漫画結末ネタバレ

花より男子【ネタバレ最終回】結末が知りたい!

花より男子 アイキャッチ画像

『花より男子』 を知ったきっかけは、母と姉がこの作品のファンで、2人に紹介されて読んでみたら面白かったです。

37巻で完結しています。

では、さっそく『花より男子』結末ネタバレを紹介します!

漫画『花より男子』は絵付で読んだ方が断然面白いです!そんな あなたに無料で『花より男子』を読む方法も教えちゃうので、よかったら参考にして下さい★

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

スポンサーリンク

『花より男子』あらすじ

超名門の学園に入学した庶民のヒロイン・つくしは、庶民であることを隠して暮らしていたのですが、身分がバレてしまい、壮絶ないじめを受けることになってしまいます。

そのいじめの首謀者である道明寺が、なんとつくしに惚れてしまいます。

2人は様々な困難を乗り越え、晴れて付き合うようになるのですが、両想いになってからも、身分の違いによって起こる様々な問題に立ち向かっていくラブストーリーです。

『花より男子』感想

『花より男子』1巻を読んだときの感想

読み始めたときは、お金で全てが決まるカースト制度にイライラしました(笑)

イケメン男子4人組はとてもかっこいいけど、いじめられているつくしが可哀そうだなと思って読んでしました。

『花より男子』続きを読みたくなった理由

つくしが、いじめられてても、毅然として立ち向かう姿を見ると、なんか暗い気分が吹き飛ぶようです。

そして、つくしと道明寺の関係も気になって、今後くっつくのか?どーなのか?とドキドキしながら読み進めました。

『花より男子』最終回結末ネタバレ

晴れて道明寺とは両想いになりますが、道明寺の親が倒れたことで海外に行くことになり遠距離恋愛となります。

本当はもっとこの二人のラブラブなシーンを見ていたかったのですが、忙しくてなかなか会えない二人のもどかしさも好きでした。

道明寺司がニューヨークに4年間行くことになり、つくしはついていかない決断をしました。

離れ離れになりますが、四年後に未来を託して2人は抱きしめ合います。

『花より男子』印象に残ったシーン

つくしが道明寺の誕生日パーティーに手作りの道明寺の顔のクッキーを作っていくのですが、それを受け取ったあとの道明寺の喜び方がすごく可愛くて好きです!!!

好きな登場人物は、

道明寺司です。

単純だけど、素直に愛情表現ができる道明寺はかっこよくて頼もしくて可愛いです。

どんな時も好きな人を裏切らないし、守ってくれるってカッコイイですよね!!

『花より男子』を無料・お得に読む方法

配信サービス名 配信状況
U-NEXT
music.jp
ebookjapan
BookLive
まんが王国
コミックシーモア

(2021年12月現在:最新情報は各サイトでご確認ください)

花より男子
<引用元:まんが王国>
[ まんが王国 ]なら毎日最大50%ポイント還元!
タイトル』を最新刊まで一気にまとめ買いするなら一番お得!
通常:最終巻数巻まで通常合計金額円⇒全巻半額円 (ポイント還元した金額)

ダウンロードすれば⇒ ネット環境がなくても読める!
大手電子書籍サイトだから安心して利用できる!
LINEの無料会員登録⇒ たった5秒で完了!
無料登録だけで3000作品以上の漫画が無料で読める!
毎日最大50%還元!!
欲しい漫画だけポイント購入!
利用方法や支払いが選べる!
クレジットがなくても携帯代との支払いOK!

まんが王国をもっと詳しく!!
まんが王国の登録・解約方法を解説!評判も調査


ポイントを使って無料で読める解説

『花より男子』が気になるあなたへ

こちらのまんがもオススメです!
ゆびさきと恋々アイキャッチ画像
ゆびさきと恋々【ネタバレ】あらすじ一覧!ピュアラブストーリーに胸キュン「ゆびさきと恋々」耳が不自由な女の子と自然と接してくれる大学の先輩とのココロを鷲掴みにされるラブストーリー!最新話ネタバレまとめ...
ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできましたアイキャッチ画像
ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【ネタバレ全話】父親の再婚によりイケメン弟ができてしまって・・・?!『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』ネタバレ最新話を随時更新!幼少期のトラウマが原因で、結は人と直接触れ合うことが出来ずにいた。そんなある日、父親が突然再婚宣言をして来てイケメン弟が2人も出来ることになり・・・?!...

*まとめ*

『花より男子』最終回結末ネタバレを紹介しました!

今まで読んだ漫画の中で間違いなしのオススメです!ぜひぜひ漫画家さんの素敵な絵付きで楽しんでください♪

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/