漫画ネタバレ

花嫁未満エスケープ【ネタバレ16話】幸せになる覚悟

『花嫁未満エスケープ』付き合って6年・同棲して4年目を迎え、マンネリ気味の日々を過ごしている”ゆう”は、結婚に中々踏み切らない彼氏の尚紀にもやついていた。ゆうは27歳の誕生日を忘れられていて家を飛び出すが・・・?!

尚紀から送られてきた指輪を処分したゆう。

はじめは尚紀から、ゆうに伝えたいことは全部伝えたと聞かされます。

自宅にはじめが注文したペアリングが届くと、はじめは胸騒ぎがして…。

『花嫁未満エスケープ』16話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない!!/
BookLive公式サイトへ

花嫁未満エスケープ【16話】ネタバレ!

ゆうと尚紀に何かあったのかと不安に思うはじめでしたが、
自分はゆうを信じなくてはと思い直します。

ペアリングが届いてすぐゆうが帰宅すると…

はじめはペアリングを背中の後ろに隠してもう片方の腕でゆうを抱きしめます。

ゆうが帰ってきてくれて嬉しい、と言うのです。

就寝前、はじめはゆうの隣に一緒に横になります。

ゆうが気づくと、左手の薬指に指輪が!

驚くゆうに、はじめは

重く受け止めないで、自分がプレゼントしたかったものだからと話します。

翌日、ゆうの薬指に気づいた職場の同僚たちは仕事が終わるとゆうを囲んで女子会を始めます。

同僚の亜衣はゆうの指輪がペアリングであることに気づいて結婚は秒読みでは?と羨ましそうに話します。

ゆうは、亜衣に亜衣がなぜそんなに結婚したいのかと聞きます。

亜衣は、幸せになりたいからだと話します。

もし不幸なことが起きても自分が選んだ道だから、と納得のできる人と結婚するのだ、と。

そして結婚は

自分の中で覚悟すること、その覚悟とは相手のせいにせず自分が幸せになる覚悟なのだ、とも。

亜衣の、自分で選ぶという言葉にハッとなったゆう

はじめが、ゆうに幸せになって欲しいと思ってくれているのは、

自分はどうなってもいいからゆうの幸せを優先するということなのかな、と。

亜衣の言うどんなことがあっても自分が幸せになる覚悟とは違う。

はじめはゆうにゆう自身を大切にすることを教えてくれた人だから、

はじめにもはじめ自身を大切にして欲しい、と。

自分ははじめにしてあげられることが少なすぎて、でもはじめは完璧な人だから自分が何かしようとすると余計なお節介になってしまうのではないかと思ってしまう…

誰かと一緒に生きていくのは難しい!と話すゆうに同僚の美沙と亜衣は、

やりすぎない感じで何かはじめにお礼をしてみたらどうかと提案します。

翌朝、はじめのベッドの脇に置き手紙がありました。

ゆうから、指輪のお礼として今日の夜にお家でディナーパーティーをしたいので急がなくていいけれど寄り道しないで帰ってきて下さい、と。

手紙を読んだはじめは、よっしゃ!とガッツポーズします。

花嫁未満エスケープ【16話】感想

今回のお話で亜衣の言葉のいくつかから、私自身も色々考えさせられることが多かったです。

亜衣はゆうや同僚の美沙よりも結婚願望が強く、

年齢もちょっと若いので幼い印象が強かったんですけれど…

今回の会話で「結構しっかりとした女性なんだなぁ」と思いました。

結婚したいのは幸せになりたいから、と答えた時は亜衣らしくて可愛らしい願望だなと思ったんですが、その後の理由に驚きました。

たとえ不幸なことになっても自分で選んだ道たからと納得できる人と結婚するのだ、と。

そして、結婚とは相手と約束するのではなくて覚悟すること。そうすれば相手のせいにすることもなく幸せになれるのでは、と。

なるほどなぁと思いました。

相手に色々委ねてしまうタイプかと思っていたのですが全然違いましたね。

自分が幸せになるための覚悟って思うようになれば、相手がどうとか文句を言うことも減りそうですね。

ゆうも亜衣の言葉にハッとさせられていました。

はじめから、ゆうが幸せなら自分も幸せと言われて嬉しい部分もあるけれど何か違う…

モヤモヤしていたものが亜衣のお陰で明確になったのは本当に良かったと思います。

そして、ゆうがはじめが完璧すぎるからはじめが幸せになるために自分がなにをしたら良いかわからない、何かしたら余計なお節介になりそう…と、

悩んでいたところに美沙と亜衣が「ゆうができることを相手が重いと思わないお礼をしてみては?」とアドバイスします。

こちらもまた本当に今のゆうにピッタリなアドバイスだったと思います!

それにしても、ゆうの置き手紙を読んで「よっしゃ!」とガッツポーズしたはじめが
かわいらしく見えました。

いつもクールな感じなのに子供のように喜んで…本当にゆうのことが好きなんですね。

尚紀の言葉で不安になっていても決してゆうに悟られないように、ゆうを信じないと!と自分に言い聞かせている時もゆうのことを愛しているからこそのことだと思います。

「ゆうが帰ってきて嬉しい」と素直な言葉が出てくるところもはじめはとても魅力的な男性だなぁと思いました。

ゆうもはじめも、お互いが幸せになる覚悟ができたら…自然と結婚に向かっていくのではないでしょうか。

この二人ならお互いを大切にできるし自分自身も大切にしていけるようになれば幸せになれると思います。

16話で特に印象的だったシーンは、

亜衣が、結婚したい理由は幸せになりたいからだと話した後に…

もし不幸なことがあっても自分で選んだ道なのだからと納得できる人と結婚して、結婚とは自分が幸せになる覚悟をすることだと思うと話します。

「自分で選ぶ」
「自分が幸せになる覚悟をする」
という言葉に、
ハッとさせられたゆうの表情が印象的でした。

ゆうの中で、はじめが自分のことをすごく大切に思ってくれていてもしはじめと結婚したならば幸せになれるとは思うけれど、どこかモヤモヤするところがあったようでした。

でも亜衣の言葉を聞いて…

ゆうの幸せははじめの幸せ、ではなくてはじめにもはじめ自身を大切にして幸せになって欲しいというのが明確になったのだと思います。

ではそのためにはどうしたらいいか、とゆうが一歩進めたような気がしたのでとても印象に残っています。

まとめ

『花嫁未満エスケープ』16話のネタバレを紹介しました!

ゆうは張り切ってはじめのために準備して素敵なディナーパーティーになったことでしょう。

そして、はじめにはじめ自身を大切にして一緒に幸せになりたいと話したりするのでしょうか。

あるいは…指輪を心から喜んでくれたゆうにはじめからプロポーズするとか!?

想像は色々膨らみます。

次回のお話がとても楽しみです。

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ