漫画ネタバレ

偽装カレシに愛されてしまいました【ネタバレ8話】ピンクの封筒に入った手紙

『偽装カレシに愛されてしまいました』 外科医のめぐみ(34)は付き合って7年の眼科医の彼氏がいますが、今日はきっとプロポーズされると思って向かったレストランで振られてしまいます。翌日出勤すると彼と浮気相手が一緒にいるところを目撃してしまい・・・!?

めぐみは結婚を避けて来た理由は、家族に対する恐怖心があるからだと秋穂に打ち明け

ます。すると秋穂はいきなりめぐみを抱きしめるのですが・・・!?

『偽装カレシに愛されてしまいました』8話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

スポンサーリンク

『偽装カレシに愛されてしまいました』8話 ネタバレ!

このままだとキスをしそうな雰囲気です・・・

っとその時でした。

ピーーーッ

乾燥機終了の音が鳴りました。

始発もそろそろだし、帰ります

と言って秋穂は慌てて帰ろうとします。

めぐみは秋穂を呼び止めると、

ほんとありがとう。迷惑かけてごめんね。

と言います。

すると、気にしてませんよ。また飲みに行きましょう。

と言うのでした。

秋穂を見送ると、

あっぶねーーー!!!落ちそうになった・・・

と思いながらよろよろと玄関の鍵をかけます。

雰囲気に流されてしまいまそうでした。

職場の病院で顔を合わせると思うと緊張してしまいます。

おはようございます。

ツンとした態度で秋穂が挨拶をします。

おっ・・・はよ・・・とめぐみもぎこちなく挨拶します。

いつもの秋穂に戻っていて、

これが本来の姿なのだと思い出すのでした。

あの時なんで秋穂くんは抱きしめてくれたんだろう?

とふと思ったのですが、

考えても仕方ありません。

すると、めぐみの机の上に手紙が置いてあります。

ピンクの封筒に入っています。

元患者さんからかなと思って開いてみると、

『椎葉めぐみ様

俺が本当に愛しているのは君だということに

気が付きました。遅くてごめん。

また君と穏やかな日々を過ごしたい。・・・』

めぐみはうわ怖っと思わず声が出ます。

仲の良い同僚に見せても、

やばくない?と言って怖がっていました。

差出人は書いてありません。

こっちからは何も出来ず、放置するしかありません。

同僚からストーカー化したら怖いし、

一応証拠として取って置きなと言われて、

めぐみは余計に怖くなるのでした。

何もないことを祈ります。

仕事を終えて帰宅の途に着くと、

途中ではっと息を呑みます。

めぐみ・・・!

と言って現れたのは元カレの拓也でした。

めぐみを待っていたのだと言います。

ちょっと話したくてという拓也に、

今更何を・・・?とめぐみは思いました。

わ、悪いけど、もう帰るところだから

とめぐみが言います。

まあいいじゃん、ちょっとだけ時間くれよ。荷物持つよ。

と言って拓也はめぐみのカバンを持とうとしますが、

めぐみはその手を嫌っと言って振り払います。

めぐみの心臓が早鐘を打ち始め、身構えます。

もしかして、手紙読んでくれてない?

と拓也が言います。

ピンクの封筒を朝こっそりめぐみの机に置いたのだと言います。

オマエかよ・・・と内心思いながら、

なんて答えれば正解なのか、めぐみは悩みます。

俺やっと気づいたんだよ。

俺はめぐみじゃなきゃだめんだって。

と言って拓也がめぐみの腕に気安く触れてきます。

それにめぐみだって俺が必要だと思うんだよ。

と拓也が言います。

この人何言ってるの・・・?信じられない!

とめぐみは思いながら、

この前会わせたの彼氏の話を持ち出すと、

俺にヤキモチ妬かせたかっただけでしょ?

と拓也が言います。

だめだ、話が通じない・・・

とりあえず逃げようと思っためぐみは、

いや、ないから、ごめん、お疲れ

と言って去ろうとします。

すると、

待って!と言って腕をつかまれます。

いいだろ少しぐらい、7年も付き合ったんだから・・・

と強引に拓也が言ってきます。

めぐみは怖くなって叫び声をあげます。

すると、

何してるんですか?

と言って秋穂が現れ、めぐみをガードをすると・・・!?

『偽装カレシに愛されてしまいました』8話 感想

元カレ最悪ですね・・・。確かにあんな手紙もらったら怖くなります。

ピンチの瞬間に現れてくれた秋穂くんがとても頼もしいです。元カレの本性も見れたし、

タイミングもかなりグッドでいいシーンでした。

*まとめ*

『偽装カレシに愛されてしまいました』8話のネタバレを紹介しました!

これでめぐみの女心はグッと秋穂に傾いたのではないのでしょうか?

二人がリアルデート出来るようになるといいのですが・・・!?楽しみです!

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/