや、振られるのはダメージ大きいですよね。

振られてもガッツポーズで仕事に励もうとする主人公めぐみがかっこよく思えました。

*まとめ*

『偽装カレシに愛されてしまいました』1話のネタバレを紹介しました!

彼氏の浮気相手を目撃してしまったわけですが、めぐみはどのように対応するの

でしょうか?またミステリアスな秋穂君も気になります!

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/