漫画ネタバレ

【花嫁未満エスケープ】1話ネタバレ!誕生日…偶然の再会

【花嫁未満エスケープ】柏崎ゆうは、交際歴6年の尚紀と同棲中。そろそろ結婚を考える頃のゆうと、なかなか踏み切らない彼。

そんな時、元彼との久しぶりの再会で、、、

思わず共感しちゃうドキドキキュンなラブストーリーです。

花嫁未満エスケープ】1話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

花嫁未満エスケープ【1話】ネタバレ!

柏崎ゆうは、交際歴6年の尚紀と同棲中。

結婚を意識し始めたゆうは、それとなく尚紀に結婚話を持ちかけようとしますが…

なおきの方は仕事や付き合い、自分の趣味を理由になかなか向き合おうとしません。

ゆうの27歳の誕生日の前日に誕生日アピールをしますが…尚紀は翌日のゴルフと大好きなゲームの発売日の方に夢中でゆうの話をろくに聞かず…。

誕生日当日、ゆうは職場仲間と軽く飲みに行きます。

尚紀に対するモヤモヤした気持ちを同僚に話したり、ひょんなことで見知らぬ男性客のグループと一緒に飲んだり、帰りにゆうにアプローチしてきた男性をやんわりふりほどいて自分のためのバースデーケーキを買ったり…。

帰宅すると既に尚紀が居ました。

ゆうの誕生日のことなんてすっかり忘れてプレゼントなど用意しているはずもなく…
届いたばかりのゲームに夢中です。

更に買ってきたケーキを床に落としてしまったゆうに対して「あーあ、せっかくのケーキ…」と残念がるだけの尚紀。

苛立ったゆうは崩れたケーキを持って家を飛び出し、新幹線に乗って実家に帰るのです。

とは言っても、実家の最寄駅に着いたのは夜中の1時。

所持金もほとんどない状況で、実家まで徒歩1時間の道を渋々歩こうとすると1台の軽トラックが止まります。

「変な人だったらどうしよう。」とゆうが不安に思っていると…。

「柏崎!」
と軽トラックの運転手から声をかけられます。

なんと、彼はゆうが高校時代に付き合っていた深見はじめだったのです。

実家まで送ってくれると言うはじめとの再会に驚きながらも車に乗せてもらって久しぶりに会話をする二人。

ゆうの家の前に着くと、はじめは「明日ヒマ?」と聞くのでゆうがヒマと答えると

「明日9時に迎えにくるから」と言って車に乗ります。

ゆうが見送っていると、いったん車が止まります。

はじめが車窓から乗り出して振り返り、
「誕生日おめでとう…って日付変わっちゃってるけど」と言って去ります。

ゆうは、はじめが覚えていてくれていることに驚き…家の中に入ってもドキドキが止まりません。

そして帰宅したはじめも、ゆうとの思いがけない再会に動揺していたようで真夜中なのにクラクションを鳴らしてしまいます。

>>続き【花嫁未満エスケープ】2話ネタバレまとめ!

花嫁未満エスケープ【1話】感想

交際歴6年の同棲中の彼がいてそろそろ結婚をと考えているけど彼にうまく伝わらない…27歳になる誕生日も忘れられてしまったゆうの泣きたくなる気持ちにものすごく共感できました。

自分がいないと片付かない部屋、自分の誕生日はそっちのけでゲームの発売日を心待ちにする彼に嫌気がさして家を飛び出したくなるのは当然だと思います。

尚紀の方は悪気は無いんでしょうけれど…尚紀にとってゆうはもはや奥さんというよりお母さんのような存在になってしまっているのでは?と思ってしまいました。

思わず家から飛び出してついた先ではじめと再会するとは驚きでした。しかも夜中の1時に…ものすごく強い運命の糸に引き寄せられた感じがします。

もっと驚いたのは、はじめがゆうの誕生日を覚えていたことです。

もしかしたら…はじめはゆうと別れてしまったけれど、まだゆうのことが好きだったのかもしれませんね。

ゆうの方は、尚紀には忘れられていたのに10年ぶりに会ったはじめが覚えていてくれたことに驚き以上に嬉しさと、ときめきがあったのではないかと思います。

翌日に会う約束をした二人がどんな会話をするのかがとても楽しみです。

ゆうを実家まで送り届けた後に、はじめがゆうに「お誕生日おめでとう」と言うシーン、尚紀に忘れられていたのに、10年ぶりに偶然会ったはじめから言ってもらえるとは思えなかったゆうが家に帰ってからしばらくドキドキが止まらなかったところが印象に残ってます。

ゆうとはじめがどんどん接近していくのではという予感がします。

一度は別れてしまったけどこの再会を機にお互いがまた意識しあっていくのではないでしょうか。

まとめ

【花嫁未満エスケープ】1話のネタバレを紹介しました!

翌日に会う約束をしたゆうとはじめが、お互いに高校時代に別れてからどんな風に過ごしてきたのかを話したりするのかなぁ?

ゆうは彼がいることをはじめに話すのか、もしくははじめに彼女がいることがわかったりするのか…次回のお話がとても楽しみです。