漫画ネタバレ

花嫁未満エスケープ【ネタバレ15話】自分の幸せとは…

『花嫁未満エスケープ』付き合って6年・同棲して4年目を迎え、マンネリ気味の日々を過ごしている”ゆう”は、結婚に中々踏み切らない彼氏の尚紀にもやついていた。ゆうは27歳の誕生日を忘れられていて家を飛び出すが・・・?!

3年前、尚紀はゆうの誕生日にプロポーズしようと指輪を用意していましたが…

ゆうがショップの店長になって仕事が面白くなってきたことを察してプロポーズもせず指輪もずっと待ち続けていました。

気持ちのズレなどから別れることになった尚紀からゆうのもとに指輪が届きます。

尚紀の気持ちを知ったゆうは…遅すぎるよ、と涙ぐむのです。

『花嫁未満エスケープ』15話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない!!/
BookLive公式サイトへ

花嫁未満エスケープ【15話】ネタバレ!

尚紀からの指輪が届きどうしたら良いやらわからないゆう。

帰宅してからゆうのショップの袋に入れたまま置いておきました。

その後に帰宅したはじめはゆうの様子がおかしいと気付きます。

そして、置いてある袋に目が止まり…

自分が先日注文した指輪が届いたのではないかと思うはじめ。

ゆうの気持ちも考えずに注文したことでゆうが困惑しているのではないかと思い込みます。

ゆうにどう話したら良いかわからないはじめは、しばらくは黙っておこうと思うのです。

夕食の時間も、ゆうは心ここにあらずの状態でした。

はじめは、ゆうが作った肉じゃがを食べながら

スパイシーな肉じゃがだねと微笑みながら話しかけます。

ハッとしたゆうは醤油とソースを間違えたことを思い出し、はじめに代わりになるものを買ってくると言います。

このままでもいいよというはじめの言葉を遮り、さらに出かける直前に尚紀からもらった指輪が入った袋も一緒に持っていきます。

コンビニで肉じゃがの味付けをカレー味に変えようと思ってカレールウと栄養ドリンクを購入したゆう。

お店の外で栄養ドリンクを一気に飲み干します。

尚紀とお互いのことを思いながら歩けていたら、と思うし一緒にいた長い時間が惜しいと思うけれど…

もうこの指輪は必要ない!!

と意を決してゴミ箱に袋を入れます。

帰宅したゆうは肉じゃがをカレーにリメイクしてはじめと一緒に食べます。

ゆうは、はじめが自分に合わせすぎて以前の自分のようになってしまうのではないかと話しはじめると…

はじめは、ゆうが喜ぶ顔を見たくて自分がしたくてしているのだと話します。

ゆうの幸せは自分の幸せだ、と。

でも、誰かのためにすることは相手の気持ちが最優先だからとも話し、更にゆうにとっての幸せは何かと聞いてきます。

なかなか答えられずにいるゆうに、冷めちゃうからカレー食べちゃおうと優しく微笑みます。

後日、はじめは仕事で尚紀とすれ違います。

尚紀は、もう自分は全部伝えたので、

と言い残してその場を去ります。

何を伝えたのだろう…はじめは色々考えてしまいます。

はじめが帰宅すると、早番にも関わらずまだゆうは帰っておらず…はじめはまた思いをめぐらせます。

そんな時にはじめのもとに注文していたペアリングが届きます。

あの時見た袋は自分の指輪じゃなかったのだとわかったはじめは、

ハッと何かにきづいたようで…

花嫁未満エスケープ【15話】感想

尚紀から指輪が届き、ゆうが動揺してしまった気持ちが痛いほど伝わった回でした。

お互いを思い合ってのところから始まったズレがもう戻れないほどになってしまったことに今になって気づいたんですね。

もしあの時尚紀がプロポーズしていれば、とか

プロポーズしなかったのは尚紀のゆうへの思いやりだったとわかっていれば、とか…。

でもゆうはちゃんとわかっていたんですね。

自分が自分を取り戻せたのははじめのおかげだ、と。

ゆうにとってもはじめは大切な人、もう後戻りすることはないと尚紀からの指輪が入った袋を捨てた時…本当にちゃんと尚紀と別れられたのだと思います。

ゆうがはじめに対して

自分に合わせすぎてはじめが以前の自分のようになってしまうのではないか、と

話した時のはじめの表情や言葉にとても温かみを感じてジーンとしてしまいました。

ゆうの幸せは自分の幸せだ、相手を大切にしようとする行動は相手の気持ちが最優先だ、と。

はじめははじめ自身も大切にしているのだということ、

またゆうの気持ちの面での負担にならないようにゆうの気持ちを最優先してくれること…

はじめが無理をしているのかもと思い込んでいたと気づかされたゆうはちょっと安心したのではないでしょうか。

それにしてもゆうにとっての幸せは?

と聞かれた時にすぐに答えられなかったのはなぜなのでしょう…自分らしく生きられること、とか今のゆうならパッと思い浮かぶ答えがありそうですけれど…。

はじめからゆうの幸せは自分の幸せだと言われてどう答えようかと躊躇したのでしょうか…。

ゆうの前では落ち着いた雰囲気を出しているはじめですが、

尚紀から「全部伝えたので」と言われてから色々考え込んだら詮索したり少し動揺していましたね。

はじめもまだ不安でしょうね…。

「ゆうの気持ちは動かないから大丈夫だよ!」と言ってあげたかったです!!

 

最後のシーンで、勘のいいはじめは何かに気づいたようで…。

ゆうの様子がおかしかった夜に見つけたゆうのショップの袋の行方を気にしているのでしょう。

ここでもまた「もうちゃんと処分したから大丈夫よ!」と言ってあげたいです!!

指輪の袋のことがきっかけではじめとゆうが気まずくなったりしませんように、と願いながら次のお話を楽しみに待ちます。

15話で特に印象的だったシーンは、

はじめがゆうから自分に合わせすぎていないかと問われた時にゆうに言った言葉です。

ゆうの幸せは自分の幸せ

ゆうが本当にはじめから愛されているのだと改めて気付かされました。

心では

思っていても、普通は照れくさくなってしまってなかなか言えないと思うんですね。

はじめにとってゆうは絶対に手放したくない大切な人なのだなぁと読者の私もジーンとしてしまい、とても印象に残っています。

まとめ

『花嫁未満エスケープ』15話のネタバレを紹介しました!

はじめは何に気づいたのでしょう…。

もしかしてゆうが持っていた袋の中身をわかってしまったんでしょうか。

でも、ゆうはちゃんと手放しましたからはじめは何も不安になることはないですね!

ペアリングも届いたことですし、もしかしたらゆうにプロポーズするかもしれません。

次のお話がとても楽しみです!!

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ